お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

2018年7月17日 (火)

かんがえる子ども

Photo
「考える子ども」
安野光雅
福音館書店 本体1000円

なんのために本を読むことをすすめるのか。しかも私は本屋という職業から本をすすめながら良く思う。特に子どもには。おとなの人はそんなことを私から聞きたいとは思っていない。目的、子どもを本好きにしたい、ただそう思うにはいろいろな思いというか思惑がある。自分自身読む本を見つけようと思うのは別として、(会留府は子どもの本の専門店として存在している)子どもの本を買って行くおとなは大なり小なりこどもを本好きにしたい、その理由はほとんどが社会を生き抜く為には本を読まなければいけないとおもっている。直接的には成績を上げるため。だから、おとなの意向があまりおよばなくなるような年齢になると本を読めとはあまりいわなくなる。と、いうことはかならずしも成績と結びつかなくなることをわかっているからだ。もっと高齢になると本を読むことが楽しみのひとつになることが理解できるようになる。体も衰えてきてそれでも楽しみを求める、ひとりで楽しめるものに本は最適だ。でも、ひとりを嫌う現代の風潮はなにを産むのだろうか。(ひとりはなにも反社会的なことではない。)
 この本は「自分で考えるくせをつけるため」に「自分で考え判断すること」の大切さをユーモアをまじえながら語っている。それは子どもへというより人生の大先輩としての言葉だ。
 若い親たちとこの本に書かれていることを話し合いたいとおもう。考える子どもというより、考えるおとなでありたいと思っているから。それがどんなに大切で、必要なことだとおもうから。本を読む子どもを育てるのにはおとなが本を読まなければならないということを痛切に思う。

2018年5月 7日 (月)

過去六年間を顧みてーかこさとし

Photo
「過去六年間を顧みて」
かこさとし小学校卒業のときの絵日記
かこさとし
偕成社 本体1600円

加古里子さんが亡くなりました。92歳だったそうです。ちょうどこの本を読んで、文中のたくさんの絵を見返していたところでした。今日は朝から学校図書館展示会に参加していました。おいでいただいた先生と、偶然ですが「だるまちゃんとてんぐちゃん」や「からすのパンやさん」の話をしていました。日昄の人がニュースを知らせてくれました。加古さんの本の魅力、細かく書き込まれた絵の魅力、歌がでてくるリズムのある文体、誰にでも解りやすい楽しい物語、長く読み続けられる秘密がいっぱいつまっている絵本、ぐりとぐらとならんで国民栄誉賞ものだねと話していました。
 この本は加古さんが小学校卒業の時の絵日記を編集したものです。加古さんの小学校卒業の時1938年、担任の先生が「何枚でも思う通りかけ」とどっさりと教卓につまれた紙のたば、加古少年は夢中で描きます。1926年、大正十五年生まれ、福井の武生に生まれ小二の時東京府板橋区に移住、第一小学校から新設の第四小学校卒業までが描かれている「思い出聞き書き」と地図つきの絵、学校の様子、友だち、先生、そして、まわりで働いているおとなのようすがいきいきと描かれている。私の頃でさえそうだったのだけれど、いまよりずっと子どもたちは自由で、自分たちの場所をもっていた。そして、戦争。どんどん人が死んでいく、それなのにこの日記に描かれている子どもたちのエネルギーは一体なんなのだろうか。おとなたちは子どもに希望をかけていた。その望みに答えようと子どもたちは必死に生きている。そして、無惨な戦争へつっこんでいく時代のようすも描かれている。
視力がなくて航空士官になれなくて良かった。結果論だけれどそのことで私たちに大きなものを残してくれた加古さん、最後に父親に謝辞の文がある。私たちもまた、子どもたちに何を残し伝えられるだろうか。


2018年5月 3日 (木)

