お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

2018年7月 8日 (日)

ゆっくりおやすみ、樹の下で

Photo
「ゆっくりおやすみ、樹の下で」
高橋源一郎
朝日新聞出版 本体1300円
主人公は小学校5年生11歳のミレイといつもいっしょのぬいぐみピーちゃん。おとうさんは小説家でおかあさんはイラストレーター、そして、ミレイは一人っ子です。この物語の主人公として、ミレイはそんなに特別な家の子どもではない、そのことはとりあえずおいておくとしても、作者の作り上げた家庭はこんなふうにはじまります。。
ミレイは時々夢を見ます。どうもそれは「さるすべりの館」とおかあさんが話してくれたところ、おかあさんの生家です。おかあさんは自分の意志でその家をでて、仕事を持ち、結婚して、ミレイを産みます。その家の前にはみごとなさるすべりの2本の大木があり、その家にはいまもおかあさんのおかあさん、つまりミレイのおばあちゃんが一人で住んでいます。
11歳の夏休み、ミレイは一人でさるすべりの館に行きます。もちろんぴーちゃんをつれて。そこでミレイは大おばあさんに出会って、サルスベリの館の歴史を知ることになります。緑の部屋、そして赤の部屋の秘密、読者の子どもたちにミレイをとおして一家の歴史、戦争で大きく変えられてしまった人の歴史、そのなかの悲しみと、未来への道を語ろうとします。
おとなの読者である私は、大おばあさんの歴史、戦後の日本と、多様な生き方を選べる可能性をもつその後の時代のことを知っています。いま、どれだけ女性が解放されたのか、ともするとすきあらばまた、国家に生きることをかすめとられそうになっている現実を知っています。自由は決して、ふってわいたものではない、ただ与えられたものではないことを、子どもたちに伝えたいと思っています。大おばあさん、バーバ、そして、ミレイの母親の生き方を伝えなければならない、そして、「ゆっくりおやすみ、樹の下で」と語りたいとの思いがあります。特にバーバの世代にあたる私たちには、もう時間があまりない。
 この作品のなかには子どもはミレイのみ、そして、同世代の男の子がでてこないこと、11歳という設定(あえて作者は女性の歴史を書いた?)などもふくめて、この物語がが朝日小学生新聞に連載されていた時の子どもたちの声が聞きたい。いま、書籍化されたのはとても意味があります。今日マチ子さんの挿絵は物語にとてもあっています。おとなと子どもの中間のような少女の雰囲気が良くでています。

2018年6月29日 (金)

ぼくのなまえはへいたろう

Photo_2
「ぼくのなまえはへいたろう」
灰島かり 文
殿内真帆 絵
福音館書店 本体1200円

ぼくの名前は「むらしげ へいたろう」ぼくはこの名前が嫌いだ。おならのへーや昔の人みたいだとかいってからかわれるからだ。こんないやな名前は変えられないのかなぁと思って仲良しの友だちにきいたり、お父さんに聞いてみました。結論からいうと名前を変えるのは(戸籍上の)なかなか難しくてちゃんとした理由をつけて家庭裁判所に届け出なければならないのです。この名前はお父さんがつけたのですが、お父さんはとってもかっこよくてなかなか良い名前だと思っています。お父さんは世界ではいろいろな風習があって、生まれてすぐに名前をつけない人たちもいること、その理由はある時期になるまで子どもが育つかわからないからとか、ある年齢になるまでの子どもは神様のものという考え方があるとか、それに流行もあって、今かっこよくてもてはやされても、時代がかわりそうではなくなることもあることを話してくれました。へいたろうはそれでもいい名前だと納得したわけではないけれど、なまえは中身、つまりへいたろう自身の問題だと気がつきます。名前をとおしてへいたろうはすこし成長しました。
名前で思うのは「ゲド戦記」です。そして、瀬田貞二さんがものの名前について名著「幼い子の文学」に書いていらっしゃいます。また、いま、なかなか承認されない夫婦別姓の法律的なことなど、契約社会では現実的にも非常に重要な問題です。極端にいうと国を揺るがせる問題だということになります。
 
この本は今は廃刊になった「おおきなポケット」2005年12月号のなかの文に加筆して編集されたものです。そして作者の灰島かりさんは2016年に亡くなっています。「絵本をどう読むか」についての評論をまとめて2017年11月に「絵本を深く読む」というタイトルで刊行されています。なかなか絵本についての適切な評論家がいなかったので私はとても注目していた作家のひとりで、この本については機会をみて紹介したいとおもっています。


2018年5月26日 (土)

