コラム

2017年5月24日 (水)

ふたばからのおたより -5月―

          
           出会うことの不思議

Photo

 先月のブログで書かせていただいた、5月連休のそごうデパートでの展示を無事終えることができた。多くの方々に足を止めていただき、本当に感謝している。(見てください!!添付の写真、展示の目玉だったでっかい鯉のぼりです。)ウロコにするからと里親家庭やファミリーホームにお願いしてまわった子ども達の絵は、全部で52枚も集まった。おかげで、「見てきました・・」という声もずい分聞いた。鯉のぼりは予定通り、4月の末に若葉区のプレーパークで、みんなでワイワイ作った。たくさんの方の手を借りて作り上げてきた今回の展示は、妙にあったかく充実した思いが残る。
 前回のブログでは触れられなかったが、4月11日に会留府のお店を借りての小さな映画会も、少人数の温かい会だった。とんでもない雨の夜で、そんな中参加してくださった皆さまに心から感謝している。(こんなに遅いお礼で、ごめんなさい)ある大阪の里親家庭の1年を丁寧に追いかけたDVDを見ていただいたのだが、そのあと輪になって、いろいろなお話ができた。一人ひとりの皆さんの社会的養護との出会いとか、里親制度への素朴な疑問とか、いつまでも話が尽きず、時間も大幅にオーバーしてしまった。こんな小さな会を今年度はたくさん開いていきたいと心から思った。本当にありがとうございました。その上、この映画会を通じて素敵な出会いがあった。一つ目は、映画会に参加してくださった方々との縁で、川戸町の児童養護施設で念願のおはなし会が開催されることになったこと。二つ目は、映画会で初めて出会った若い素敵な女の子にお願いして、ある里親家庭に学習ボランティアとして関わっていただけるようになったこと。とても小さな映画会だったが、それを通して輪が広がっていくようで、ちょっと嬉しい。
 ちょうど1年くらい前に、別の里親家庭に学習ボランティアとして、近くの大学のサークルを紹介することができた。その里親さんの最近の言葉 ―学ボラさんとの関わりを通じて、子ども達はホント色々ななことに興味を持つようになりました。大げさでなく、子ども達の世界が広がっていくのを感じます。そして、共に成長を見守り、喜んでくださる方がいるというのは、ワタシ達里親にとっても嬉しいことですー 
 人と人との出会いはささやかだけど、でもどこか不思議で、とても素敵だな、そんなことを感じる今年の春である。       
             (の)

2017年5月23日 (火)

ウォルター・クレインの本の仕事 展覧会に行ってきました

Photo
「ウォルター・クレインの本の仕事」
ー絵本はここからはじまったー
千葉市美術館にて
5月28日まで


 また終わり間近になってしまいましたが展覧会に行ってきました。「ウォルター・クレイン展」絵をみると”あぁこの絵”と見たことがあると思われるかもしれません。ウォルター・クレインは1845年生まれ、19世紀後半イギリスで活躍した人です。職業はといわれると画家・デザイナー・本の装丁家、編集者などなどと活躍した人です。
 じつをいうと、私はちょっと苦手な絵が多いのです。(文化出版局が出ていた「ハメルンの笛吹き」は好きであのお話の不思議さが良く描かれていますが。)どこがにがてかというと1ページにしっかり描かれている装飾的な絵がちょっと息苦しく感じます。ところがずっと年代順に見ていくと絵本のシリーズでは線も色もはっきりとしていて絵からお話を感ずることができます。グリム童話をはじめとしてたくさんの昔話を絵本にしています。また、影響が大きいコールデコットの絵本は柔らかなセピア色、子どもと平和を理想化していて、クレインの絵本づくりが古典絵本のもとになっていることが良くわかります。
 それと、人も背景も日本の風土とはまるっきりちがうのに、絵に描かれている人たちの衣装や風俗があれ!と思うほど似ているところがあります。特に今の日本の服装などに似ているところが感じられて興味深かった。浮世絵のことで6ペンスシリーズの「靴の留金とめて」の絵の中の壁には浮世絵がかかっているのを発見しました。
 ちょっと時間がなかったので最後は駆け足になってしまい残念でした。28日(日)まで開いています。千葉市美術館
 

2017年5月 3日 (水)