檻の中のライオン

    ーきょうは憲法記念日ー
Photo
「檻の中のライオン」
憲法がわかる46のおはなし
楾 大樹(handou taiki)
かもがわ出版 1300円


会留府では「憲法カフェ」という集まりを毎月一回行っている。今月で27回目一応終了ということになっている。会留府で行っているといっても、会留府は運営をしているだけだ。はじめは憲法改悪反対といっても気分で反対といっているのではないか、これは私自身の反省をこめて、もっときちんと勉強したいと思ったからだ。現政権に対しての腹立ちまぎれ、私でいうと子どもたちの格差の問題、そして生きにくい社会、などがある。けれども選挙のたびに圧勝する自民党+公明党、そして生活者の間でただよっている無関心とあきらめ、労働者はもう死語になったような労働組合の様子、なんだろう?この空気と思っていたところに九条を変えようという動きがあわただしくなってきた。そして、廻りの人に聞くと「憲法」なんだか良くわからないことが多すぎるよね、”じゃあ!学習してみようか”とはじめた。身近な所=東京まで出かけるには時間もお金もないということで場所は会留府(当然15名位)夜仕事が終わって7時から9時、手助けしてもらえるように弁護士はどうだろう、ちょうど伊藤真さんの講演会があって出かけて行き、その主催の千葉県若手弁護士の会に頼んでみた。ラッキーだった。そして、毎回のほとんどを忙しい中をさいて来てくださった。憲法を読むこと、帝国憲法そして、自民党の改正案と比較してみることからはじまった。
 集まったのは中年、老年?、新聞を見て申し込まれた方が多く、会留府のお客様ではない人がほとんどでちょっと驚き、そして毎回15名位続いた。条項を具体的に、なるべく生活と憲法とのかかわりの話合で続いた。このことはまた機会をみて記したいとおもう。
 この本はまずライオンを権力、そして檻を憲法として語っている。著者は「明日の自由を守る若手弁護士の会」所属の1975年生まれの弁護士だ。このたとえ話はとてもわかりやすくしかもユニーク。たんに「憲法の条文がこうなっているということだけでなく、なぜそうなっているのかと理由を考えていく。はじめにから」
 これから「憲法カフェ」をどうしようかという話がでている。近いうちに参加者と話し合えて決めたいとおもう。まだとりあげていないことが多く、たとえば今一番の話題の「介護ー文化的生活ー憲法」「直接選挙制度ー国民投票」などまだまだあるので、もう一度整理しながら話し合いをもっていけたらと考えている。できれば若い?人たちとも。
 そして、一番思っているのは、市民は話し合う場を求めているとのこと、これは憲法カフェにかぎらず、息苦しい毎日に必要なことで求めている人たちが多い。それが少しでも新しい風が吹く時代になっていけば良いと考える。檻は閉じ込めるものでなく、身を護るものに!

2018年3月28日 (水)

グドーさんのおさんぽびより

Photo
「グドーさんのおさんぽびより」
たかどのほうこ
え・佐々木マキ
福音館書店 本体1800円


グドーさんとイカサワさんは仲良しです。この本に登場する人はこのグドーさんとイカサワさんと仲良しのもうひとりキーコちゃんがいます。キーコちゃんは9歳、グドーさんとイカサワさんはおじさん?なので、ちょっと変わったお友だち3人組です。年こそちがいますが、グドーさんもイカサワさんもキーコちゃんにも共通するところがあります。じつは3人ともボーと空をながめたりするのが大好き、ただボーとするのですよ、うらやましいです。それでせめてこの本をボーとしながら読んで、ちょっと春いっぱいの花の下に出かけていくことにしました。
春、この本も春からはじまり、一年また、春が巡ってきます。いま、ソメイヨシノが満開です。だから桜のしたではボーとしていられません。なんとなくザワザワとした雰囲気です。それで思い切って朝早く起きて散歩にいくことにしました。暖かくなったので早起きもあまり苦になりません。そう!グドーさんとイカサワさんとキーコちゃん、そして、あなた、今朝はお散歩日和です。


2018年2月25日 (日)

世界はまるい

Photo
「世界はまるい」
ガートルード・スタイン文
クレメント・ハード絵
マーガレット・ワイズ・ブラウン編集
みつじまちこ訳
アノニマ・スタジオ 本体1600円