波うちぎわのシアン

Photo
「波うちぎわのシアン」
斉藤倫
まめふく・絵
偕成社 本体1800円

私は猫なのにカモメという名前、みんなはおかしいと笑うけれど、私は気に入っている。生まれたばかりの捨て猫をひろってくれたのはフジ診療所のお医者さんだった。フジ先生は島の人ではない。この小さな島はラーラという。フジ先生はふらっと訪れたこのラーラが気に入って島の雑木林に診療所をつくった。お医者さんを一番必要としていた村の人たちが喜んで手助けしてくれた。看護婦もひとり、島で生まれた10代の女の子、元気でやる気いっぱいのネイがきて、診療所はスタートした。フジ先生は患者が増えるたびに改造して診療所を大きくしていった。そして、とうとう保育園ができた。ある夜カモメの鳴き声で 目をさましたフジ先生は島の港に燃えさかる船を見つけた。そして、その炎に包まれた船にはあかちゃんがいた。なんとか助け出した赤ちゃんはネイ保育園で育てられることになる。名前はシアン、この島だけにとれる青色の巻貝にそっくりな左のにぎりこぶしが名前の由来だ。シアンは大きくなると不思議なことがわかる。おかあさんのおなかのなかにいたときの記憶がわかる。けれどシアン自身の記憶はわからない。かたくにぎられた拳はひらくことがなかった。この物語はシアンの誕生の秘密にからんだ冒険物語だ。それは、この個性の強いフジ先生とラーラの島の人たちの暖かい交流、生まれる前の記憶をめぐっての不思議な物語だ。跡目争いというような話がからんだ冒険物語でもあるのだけれど、それだけでなくこの物語の背景に流れている人びとの交歓が、読む人の気持ちをどこかなつかしくゆったりとさせる。シアンが語る生まれる前の記憶が呼び起こされるからかもしれない。小さな島の海辺で遠くをみているのは読者のあなたかもしれない。わたしはいったいだれだろうか?と。


2018年5月 5日 (土)

いろいろ いろんなかぞくほん

Photo
「いろいろ いろんなかぞくのほん」
メアリ・ホフマン ぶん
ロス・アスクィス え
すぎもとえみ やく
少年しゃしん新聞社 本体1900円


家族ーこの妙なるもの。「家族」て?子どもたちに聞かれたらどう答えるだろうか。何人かと暮らしているとはは限らない、けれど一人で暮らしている人に家族いる?と聞いたら、一人ですと答える人もいるだろうし、いま暮らしているのは一人だけれど・・・という人もいると思う。
 今日は「こどもの日」だった。子どもは一人で暮らしてはいかれないので、ほとんどは家族と一緒だ。この絵本の表紙の表も、裏もたくさんの家族が描かれている。いろいろな家族のかたちが見開き1ページいっぱいのイラストとともに描かれている。「かぞくのかたち」「きみのかぞくにはだれがいる?」「すむところ」「がっこう」「しごと」「やすみのひ」「たべもの」「ふくそう」「ペット」「おいわいごと」「しゅみ」「でかけるとき」「きもち」そして、「ファミリー・ツリー」まで幼い子どもたちにわかりやすくまとめられている。どの部分もただ描かれているだけ、道徳の本ではないので良いとか、悪いとかはいっさいかかれていない。もうひとつ感じたのは全体的にフランスでの本が定本なので欧米中心になっている。アジア、アフリカはほとんどない。世界はもっと多様でもっとおもしろい?ということは一冊の絵本で表現されるのは無理なのかもしれない。「かぞくはいろいろ、きみのかぞくはどんなかぞく?」と本のそでのところに描かれているようにこの絵本を読んで次のおしゃべりに発展していくことが望ましい。2018年5月5日を誰とどんなことをしたか、記録しておくと後になって貴重な家族史になる。
clipわたしは?風邪をこじらして、ともかく家でぶらぶらして過ごしてしまいました。良いお天気だったので残念でした。

2018年4月25日 (水)

イースターのたまごの木

Photo
「イースターのたまごの木」
キャサリン・ミルハウス作・絵
福本友美子訳
徳間書店 本体1700円

外国の行事をすぐに自国の行事のようにしてしまう器用な私たち、でもなぜかイースターはまだ有名になっていません。この絵本は1951年にコールデコット賞を受賞していた絵本がもとになっています。絵本の背景は17世紀から18世紀にかけてヨーロッパのドイツ圏からペンシルベニアに移住してきた人たちのイースターのお祭りのことを描いた絵本です。現代の印刷技術でよみがえっています。イースターの日、うさぎがたまごをもってきて庭中に隠していくなんて、なんて楽しそうでしょう。知っているようにたまごを探すだけでなくそのたまごに絵を描くという、おもっただけでもワクワクします。今の日本に根付かないのはたまごをかくす場所、自然がないということでしょうか。それとキリスト教のお祭りだということもあるかもしれません。(でもハロウィンはあんなにおおさわぎするのは不思議)
私がこの絵本を読んで気に入ったのは、自然の描写が良いのと子どもたちが楽しそうだということ、子どもたちがたまごに絵を描いている、笑い声までが聞こえてきます。おばあちゃんもゆったりしていて、明るい楽しい物語になっています。
 今年のイースターは4月2日でした。

2018年3月17日 (土)

おとうさんとあいうえお

Photo_3
「おとうさんとあいうえお」
東 君平 さく・え
あかつき 本体1300円

東君平ことばのひろば3冊目ことばあそびのショートストリー「あいうえお」からはじまって12編の短いお話がはいっています。いま、子どもたちはともすると4歳位からひらがなを読むことができます。保育園や幼稚園でおそわるというより、読むことのできる友だちにつられて読むようになります。そして、「うちの子・・うちの孫は字が読めます」と絵本を薦めるとそう叱られる?ことがあります。子どもも確かに嬉々として読んでくれます。ただ、記号として読んでいることが多いので、字を読めればいろいろの続きがわかるようになるということはあまり感じていないようです。だから本を読むことが嫌いの子どもが学校へいくようになると増えてきます。
 この本は短いお話仕立てになっています。楽しんで読んくれるといいのですが、ちょと私はどうしたものかと思っています。というのは主人公ととしちゃんとおとうさんのお話だからです。「おとうさん」今お父さんと暮らしていない子どもはどれくらいいるでしょうか。幼児虐待は別として、親の離婚、シングルを選ぶ、それはそれでいいのですが、この本のように父親との交歓がとても良く描かれていると、やっぱり不特定対象の子どもに読んでやることはちょっとひいてしまいます。東君平の本の醸し出す雰囲気が好きな私はちょっとまごまごとしています。それでおとうさんをおじいちゃんにおきかえて読んでみました。おじいちゃんはかならずしもいるわけではないので良いかな?ゆっくりと穏やかな楽しい雰囲気が伝わりました。

2018年2月19日 (月)

マルコとパパ

Photo
「マルコとパパ」
ダウン症のあるむすこと ぼくのスケッチブック
グスティ
宇野和美訳
偕成社 本体2800円


 <ともかく読んでいて楽しかった>と書いたら不謹慎といわれるだろうかと思ったこと、自分のなかの差別意識に気がついてどっきり!した。マルコと名付けられたダウン症の息子を受け入れるまでの父親の心のうちが描かれている。自分の中の差別意識、そうなんだ、ハンディキャップのある子を持つとほんとに大変なんだよねとか、なんだかせつないねとか、マルコは小さいうちは良いけれど(良い悪いの話ではないのに)おとなになったらね、などとわかったような自分の心に嫌悪感をもったというのが、正直この本を読んだ最初の私の感想だ。でも、読み進めるうちにこの本は質の高いユーモア小説のようだとも思った。マルコが自然体で描かれていると同じくらいに、パパの心のうちがよく描かれている。イラストレーターだからこの絵の楽しさは当然かもしれないけれど、自由に、存在そのままに描かれていてすごい。まるでマルコは私の子どものようだ。まわりを跳ね回り、行動して、何を思い、何に悲しんでいるのか、気がつくとマルコは私のそばにいた。見返しに描かれているたくさんの子どもの顔、全部マルコなんだよね。そして、私たちの子どもなんだよね。
 原書はわからないけれど、訳者の訳も自然に心のなかに入ってくる。宇野さんの訳にあたっての話を聞いてみたい。


2018年1月26日 (金)

トンカチくんと、ゆかいな道具たち

Photo
「トンカチくんと、ゆかいな道具たち」
松居スーザン 作
堀川真 絵
あすなろ書房 本体1300円


トンカチくんってあの大工道具のトンカチ?この本のなかにはたくさんの大工道具がでてきます。どのくらい知っていますか?昔はちょっとしたことはみんなお父さんかおじいちゃんがしてくれました。物作りとはいわなくともちいさな修理は自前で、物作りも自家製でした。例えば1年生に入学する子どものために、ちゃんとした机がなければミカン箱から小さな机ができました。だからこの本にでてくる大工道具は家にありました。トンカチ・ノコギリ・クギ・ネジマワシ・ハケ・マキジャク・まだまだあります。それらが主人公になってのお話が8編はいっています。
 とってもおもしろい、たとえていうとまるで落語にでてくる話みたいです。舞台は落語のように下町、そこで繰り広げられる庶民の生活模様です。人情物語です。勢いのある言葉が行き交います。これ読むのより聞いた方がきっとおもしろいだろうなぁ、だれか語りませんか?それにしても作者は以前日本に住んでいて作品も多いけれど、どちらかというと自然派だったので、このお話は少しおもむきがちがいます。しかも現在はアメリカ在住とか作者の隠れた才能が感じられました。
 先生、子どもたちに読んでもらえませんか!

2018年1月24日 (水)

さよなら、おばけ団地

Photo
「さよなら、おばけ団地」
藤重ヒカル 作
浜野史子 画
福音館書店 本体1400円


桜が丘団地はもうすぐ取り壊されます。60年も前に建てられたとても古い団地です。真ん中にまるい中央広場があって二階だてが三十棟旧番地と呼ばれていて、傷みがひどいので人は住んでいません。四階建てのところは新番地と呼ばれていて40年位たっているので、ここもやがて人が住まないようになるでしょう。この団地には別名があります。「おばけ団地」といいます。おばけというからには怖いことがおこるとおもいます。この団地でおこったお話が5つはいっています。「おくりっこ」は消えてしまった子どもの話「黒マントの男」「白い手」そして、「十三号住宅」まぼろしの「四号棟」です。ここまでだと、一時大流行りただった都市伝説のようです。一時ほどさわがれないけれど、こういうちょっと怖い伝説のような話はあちらこちらにあります。この物語は読んでみると怖いホラーのような話ではなく、ちょっと不思議な話のようです。私には宮澤賢治の童話や安房直子の物語を読んでいるような気持ちになりました。こういう話はあらすじを書いてしまうとつまらないのでこの5つの話は自分で読んでみてください。
 ところで私の街にも年数がたってしまった古い公団の団地がたくさんあります。ここ近年立て替えられてきれいになった、バリアフリーの快適な部屋が並びます。子どもはいなくなって高齢者がたくさん住んでいます。当然年齢的にも死に近いわけですから、不思議なことがあってあたりまえです。不思議なことは子どもたちに受け継がれていってほしいと私は思います。人の生存は不思議なことに満ち満ちている、子どもたちには不思議なことを一杯体験しておとなになってほしいとおもいます。ゆうれいのでる?街、不思議なことがおきる街、そこで大きくなった人は心豊かな人になるようにおもいます。

2018年1月14日 (日)

口ひげが世界をすくう?!

Photo
「口ひげが世界をすくう?!」
ザラ・ミヒャエラ・オルコフスキー作
ミヒャエル・ローハー絵
若松宣子 訳
岩波書店 本体1500円


口ひげってなんだ!かんたんにいうと口のまわりのひげのこと?ヨナタンことヨーヨーとおじいちゃんをめぐる、正確に言うとおじいちゃんのひげ騒動のお話です。ヨーヨーのおじいちゃんは手仕事が大好きなおもしろい人です。でもおばあちゃんが死んでからすっかり元気をなくしています。元気がないのはおじいちゃんばかりではありません。パパもママもおねえちゃんのロッテもみんな寂しがっています。寂しい、それはなによりも話を聞いてくれる人がいなくなってしまったのです。おじいちゃんは日長新聞ばかり読んでいます。ところがある日その新聞にでていたこと「世界ひげ大会」にでようとします。はじめはみんなびっくりしてしまいますが、おじいちゃんが元気がでるならと応援します。もちろんヨーヨーは一おじいちゃんと緒になって、準備したり励ましたり大奮闘!そしてなんと・・・いうまでもありません。世界一のチャンピオンになったのです。
 挿絵がとってもユニークです。たっぷり描かれていて、文を読む前にゆっくり絵を読んでみました。ユーモアたっぷりの文、それでいてどこかなつかしくしんみりしてしまう、でも楽しい愉快な物語です。ひげもいろいろあるのですね。くせもあるでしょうし、手入れが大変、髪の毛をとかすようにちゃんと整えるのだとおもいますが。ベトナム戦争のあったころ、髪の毛と同じようにヒゲは反権力の象徴のようにあつかわれた時代がありました。そういえば近頃ではヒゲをはやしている若者をあまり見かけなくなりました。見返しに10人のヒゲをたくわえた人の絵が描かれています。(もちろんガンダルフもいます。)「世界ひげチャンピオン大会」は実際にあるそうです。誰かでませんか?

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo