児童書

2017年9月30日 (土)

ぼく、ちきゅうかんさつたい

Photo
「ぼく、ちきゅうかんさつたい」
松本聰美・作
ひがしちから・絵
出版ワークス 本体1400円


ぼくはおじいちゃんと地球観察隊をつくった。何をするのだって?まわりのものをしっかり観察する。正義の味方だよ。隊員はいまのところ隊長のおじいちゃんとぼく。ぼくは隊員1号、2号は犬のらんまる。3号もいるんだよ。僕の家のなかにいるクモだ。おじいちゃんはもうたくさん歳をとっているのでベットにいることが多い。ところで僕は困っていることがある。クラスのだいちゃんが乱暴するのだ。嫌いなやつなのでやつけちゃうとおじいちゃんにいったら、まてまて!もう少し観察しようといった。それから、夏にはひまわりのタネを撒いて観察しよう。やがておじいちゃんは病院に入院してしまう。「かんさつして はっけんしたことを、このノートにかいてくれたまえ。たいちょうより」(オビから)!!
 小さな身の回りのことをしっかり観察するときっと良いことがある、新しい発見がある。急がなくともいい、そうおじいちゃんが僕に語ります。この物語のなかでは観察、発見することがあたらしい世界の第一歩になることをエピソード風の物語として書かれています。いろいろ発見したことをおじいちゃんに報告するかたちでお説教でなく書かれています。おじいちゃんの死も書かれています。子どものことだけではありません。たとえば狂騒ではじまっている選挙だって、もっとしっかり観察して投票しましょうということに当てはまります。
 本のなかの折り込みに上遠恵子さんが、センス・オブ・ワンダーを、中村桂子さんが人間も生きものなのでひとりひとりちがう、ちいさな生きものを観察することはどのように人間として生きていくことなのかということに繋がっていることを書いています。


2017年7月28日 (金)

グリムのむかしばなし

Photo
「グリムのむかしばなし1」
ワンダ・ガアグ◇編・絵
松岡亨子◇訳
のら書店 本体1600円


2日ばかり少し涼しい日をおくったので、また、今日の暑さには体がついていかなくて、こんな時は窓をしっかり開けて(もちろん蚊対策はちゃんとしないと・・・)本を読む、そしてちょっと昼寝をする、そんな生活がしたいなぁとおもいます。
 千葉市は早々と夏休みに入って、子どもたちはどうしているのかと思います。この本は短いおはなしが7編はいっています。グリムのお話はなんとなく小さな子どもだった時お話を聞いて知っていることも多いと思います。絵本化されているのもたくさんあり、どれを読んだら良いかと迷います。しかも時々完訳本でなければ・・・といわれたり、特に残酷のところをどうするかとか話題になることが多い、そして、また今は子育てをおじいちゃんやおばあちゃんが担うことも多く、何を選んで良いかわからないなどの質問も受けることもとても多くなりました。むかしばなしはその点誰にもお薦めることのできる本です。
 この本にはみんなが良く知っている「ヘンデルとグレーテル」など7編のお話が入っています。冒険や魔法、不思議なことがなんの疑問もなく語られています。お話のもっている内容やリズムもこわされることなく、現代の子どもにあった本でなければなりません。それと訳のおもしろさだけでなく挿絵は大きな力になります。編者自身の挿絵がユーモアがあり楽しい本になっているのがこの本のもっているもう一つの魅力です。子どもが自分で読んでも良く、読んでもらっても良い、「読書の秋」ならず「読書の夏休み」に良い一冊です。2も近いうちに出版される予定です。
 なお、今日7月28日毎日新聞朝刊、千葉版の「絵本だいすき」に掲載されました。(毎月最後の金曜日にお薦めの本を紹介しています)


2017年7月24日 (月)

Photo
「おさるのよる」
いとうひろし・作・絵
講談社 本体1200円


おさるシリーズの新刊がでました。このシリーズは私の命名ですが「おさる哲学シリーズ」といいます。
作者の絵は色使いといい色鉛筆の淡い静かな色で描かれていて、文の内容はこれもまた静かな淡々とした言葉づかいです。ふつうのことを言っているのですが、読むにつれ内容の深みにはまっていきます。この本も「夜」に関しての考え方、「夜」とは何ぞや?夜は昼間、太陽の脇役のように思ってしまいますが、でもほんとうでしょうか。昼、太陽がのぼって夜が明ける、もしかしたら主役は夜、太陽がのぼって1日がおわるのではないか、おさるは考えます。ねむれないままに夜となかよしになると、いつのまにか解決するような道筋がわかるかもしれません。この本は眠ることにぶきっちょなあなた、そうわたしのための贈り物かもしれません。
 デビュー30周年記念「いとうひろし展」が7月16日(日)から10月15日(日)練馬区立石神井公園ふるさと文化館分室であります。千葉からはちょっと遠いけれど、いとうさんの講演やワークショップもあるのでお出かけ下さい。

2017年7月 7日 (金)

アイちゃんのいる教室

Photo
「アイちゃんのいる教室」
6年1組にじ色クラス
ぶん・しゃしん 高倉正樹
偕成社 本体1200円


ダウン症のアイちゃんの成長を記録した本3巻目がでました。この本は読売新聞宮城県版で2014年2月25日〜28日 2015年3月25日〜31日 2016年3月22日〜31日に連載された記事がもとになっています。著者は読売新聞社の盛岡支局、東北総局の記者(いまは東京本社)です。ダウン症の女の子アイちゃんの1年1組、3年1組、そしてこの本6年1組の成長記録です。アイちゃんの家庭はもちろんですが、東北のある小学校でのアイちゃん、当然アイちゃんたけでなくクラスの子どもたちの成長が書かれています。アイちゃんのクラスはにじ色クラス、帯にあるように虹はほんとうは円なのに、半分しん見えない、その見えない部分にいじめや悪口があるのではないか、アイちゃんはダウン症でクラスのなかに問題なくいる場所があるけれど、もしかしたら見えない部分にハンデキャップのある人に 対しての反感や偏見やいじめがあるのではないかと、教師は子どもたちに問題提示して「自分で考えよう、正しい答えはない」ということをつねに言い続けていきます。
アイちゃんはできないのでなく、ずるけていやなことはやろうとしないだけではないのか、特に課外活動などみんなで協力しあって取り組むことには、アイちゃんに対しての風当たりはつよくなります。それにちょうどクラスのみんなだけでなく、アイちゃん自身も「ダウン症って」「わたしは誰?」と問いかけるように成長しています。本のなかのアイちゃんとクラスのみんなは、自分たちがいたクラスの記録から読者に問いかけます。最後に書かれているクラスのみんなの一口感想、決して聞きやすい、心地よい言葉ではない、私たちもこの言葉をとおしてともに成長する、ともに生きるということはどんなことなのか考えていかなければならないとおもいます。

2017年6月 7日 (水)

たんけんクラブ シークレットスリー

Photo
「たんけんクラブ シークレットスリー」
ミルドレッド・マイリック/ぶん
アーノルド・ローベル/え
小宮由/やく
大日本図書 本体1400


おれの名前はビリー、ともだちのマークがとまりにきて海辺で遊ぶことにしました。砂浜をみるといろいろなものがあって、ビリーは砂浜に捨てられていたみどりいろのビンをみつけます。ビンの中には手紙が入っていて、そこにはへんてこな字が書かれていました。マークは見事に謎解きをします。むこうの島から投げ込まれたもののようで、それによると手紙を書いたのはトムという子どもらしい。ビリーとマークはもちろん返事をだそうと、それも暗号で書かれた手紙を汐にのせて返信します。そして、ふたりで「たんけんクラブ」をつくりました。もちろんクラブへ誘う暗号の手紙です。ビンはちゃんと届くでしょうか。
 幼い子どもたちの冒険物語、冒険というより探険と行ったほうが良いか、ドキドキ感もありクイズをつくったり、(暗号を考えるなんてすごい!)ただ感情だけの物語でなく、具体的に書かれた友情物語として読むことができます。ところで昔、子どもだった人は良くこんなことをして遊びました。今はどうなのかしら?
 この本は「こころのほんばこ」というシリーズでだされているものです。「こころのほんばこ」というのはあんまり好きでないけれど、どれも読みやすく、挿絵も良いし、ちょっと楽しみなシリーズです。


2017年5月27日 (土)

ちょっとおんぶ

Photo
「ちょっとおんぶ」
作 岩瀬成子
絵 北見葉胡
講談社 本体1350円


つきちゃんには動物の声がちゃんと聞こえます。つきちゃんが言ったことも動物につたわります。ある日家に遊びにくるいずみちゃんを驚かそうと物置のかげに行こうとしたら履いていたお母さんのサンダルが大きすぎて転んでしまいました。地面の下から声がしたので掘ってみたらだれかが何かを言っています。つきちゃんに動物たちの声が聞こえるといってもだから冒険がはじまるわけではありません。たとえば、表題の「ちょっとむおんぶ」、月夜に誘われて外に出たつきちゃんはフクロウの鳴きまねをしたら、木のうしろから子グマがでてきて”くたびれたのでちょっとおんぶ!”といわれてしまいます。おんぶして小学校へ行ったりいっしょに歌をうたったり、そして、迎えのバスに乗って子グマは行ってしまいます。そんなちいさなおはなしが7話オムニバスの形式のようにはいっています。このお話にでてくるつきちゃんと話をした動物は見返しにみんな描かれています。ひとつひとつのお話も結論がなくだからどうしたということでなく、話をしたということだけが淡々と書かれています。そういえばこのつきちゃんくらいのこどもは誰しもこうやって動物たちと話ができるのかもしれません。この時を大切にしたいと思います。ひとりで本を読むということは本を介していろいろなものと話をしている、いろいろなものたちの話を聞くことなのです。最後の物語ではつきちゃんのお父さんは単身赴任?で日曜日の夜出かけて土曜日に帰ってくると書かれています。とても気になる話です。
 あなたは今日風の話を聞くことができましたか?ペットの話を聞くことができましたか?それになんといってもお父さんやお母さんや友だちと話ができましたか!

2017年5月19日 (金)

シノダ!指きりは魔法のはじまり

Photo
「シノダ!指きりは魔法のはじまり」
富安陽子
大庭賢哉・絵
偕成社 本体1300円


いよいよシノダ!も10巻目、10巻で一区切りというような話も聞いたのでちょっと残念だなと思っていました。でも、あとがきには続く・・・・というようでまずはちょっと安心。ふつう10巻も続くとちょっと飽き?みたいのところがあるのだけど、決してそんなことはありません。登場人物はシノダ一家、パパは人間だけれどママは信太の狐の家系、3人の子どもたちはだれもがキツネ一族の血をなにかしら受け継いでいます。長女の結ユイは風の言葉をきく能力「風の耳」を、長男の匠タクミは過去や未来を見る「時の目」そして、末っ子の萠モエは人以外の生きものの言葉を伝える「魂よせの口」をもっています。このきょうだいたちに親戚の一族、おじいちゃん、おばあちゃんおばさんおじさん、妹ととママの親族が入り乱れて話はすすんでいきます。10巻目は末っ子のモエが幼稚園で見慣れない男の子に垣根の穴をくぐっていいところに行こうと誘われます。そこは隣の園長先生の庭にある池です。そして、このことは秘密にしなければならないと風変わりの指きりで約束をします。”指きりげんまん、うそついたらカエルの口になぁれ”それはキスした相手をカエルに変えてしまう呪文でした。そして、これには昔のいわれ、伝説がありました。(1巻目のチビ竜が登場します)
 このシリーズは3人のきょうだいを中心に、その土地の伝わっている物語を定本にしておのおの持っている超能力をつかって難問を解決していく、妖怪やあやかしの者たちが登場しますが、充分に歴史の謎をとく物語性と、推理、そしておもしろさが書かれていて、ちょっぴりドキドキはしても、しっかり解決しておしまいになるという楽しさが味わえます。出てくる「もののけ」も不思議こそあれ元気で明るい、気持ちの悪いような妖怪たちではありません。それらが子どもたちに人気のあることのひとつなのだとおもいます。
 それにしても著者は前に講演のなかで”私は嘘つきの家系でして・・・”といわれたが、こうもつぎつぎとほら話というか物語を編み出していく、そして、絵本のお話から(絵も上手)低学年から中学生まで、たいへんひろい年齢の子どもやおとなまで楽しませる力にはいつもすごいなぁと思います。
 

2017年2月24日 (金)

さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・

Photo
「さてさて、きょうのおはなしは」
日本と世界のむかしばなし
瀬田貞二 再話・訳
野見山響子・画
福音館書店 本体1100円


40年から昔、会留府が開店した時のこと、子どもの本の店である以上は「おはなし会」をしなければとの意見があった。いまこそ図書館などで「おはなし会」をするけれど、その頃児童書部門をサービスしている公共図書館も少なかったし、まして語る人も少なかった。千葉市では会留府が開店すると同じ位の時期に地域や家庭に文庫がひろがった。今までいた所で文庫活動等をしていた人たちが、引越してきてあまりにも本屋も図書館もなくびっくり?して自分たちの手で作りはじめた。そのなかで子どもたちにお話を語る事が必要と感じ勉強しはじめた。お客さんがそうなれば、当然会留府でも勉強会やおはなし会をもたなければと、いろいろな人に聞きながら活動をはじめた。今からはびっくりするくらい子どもたちが集まった。子どもたちに背中をおされるようにあちらこちらで勉強会がもたれおはなし会が開かれた。会留府ではおはなしの活動ははじめから夫の担当になっていた。それは夫のほうが私よりはるかに熱心だったし楽しそうにできたからだ。
 じつをいうと私はいわゆる昔話などをほとんど聞いていないまま育った。新潟のある城下町に育った私は、しかも祖父母と一緒に暮らしていたこともあったのに、わたしの育った家庭は昔話を聞くと言う環境になかった。父も祖父もひとりっこ、おまけに父は5歳位までいまの朝鮮の平壌で育っている。(父は瀬田さんと同い年、生きていれば100歳だ)母は大きなお寺の娘だったが父親は漱石の門下生、母親は結婚前は数学の教師だったとか。一家をあげて本を読む家庭だった(強制された事はない)地方の公務員の一家、つまりあまり地域との繋がりがない家庭だった。もちろん育った時代もあって、私が幼かった頃は絵本もほとんどなかった。街には藩の学問所がそのまま図書館になっていたけれど、子どもが出入りするような図書館ではない。わずかに祖母が伝説のような話をしてくれたのを覚えている。
 それにくらべて祖父母もいない親子だけの家庭だった夫は早くに父親が病気で仕事ができない、母親がひたすら働いていた家庭だったので地域の人や親戚とのつながりが強い。お話の世界はすんなりと彼の中にはいってきていた。ネコを相手にお酒を飲みながらよくお話を覚えていた。私たちの世代はテキストでお話を覚えてそれを自分のなかで語るようにしていく。彼がそのテキストに選んでいたのは瀬田貞二のものが多かった。覚えやすくて語りやすいといっていた。
 おはこだった「おんちょろちょろ」からはじまるこの本を手にしながら、覚えていた時のようすを思い出しながら本を開いてみた。日本のむかしばなし18話、世界のむかしばなし10話がはいっている。従来出版されていた本と重複しているお話が多いけれど、こぶりの装丁は手になじむので自分で読むのにも向いている。先日1年生の子どもが自分で読むといって買っていった。挿絵があまりないけれどひらがながたくさんなので大丈夫読めるといっていた。いっしょに来てお金を払ったお父さんが読んでやりたいと言っていたのが私はうれしかった。
 もし、幼い時に昔話をたくさん聞いて育っていたら、どうだったかな?でも、そうでなかったけれど充分本好きになったのは両親のおかげだと感謝している。

2017年2月17日 (金)

わたしたちが自由になるまえ

Photo
「わたしたちが自由になるまえ」
フーリア・アルバレス
訳/神戸万知
ゴブリン書房 本体1500円

ドミニカ共和国ってどこにあったっけ?ほとんどの人がそんな認識しかもっていないと思います。そしてかってあったことの真実をもとに書かれているとはいえ、あまり切実には思えないのが私たちの気持ちかもしれません。この物語は時代と状況はちがいますが、ドミニカ版アンネの日記のような物語といったらなんとなくわかるかもしれません。アンネの日記ではアンネは殺されましたが、この物語にでてくる主人公アニークのいとこがアメリカに渡っています。(圧政をのがれるために)作者はこのいとこと思われます。
 ドミニカでは1930年から1961年までトルヒーヨ大統領の独裁政治が続いていました。アニークは大統領を尊敬していましたがいとこたちが突然アメリカにいってしまい、それからも次々に親しい人がいなくなります。アニークは真実を知ります。そして、父たちが囚われアニークも母と乳母?も身を隠せずにはいられなくなります。物語の後半はクローゼットに隠れた生活のなかで日記を書くことがが生きていくことの支えになるアニークです。それはアンネの日記がいまなお若い人たちに読まれていると同じ、その中にはアニークの瑞々しい情感があふれているからだと思います。
 私たちは未来を考える時にやはり過去を振り返ります。それはなにも国家ということではなくとも、日常のなかで自分の生き方を思うとき、困難なことに突き当たったとき、身近な人が亡くなったりしたとき、新しい命の誕生を迎えたとき、全てにあてはまることです。
 でも、国家によって命があぶなくなるなんてありえないとおもうかもしれませんが、おこりうることです。(いまメディアでとりあげられている共謀罪などもそんな視点から考えなければならないことだとおもいます。)今はそうではないけれどあまり遠くない未来に私たちもアニークのようなことがおこるかもしれない、それは私の心配しすぎなことなのでしょうか。
 「わたしはただ日記をつけたいだけで、世界をすくいたいわけじゃないって、ママにいった」「手かふるえてしかたがないーだけど、世界の人に知ってもらうために、この記録を残したいー」アニータの日記より。12歳の少女の物語です。


2017年1月31日 (火)

走れ!!機関車

Photo
「走れ!!機関車」
ブライアン・ブロッカ作/絵
日暮雅通 訳
偕成社 本体2400円

土曜日のことでした。近くの文化施設にイベントがありました。幼い子ども対象のイベントなのでしたが家族づれも多く、賑やかでした。そのなかでのこと、両親と妹が一緒の男の子、入って来るなりこの本を見つけました。あとはどうでもよいらしくこの本を抱えて離しません。父親の賛成もあって買ってもらいました。次にまた、この本を欲しいといった男の子、なかなか母親が「うん」といいません。でもねばってOKでした。どちらの男の子も学齢前、聞いてみると4歳と5歳でした。ちょっと難しいのではないかと思ったのですが、2人共鉄道ファンなのでしょう、それくらいこの絵本はインパクトがあります。大型の絵本、表紙は機関車の正面の絵が真中に、裏表紙はその機関車の側面、6人の男たちがみがいたり油をさしたりしています。レトロっぽい、ほんとにこんな機関車が走ったのかしらとおもうほど装飾ぽいけれど力強く走っているようすが伝わって来ます。乗り物好きの子どもだけでなく、おとなの好奇心も充分にそそられます。
 1896年ある家族がアメリカ大陸の東、カルフォルニア州サクラメントから西、カルフォルニア州サンフランシスコへ旅をします。その時乗った大陸横断鉄道のことが描かれています。時代はリンカーンの時代南北戦争のころです。東から西にセントラル・パフィク鉄道会社と西から東へのユニオン・パシフィック鉄道会社、二つの合流点はユタ準州のプロモントリー・サミットが選ばれました。この鉄道がひかれるまでの社会の背景、そして、その機関車そのものが走る様子が描かれています。機関車がどういう原理で動くかということ、そこに携わっている人びと(機関士とか)のことが時にはユーモアいっぱいに描かれているのは楽しい。後のページにくわしく書かれている解説もたっぷりと書かれています。この工事をした人びと、新しい人たちをつれてきたということ、一方先住民を抑圧したことなども書かれていて、しっかりおとな読みができました。こうだいな土地をこの機関車に乗ってわたしもまた、旅をしているような気持ちになりました。
 買っていった男の子、いまは絵をながめているだけかもしれないが、その小さな心の中では好奇心が渦巻いていることでしょう。

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山