学校図書館訪問記2017年その2

book昨日は小学校へ行ってきました。距離的にはそんなに遠いわけではないのですが大変交通の不便なところで、車の運転をしなくなった私は電車ーバスー歩いて40分くらい、でも暖かい春風に吹かれながら、水がはられた田や、麦刈りを見ながらの遠足気分でした。図書主任の先生は家庭訪問で不在、指導員の先生は千葉市の仕事ははじめてという方でしたが、説明をしたりご意見をお聞きしたりとちょっと長居をしました。驚かれたのは図書室ではPCは入っているものの、整備されていないので使えないとのことです。本にはバーコードが貼ってあるものの中は空っぽです。他のラベルをはったりなどの図書装備は本屋でします。バーコードを貼るのもその代金も本屋もちです。使えないバーコードにお金を払うなんてもったいないと組合に幾度となく噛み付いたものの、改善されないままの毎年です。
 それはともかく一番感ずるのは子どもたちの読書環境に差がありそれは年々開くように思います。私は学校図書館が生涯の読書に一番かかわりがあると思っています。本を読むのにはある程度の知識のスタート状況が必要です。最低の日本語の力が必要でそれを学ぶのは学校です。それと読書の力は日常の行為のなかから生まれると思っているので、簡単に本が手に届かなくてはならない、公共図書館も読書を保証してはいますが、なんといっても充分にない、時間と交通の手段が必要です。義務教育で保証されている学校は子ども達にとっては一番時間もお金もかかりません。
 そして、子どもたちの読書には橋渡しをする人が必要です。しかも、できるだけ自由に橋渡しができる人が。本のことだけ知っているのではなく、子どものことも知っている、子どもの心をなくさないでいる人、おとな、先生が必要です。それがそなわっている人は読書の持っている、自分は自分自身のものだということも知っている。本を読むことがこれからの困難なことの多い生涯をすすんでいくためのものだということを幼いうちにしっかりと知ってほしいと思っています。book

2017年5月 1日 (月)

学校図書館訪問記2017年

book会留府がかかわっている学校図書館への納品はすべて千葉市書店組合をとおしておこなわれます。市書店組合から指定された学校が担当になり、廃業したりする書店があった場合も組合をとおして決められます。毎年5月の展示会からスタート、その前に展示会の持ち方や今年の予算などの話があり、指定校にかわりがないことがわかると私は自分の当番校の訪問をします。千葉市では公立小・中学校に学校図書館指導員=専門職のあつかいはないけれどいわゆる司書が配置されています。週4日、8時間勤務、ただ夏休みなどがあるので、司書によっては少し勤務状態がちがってもいます。(詳しくは千葉市の教育委員会で)問題なのは中学校は1校4日なのですが、小学校は大規模校は1校4日ですが、大部分は2校2日担当になります。つまり1週間のうち2日だけ司書がいることになります。今年は指導員の大移動があり、私もはじめてという方ばかりでした。会留府にとってはそのほか肝心の図書主任の先生にお会いすることが必要なのですが、ここ近年ほとんど忙しいと先生に会うことはありません。連休の前後はどの学校も遠足や家庭訪問があって、その他会議などでお会いできません。本屋によっては挨拶回りなどしないところもあり、それは以後の納品のときなどに・・・ということになるようです。前もって指導員が学校にいらっしゃる時の確認とお約束をとって私は動き出します。ともかく年々余裕がない学校のようすを見るにつけて、残念ながらこのシステムが良いとおもわれません。専科のようなかたちで司書を先生と同じように配置してほしいと毎年思います。  ーつづくー

2017年4月28日 (金)

ふたばからのおたより -4月―

  (の)さんの記事を楽しみにしてくださっている皆様、3月がPCの故障でお休みしてしまいました。すみません。今日お届けするのは4月号です。      

          でっかいでっかい こいのぼり

 来週ゴールデンウィークの真っただ中、そごうデパート地下通路で里親制度啓発のパネル展示をさせていただけることになった。この地下通路を利用しての展示は今回で3回目、本当にたくさんの方々に見ていただいている。今回はゴールデンウィークということもあり、少し趣向を変えて、でっかいでっかい『こいのぼり』を張り出すことにした。
 ブルーの模造紙を繋ぎ合わせ、ウロコには里親家庭の子どもたちに描いてもらった絵を並べる。千葉市内の里親家庭だけでは足りなくて、県内全体に声をかけた。銚子からも絵が届く。大原からも君津からも印西からも届く。丸にちょこんと目がついて手足が生えたような小さな子の絵もあれば、小学生の力作もある。中学生くらいになると漫画タッチになってくる。ふとした思いつきでの企画だったが、こうして絵が集まってくると、ちょっと楽しみ。どんな『こいのぼり』になるかな。
 今度の29日に張り付け作業をする。集めた絵をラミネートして張り付ける。『こいのぼり』には、おっきな目玉をつけなきゃ。尾っぽは、どんな感じにしたら勢いがでるかな?若葉区のあるプレーパークを借り切って、都合のつく里親家庭にも来ていただいてワイワイガヤガヤ作業する予定、ほんとに、ちょっとドキドキする。
 里親制度というと堅苦しく聞こえるが、でも、実際に関わっていて強く感じるのは、さまざまな家族との出会いや子どもたちとの出会い、自分とは違う素敵な人生との出会い・・、そんなことが仕事を続けさせる力になってきたように感じる。子どもの家庭養育を優先させようと謳っていながら、今の日本の里親制度は中途半端で不充分なものだと痛感する。それでも、不充分な制度の中で子どもたちを育てながら、どうしたら変わっていけるのか、制度として熟していけるのかにまで目を向けて動いている大人たちがいる。そうした家庭で育っていく子どもたちもいる。

********************************************************************************* 
ゴールデンウィークの1日、是非、でっかいでっかい『こいのぼり』を見にきてください。
そごうデパート地下通路でのパネル展示は
5月2日(火)~8日(月)。最終日は午後
4時までです。
写真は、昨年のそごうでの展示風景。      (の)
                
Img_30591


2017年3月 5日 (日)

キャスターという仕事

Photo
「キャスターという仕事」
国谷裕子
岩波新書

いま話題の「キャスターという仕事」を読んだ。NHKの<クローズアップ現代>のキャスターを23年間つづけてきて、2016年に降りた国谷裕子さんの著書だ。「クローズアップ現代」父と暮らしていた時には毎日見ていた。父が亡くなった後思う事があって、というか毎日を本中心の生活にしたくてTVは無くしてしまった。私はどちらかというとテレビは嫌いでない。ドキュメントのようなものが中心だけれど、好きなもののひとつだ。ぼんやりとテレビを見続けてしまうおそれが多くて、すっぱりとなくしてしまった。
 23年もの間、あの緊張した生活ができる著者はほんとに強い人だと、番組を見ていた時に感じたこと、大変な努力をしていることを改めて知った。そして、文中次の言葉を知って、言葉で表現し新しいものをつくりだしていくことの大切さを改めて考えた。あとがきにこんなことが書かれている。
<インターネットで情報を得る人びとがふえているが、感情的に共感しやすいものだけに接する傾向が見られ、結果として異なる意見を幅広く知る機会が失われている。そして、異質なものに触れる機会が減ることで、全体を俯瞰したり物事の後に隠されている事実にきづきにくく、また社会の分断が進みやすくなってもいる。あとがきより>そして、<言葉の力を信じて>・・・私も肝に命じたい。

2017年2月24日 (金)

さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・

Photo
「さてさて、きょうのおはなしは」
日本と世界のむかしばなし
瀬田貞二 再話・訳
野見山響子・画
福音館書店 本体1100円


40年から昔、会留府が開店した時のこと、子どもの本の店である以上は「おはなし会」をしなければとの意見があった。いまこそ図書館などで「おはなし会」をするけれど、その頃児童書部門をサービスしている公共図書館も少なかったし、まして語る人も少なかった。千葉市では会留府が開店すると同じ位の時期に地域や家庭に文庫がひろがった。今までいた所で文庫活動等をしていた人たちが、引越してきてあまりにも本屋も図書館もなくびっくり?して自分たちの手で作りはじめた。そのなかで子どもたちにお話を語る事が必要と感じ勉強しはじめた。お客さんがそうなれば、当然会留府でも勉強会やおはなし会をもたなければと、いろいろな人に聞きながら活動をはじめた。今からはびっくりするくらい子どもたちが集まった。子どもたちに背中をおされるようにあちらこちらで勉強会がもたれおはなし会が開かれた。会留府ではおはなしの活動ははじめから夫の担当になっていた。それは夫のほうが私よりはるかに熱心だったし楽しそうにできたからだ。
 じつをいうと私はいわゆる昔話などをほとんど聞いていないまま育った。新潟のある城下町に育った私は、しかも祖父母と一緒に暮らしていたこともあったのに、わたしの育った家庭は昔話を聞くと言う環境になかった。父も祖父もひとりっこ、おまけに父は5歳位までいまの朝鮮の平壌で育っている。(父は瀬田さんと同い年、生きていれば100歳だ)母は大きなお寺の娘だったが父親は漱石の門下生、母親は結婚前は数学の教師だったとか。一家をあげて本を読む家庭だった(強制された事はない)地方の公務員の一家、つまりあまり地域との繋がりがない家庭だった。もちろん育った時代もあって、私が幼かった頃は絵本もほとんどなかった。街には藩の学問所がそのまま図書館になっていたけれど、子どもが出入りするような図書館ではない。わずかに祖母が伝説のような話をしてくれたのを覚えている。
 それにくらべて祖父母もいない親子だけの家庭だった夫は早くに父親が病気で仕事ができない、母親がひたすら働いていた家庭だったので地域の人や親戚とのつながりが強い。お話の世界はすんなりと彼の中にはいってきていた。ネコを相手にお酒を飲みながらよくお話を覚えていた。私たちの世代はテキストでお話を覚えてそれを自分のなかで語るようにしていく。彼がそのテキストに選んでいたのは瀬田貞二のものが多かった。覚えやすくて語りやすいといっていた。
 おはこだった「おんちょろちょろ」からはじまるこの本を手にしながら、覚えていた時のようすを思い出しながら本を開いてみた。日本のむかしばなし18話、世界のむかしばなし10話がはいっている。従来出版されていた本と重複しているお話が多いけれど、こぶりの装丁は手になじむので自分で読むのにも向いている。先日1年生の子どもが自分で読むといって買っていった。挿絵があまりないけれどひらがながたくさんなので大丈夫読めるといっていた。いっしょに来てお金を払ったお父さんが読んでやりたいと言っていたのが私はうれしかった。
 もし、幼い時に昔話をたくさん聞いて育っていたら、どうだったかな?でも、そうでなかったけれど充分本好きになったのは両親のおかげだと感謝している。

2017年2月15日 (水)

学習指導要領改訂案について

 今日の新聞に「学習指導要領改訂案」がのった。なんだか悪い夢をみているようだ。
*「生きる力を育むこと」3つの柱
 1 知識や技能」
 アクティブ・ラーニング プログラミング・カリキュラム・マネージメント
 どれも???(千葉市の公立小、中学校の図書館はまだPCがつかえません。本に貼ってあるバーコード
 は空、入力がされていません。(本屋がお金を一枚いくらとはらって貼ってありますが)
 2 思考力、判断力、表現力
 こんなに授業が盛りだくさんで時間がない子どもたち、教師も教材研究すらできないと悲鳴。そのなかで 思考力や判断力や表現力はつちかわれるのでしょうか?
 3 学びに向う力、人間性
 毎日の新聞紙上はいじめであっちもこっちも日本中、学校は決まったように頭をさげています。
 
 このなかで「生きていく力」が育まれるのでしょうか。今でも帰りが遅い子どもたちは遊ぶ時間がありません。しかも足りない時間は朝の時間とか土曜日を使うとか、こうなると虐待ですね。
 ボランティア等で学校へいっているわたしたち、もっと考えましょう。もっとNOといいましょう。思っている意見を言いましょう!

2017年1月13日 (金)

冬のお話会にどうぞ

    冬のお話会は明日14日(土)2:00〜です。
  お話
  絵本2冊
  ミニ人形劇
  Photo
 今年は「だいくとおにろく」
 演ずる人八木さんの手作りです。
 参加どなたでも
 
 大きな寒気が押し寄せてくるとのことですが、暖かくしておでかけください。


2017年1月 4日 (水)

ブラティスラヴァ世界絵本原画展

  ブラティスラヴァ世界絵本展にいってきました。

0104_top1

0104_top4




もう仕事がはじまっているのだけれど店はまだ開けていないので時間が自由になるうちに行ってきました。まだ、お休みの人がいたり、学校がお休みなので、初日だったけれど子ども連れの人がいました。(丁度市長も来ていたのでメデアがくっついていてにぎやか、宣伝になるのでいいなぁと思っていたら、本当は展覧会というより、新しいシスティムの導入とか。(NHK夜のニュースから)
 この展覧会は2015年がブラティスラヴァ世界絵本展(BIB)が50年になるのを記念してと、第1部では「日本の絵本の歴史50年」の展示があり、私にはおなじみの絵本の原画が並んでいました。こうやって歴史的に並べてみて見ると、経済の発展にともなって絵本の世界がおおきくひろがっていったのに目をみはります。ともかくどの作品もエネルギーがあります。いろいろな試みがなされていて、いま、その中で育った子どもたちが親になっています。どの作品も勢いがあふれています。やはりそれとくらべると現代の作品はずっと内省的になっているように感じました。それは賞をもらった外国からの作品が環境汚染のことなどがテーマになって社会に目をむけているのが感じられていてとても興味深かったです。
 もうひとつやはりいつも思うのですが原画展は文がないので幼い子どもにはすこし無理だと思いますが高学年、中学生等は見て欲しい、絵と向き合うとなんらかのかたちで感性が刺激されるとおもいます。音のない世界で描かれた絵と向き合う、心のなかで言語化して見る、そんなことがあっても良いのではないでしょうか。そして、これは市長さんへーやっぱり学校の図書室なんとかなりませんか。調べ学習も必要だけれどいろいろな人たちの表現で描かれている絵本、もっと子どもたちが目にする機会が欲しいです。絵本は字の読めない子どものためと思っている学校現場、わずかな、しかもきたない絵本が並んでいる図書室からは子どもたちの豊かな感性は育ちません。
この原画展は2月26日まで千葉市美術館で開催されます。

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山