この本は作者にひかれて手にとってみた。スタイン/クレメント・ハード/ワイズブラウン、ちょっと前のいまでは古典といわれている絵本の絵や作者だからだ。実際は昔ポプラ社からでていたとのこと、私は知らなかった。けれど、オビに書かれている文、どこかで前に読んだことがある。
 「むかしあるとき、てくてくとことこ歩いていくと 世界をぐるっとひとまわりすることができました。」ピンクの色の紙に紺色で文字が描かれている。ちょっと今の私にはピンクが強すぎて目が痛い。自然と作者が希望する様にゆっくり読み進むことになる。そして、文体 。も 、もなく文が切れ目なく続く。内容も物語でなく長詩なのでこれで良いのだと、声をだしてゆっくりと読むと、そう苦痛ではなくった。丸い地球を歩くように、9歳のローズになったように歌をうたいながら。
 どこでだったかな?昔読んだような気がする。ちいさな女の子ローズの物語。しばらくして長田弘の「本を愛しなさい」みすず書房刊に書かれていたのだと思い出して、本をひっぱりだして、”あぁ!あった。”<ちいさなローズは大好きな青い色のいすを、山のてっぺんにおいて、そこにすわったとき、はじめて、じぶんのいるところにじぶんはいるのだ、それがじぶんのちいさなのぞみだった、ということを知る。The Way it is. スタインはそのことを、ただしくあざやかに語った人だ。P32より.>この本が出版されたあとすぐに戦争がはじまったと記されている。


2017年9月18日 (月)

キジムナーkids

Kids
「キジムナーkids」
上原正三 
現代書館 本体1700円




読むのにひどくつらい本だった。どう紹介したらよいのか迷いに迷ったけれどやっぱり書こうとおもったのは昨日のニュースだった。10代の少年がガマに入って乱暴した、遺骨まで。「心霊スポット」などと言っているとのこと、新聞を通してなのでほんとうのことはわからないけれど、新聞を読んだ時はおもわず絶句した。少年達は働いている。どんな育てられ方をしたのかな?2000年前後に生まれた子どもたちだ。
 この本は作者の自伝的小説とされている。1937年沖縄生まれ、シナリオライター。ウルトラマンのシナリオを手がけている。物語は熊本に疎開していた少年が家族で沖縄中城村の久場崎沖にきてDDTの洗礼を受けることからはじまる。小学5年生ハブジロー・ポーポー・ベーグァ・そしてぼくハナー・もうひとりサンデーがいる。サンデーはなにもしゃべらない。学校にもいっていないし、年もわからない、家がどこにあるかもわからない、ポケットにはいつもアメリカのタバコをしのばせている。少年たちはいつもおなかをへらしていて、栄養失調。飲み水はボウフラがわいているため水、だからマラリアが蔓延している。もちろんシラミやノミがいるのはあたりまえ、一番手っ取り早く物を手に入れる方法はアメリカ兵にたかることだ。これは沖縄でなくともいわゆる本土で当たり前にみられた光景だ。そして、沖縄と同じように広島も長崎も空襲で家族をなくした子どもたちのあらゆるところで見られた光景だ。これでもかこれでもかとその子どもたちの描写が続く。けれど決して悲惨と絶望ではない。どうしてちがうのか?一番大きなことは沖縄の人たちは負けない、あきらめないということかもしれない。少年たちは両親や兄弟たちが殺されるのをみている。けれど命がけで自分を助けてくれた人がいたことも知っている。
 この物語が私の胸をうつのはうそがないから、いいえ、うそがあるから。生きて行く為にうそをつく、ごまかすし、盗みは当然、でも自分には正直に生きていこうとする。それはなかなかできないことだ。裸になってしまわなければ生きていけなかったのた。少年たちは裸になれるギリギリの年齢だったからかもしれない。
 作者は「戦争が終わってほっとするまもなく戦後の混乱に巻き込まれた。だけど動じることはなかった。それはおそらく透視能力を身につけていたからだとおもう。その魔法の目で、一人ひとりがはるか彼方に色とりどりの光を見つけ、その光をつかむために走り出していた。ーあとがきからー」
 でも、いま心霊スポットなどという禍々しい物をつかむためにガマに入って狼藉をする少年がでてきた。なにをどう考えたら良いのか、もう一度この本を読んでみたいとおもう。
 

2017年6月21日 (水)

子どもの心の育て方

Photo
「子どもの心の育て方」
佐々木正美
河出書房新社 本体1300円


店をはじめて40年からたつと子どもをとりまく環境はひどくかわったと思う。いつ頃から変わったのか私のなかでは、はっきりと線引きできない。子どもの本を売る仕事をしているのだけれど、店を始めた頃はまず親たち、それもほとんどは母親だった。父親はプレゼント本が動く頃(クリスマスなど)など来店されることはあっても、普通は車を運転して店の前で車にのったまま待っていることが多かった。だから本選びはほとんど母親、後は教師や図書館に務めている人、保育士などだった。今は若い父親が土曜日などにカンガルー抱っこをして店に入ってくる。父親の場合はほとんどが自分で見てちょっと読んで選ぶ。母親は本選びというより実際に育児に繋がることの相談受けることが多い。母親以上に相談を受けるのはじじ、ばば世代、孫の面倒を見ている人がとても多い。千葉の場合ともかく子どもが1歳になるのをまって働きだす若い母親が多くなった。
 この本は「こどもへのまなざし」福音館書店刊があたらしい育児書として多くの人、特に母親に読まれたのだけれど、また、あたらしい装丁で出版された。まえよりずっとこぶりで読みやすい。前とくらべると呼びかけるような形式と文体であらためて新鮮に読み返した。私はこの本を自分が子育てをしてときとあまりにもちがってしまってとまどっている祖父母世代、それと若い親にすすめたい。
ー「なんでもひとりでできるようになること」が自立ではありません。他人との調和のなかで主体性を発揮して暮らしていくことが本当の自立です。ー
ー子どもは、親の社会性を見て、自ら社会性を身につけます。家庭が孤立せず「社会化」することはとても大切です。ーなどの記述は子育てだけでなく自分育てにも学ぶことが多い本だからだ。

2017年5月 8日 (月)

太陽と月の大地


   かわらない世界の悲劇
Photo
「太陽と月の大地」
コンチャ・ロペス=ナルバエス
宇野和美 訳
松本里見 画
福音館書店 本体1600円


物語は16世紀スペイン南部、アンダルシア地方のこと、私からは想像もできないほどの遠くの昔のお話です。(「アルハンブラ宮殿」という名前だけがわずかに知っていることです。)作者あとがきにはモリスコ(キリスト教徒に改宗したイスラム教徒のこと)の農夫の息子エルナンドと、キリスト教徒の伯爵の娘マリアの悲恋の物語と記してありますが、私には悲恋の物語というより、民族と宗教に翻弄された人びとの悲劇の物語と思われました。それはやはりマスコミでしか知らないパレスチナなどの悲劇と同じものです。充分に今日的な事柄ですし、いまでも、階級などのちがいはあるものも、このようなことは繰り返し、繰り返しおきています。でも、わたしには想像するしかありません。こういう物語の力を借りて、イメージ化するしかありません。そして、未来への生きる力もこういう物語を読むことによって、私たちは前にむかっていくことができると思っています。
 装丁、挿絵ともたいへん美しい本で書物と読書の醍醐味が感じられます。この物語を成功させていることのひとつです。若い人にぜひ勧めたい一冊です。

2017年3月10日 (金)

リクと白の王国

Photo
「リクと白の王国」
田口ランディ
キノブックス 本体1500円


宇都宮に住んでいたリクは突然父親と一緒に福島に行く事になった。リクの母親は既に死んでしまってリクは父親と暮らしている。リク父子が福島にいくと決まった時はまだ大震災はおきていなかった。リクの父親は精神科の医者だ。原発の事故以来、廻りの大人たちは大混乱している福島に行く事に大反対だけれど、もともと春から転勤が決まっていた父親は医者がいなくなった福島にいかざるえなかった。リクを連れて行くか置いていく(おばさんのところへ)かしかない、リクはおばさんがにがてだ。それくらいなら福島に一緒に行った方が良いと判断した。けれど思っていた以上に福島で生活するのはたいへんだった。インフラも完全ではないし不安がいっぱい。一番リクが嫌なのは住んでいるみんなの気持ちがバラバラでいがみあっているからだ。出ていった人、そのまま留まっている人、もちろん津波でたくさんの人が死んだ。破壊つくされただけでなく、放射能で住む事ができない人たちの気持ち、子どもたちは思いきって外で遊んだり出かけたりもできない。けれどそんな子どもたちを支えたいとおもっているおとなもいる。子どもたちを自然体験がおもいっきりできるようにとプロジェクトをつくっているおとなたちが、北海道にでかけることになり、リクもなかまにいれてもらう。リクを受け入れてくれてふつうに扱ってくれたおとなたちに、自然のなかでリクは自分の意志で福島で暮らしていく決心をする。
 今日の夜仙台天文台が作ったプラネタリウムを見てきた。3.11の仙台の空は満天の星だった。あんなにきれいだったのは皮肉な事に震災で街のあかりが消えたからだ。あのころ節電で日本中が暗くなった。そして、原発が止まってしまってもなんとか暮らしていけるのではないかと人びとは思った。たくさんの流れ星があって、亡くなった人びとが星になってむこうの国にいくという、昔からのいい伝えに人びとは祈った。でも原発は再稼働、そして、福島から移り住んだ子どもたちへのいじめが次々と明らかになっている。責任をとろうとしないおとなといらだちがつのっている福島、いまなお原発の状態すらわからないままに6年経った現実だ。この物語のなかにでてくるゲンさん夫婦、野村さん、洋一くん、そしてリクのお父さんのように、これからわたしたちはどうしたら良いのだろうか。答えはでないけれど、自然に帰らない物を作り続けようとすることだけはやめなければならない。それだけはいいつづけなければならない。
 
 

2017年2月24日 (金)

さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・

Photo
「さてさて、きょうのおはなしは」
日本と世界のむかしばなし
瀬田貞二 再話・訳
野見山響子・画
福音館書店 本体1100円


40年から昔、会留府が開店した時のこと、子どもの本の店である以上は「おはなし会」をしなければとの意見があった。いまこそ図書館などで「おはなし会」をするけれど、その頃児童書部門をサービスしている公共図書館も少なかったし、まして語る人も少なかった。千葉市では会留府が開店すると同じ位の時期に地域や家庭に文庫がひろがった。今までいた所で文庫活動等をしていた人たちが、引越してきてあまりにも本屋も図書館もなくびっくり?して自分たちの手で作りはじめた。そのなかで子どもたちにお話を語る事が必要と感じ勉強しはじめた。お客さんがそうなれば、当然会留府でも勉強会やおはなし会をもたなければと、いろいろな人に聞きながら活動をはじめた。今からはびっくりするくらい子どもたちが集まった。子どもたちに背中をおされるようにあちらこちらで勉強会がもたれおはなし会が開かれた。会留府ではおはなしの活動ははじめから夫の担当になっていた。それは夫のほうが私よりはるかに熱心だったし楽しそうにできたからだ。
 じつをいうと私はいわゆる昔話などをほとんど聞いていないまま育った。新潟のある城下町に育った私は、しかも祖父母と一緒に暮らしていたこともあったのに、わたしの育った家庭は昔話を聞くと言う環境になかった。父も祖父もひとりっこ、おまけに父は5歳位までいまの朝鮮の平壌で育っている。(父は瀬田さんと同い年、生きていれば100歳だ)母は大きなお寺の娘だったが父親は漱石の門下生、母親は結婚前は数学の教師だったとか。一家をあげて本を読む家庭だった(強制された事はない)地方の公務員の一家、つまりあまり地域との繋がりがない家庭だった。もちろん育った時代もあって、私が幼かった頃は絵本もほとんどなかった。街には藩の学問所がそのまま図書館になっていたけれど、子どもが出入りするような図書館ではない。わずかに祖母が伝説のような話をしてくれたのを覚えている。
 それにくらべて祖父母もいない親子だけの家庭だった夫は早くに父親が病気で仕事ができない、母親がひたすら働いていた家庭だったので地域の人や親戚とのつながりが強い。お話の世界はすんなりと彼の中にはいってきていた。ネコを相手にお酒を飲みながらよくお話を覚えていた。私たちの世代はテキストでお話を覚えてそれを自分のなかで語るようにしていく。彼がそのテキストに選んでいたのは瀬田貞二のものが多かった。覚えやすくて語りやすいといっていた。
 おはこだった「おんちょろちょろ」からはじまるこの本を手にしながら、覚えていた時のようすを思い出しながら本を開いてみた。日本のむかしばなし18話、世界のむかしばなし10話がはいっている。従来出版されていた本と重複しているお話が多いけれど、こぶりの装丁は手になじむので自分で読むのにも向いている。先日1年生の子どもが自分で読むといって買っていった。挿絵があまりないけれどひらがながたくさんなので大丈夫読めるといっていた。いっしょに来てお金を払ったお父さんが読んでやりたいと言っていたのが私はうれしかった。
 もし、幼い時に昔話をたくさん聞いて育っていたら、どうだったかな?でも、そうでなかったけれど充分本好きになったのは両親のおかげだと感謝している。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo