募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

キボウのカケラ

クリック募金

コラム

2017年8月19日 (土)

空襲・戦災を記録する会に参加して

     第47回空襲・震災を記録する会全国連絡会議 千葉大会に参加して

Photo
「千葉空襲誌より」



なんとか店を休みにできたのでこの会に参加した。私は戦争をほとんど知らない世代だ。また、直接的には家族も空襲に会った経験がない。ただ母方の祖母の実家が長岡にあり、私自身もそこに2年近く住んでいたことがあるので、長岡の空襲のことは少し聞いている。それと私は戦後の民主教育を受けた世代で社会科のなかで第2次世界大戦のことは学んできた。だから戦争のことはほとんどが本から得た知識だ。それと、1度だけ広島へいったことがある。(残念ながら通り一遍の原爆跡地の訪問だった。)かなり受け身の捉え方だ。それと高校生の時歴史に興味をもっていろいろの本を読んだ中に、それは当然ながら戦争に関するものがあった。本といえば中学生の時学校の図書館から借りてきた本のなかに「アンネの日記」その頃は「光ほのかに」というタイトルの本、「基地の子」、「夜と霧」があって本に掲載された写真を見ておもわず吐いたり、夜夢にうなされて母に”あなたには早い”と叱られたことがあった。事実はただこうして今は高齢の方たちの証言を聞くと本で知るなどというものではないということを感ずる。けれどすくなくとも思春期の時、やっぱり人の口から言葉にならない言葉を聞くべきだと思った。それはうめきであり死を越えた言葉だからだ。人たちの生きたあかしは発せられ、聞いて、記録されて言葉になる。
 残念ながら会場はほとんどが50代以上、いや70代からの人たちが来ていた。なかには若い世代もちらほらいたけれど。証言にたったのは80代のかたたち。特に大学生位の若い人はほとんど見つけることができない現実。そして、どこの会でもいわれるように<若い人にどうつないでいくか><つづけていくことの財政的な問題>
 いそがなければならない。!!若い人と向き合ってどうやって継承していったらよいのかと膝付きあわせて具体的に話し合うことの必要性をあらためてとても強く思った。

2017年8月17日 (木)

伝えることの難しさ

 
 bud自分としての意識をもちはじめるとそれを他の物、人に伝えたいとおもう。最初は非常に個人的なこと、たとえば、うれしいとかおなかがすいたとか、それを満たしてくれるもの、それは母親であることが多い。人だけでないあらゆる生物におよぶのは、生存という大きな役目を遺伝子上に組み込まれてきているからなのはいうまでもない。親から子へ引き継いでいく。やがてそれはものだけでなく、形のないものをも形にして伝えようとするようになった。形にするということは、残していけるからだ。本は一番簡単な方法であり、だから本・印刷の発明は人類史上画期的なことだった。やがてそれを個人でも所有していくことを考える。そして、固有の歴史として、それをまとめ、だれもが利用できるように考えた。
 bookこんな当たり前に近いことを改めて思うのは、時々本屋としての私は何をしようと思っているのか、また、どんなにがんばっても自分の命は限りがあることを強く意識するようになったからだ。たとえば、戦争はぜったいいやということを、近年できるだけはっきりと態度で示そうと努力していきたいと考える。経営的になりたたないといけない、こうやって厳しい時代になるとあまり自己主張はしないほうが良いと、いままでも何度か注意された。とくにいわゆる世間に批判的なことは差しひかえるから考えた方が良いと、店に「憲法9条を守る会」の看板をかかげたり、社会運動に積極的に参加したり、まして「憲法カフェ」をはじめたり、心配して?注意をしてくれた人がいた。耳をかさないわけではない。
 でも私は伝える方法として本の大切さを思い、自由のおもしろさを思い、本屋を自分のなりわいとして選んだし、これからもそうし続けると思う。そして、そのことを忘れないように8月には再確認することに決めた。ただ、そのことの困難さと、pencilいままでには考えられなかった「電子」化の猛スピードのなかで伝えるということの違う方法も模索状態だということを、これもまた、8月がくるたびにあふれかえる情報のなかで、本が唯一でなくなった時代のことも考えている。戦争は人間性を否定してしまうということを証言できる人たちが次々に彼岸に渡ってしまい、つぎの世代にどう橋渡しをしていくのが良いというより可能なことなのか、差し迫ってきているのを感ずることが多いからである。

2017年8月16日 (水)

8月に

Photo
8月は死者を思う、もちろん広島・長崎・沖縄、そして戦争終結なのに限りない爆撃や病気や栄養失調で亡くなった方たち、今の私を育ててくれた私に繋がる人たちが帰ってくるお盆(東京は7月としても)があって、亡くなった人に呼びかける人たちも多い。私にとっては夏休みがある月なので、少し気分の転換と思う月でもある。けれど近年なんとなくぼんやりとけれど考えこむ月になった。誰にもわからない私自身もわからない、ただ残った日を時を数える年齢になって、今までの自分と私に関わりがあった人たちを静かに思う。そして、やっぱり何をするべきなのかを考える。静かに思うこと。時々私の心のなかに響く爆撃機の音を聞きながら。
 本を読む、ただ歩きまわり、大きな木に会いにいく。それが私の8月だ。


2017年8月 8日 (火)

おおきなきとであったらー広島の木に会いにいくーそして福島

Photo
「おおきなきとであったら」
ちいさなかがくのとも9月号
くさはらかな さく
福音館書店 本体389円
”おおきなきにであったらあいさつしにいこう”作者のコメントには3年前に近所の公園で大きな木に出会ってこの絵本ができたと書かれています。私も小さな名もないような草花も好きですが、大きな木はなんといっても大好きです。この絵本の女の子のようにぐるっと探険してみるとたくさんのことがわかります。大きな木はたくさんの生き物を包み、育てます。植物は自らは動くことができない、鳥や虫や人間、風や光をうけて大きくなります。そのかわりに自然界にたくさんのものを返してくれます。形になるものだけでなく、匂いや静かさ、安らぎまでこの絵本の女の子のようにさわって、できたら木に体をあずけてみようとおもいます。
 私はできたら行きたいこころがあります。それは「広島」、広島の被爆樹木に会いにいきたいと願っています。
Photo_2
「広島の木に会いにいく」
石田優子
偕成社 本体1800円


作者はドキュメンタリー作家「被爆樹木」というのは広島でいまも生きている原爆を耐えた木のことで広島市が認定する50カ所以上に170本ほどあるとのこと(あとがきから)、ゆっくり木を見て観察したり語りあったりしてほしいと書いています。被爆樹木をとおして当時のことを聞くことをすすめています。作者がはじめて大学生のときアオギリの木の下で被爆体験を語ってくれた沼田鈴子さん、そしてそれからドキュメントリー作家になって「はだしのゲン」を映画にしたときの中沢啓治さん、そして被爆樹木の前にたった時に感じた何かをわかりたいと教えを請った樹木医の堀口力さん、そして訪ね歩いた樹々と人びとのこと、それは広島だけでなく、ベトナム戦争のこと、パレスチナのこと、福島の原発事故のこと、樹々の声を聞いてきたことが記録されています。たくさんの樹々のイラストや、原爆ドームを中心に14カ所のマップ、そして資料がついています。広島の場合樹々が火災をくいとめてくれたけれど、放射能物資を吸収した樹々は生き物を抱えて育てるだけでなく、その生き物が取り込んだ放射能物資セシウムを樹々が私たちを守ってくれるわけにはいかないこと(文中P204)をもっと考える必要があると思います。被爆国の日本がすべきことなのではないかとおもいます。
「緑」の伝言プロジェクトのサイトをあけてみてください。

2017年7月19日 (水)

よい子への道

  おかべりかさん亡くなる
Photo

2
「よい子への道」
「よい子への道2」
福音館書店刊


最近時々新聞の死亡欄に目をとおすようになった。それは時々児童文学に関係のある人の告知があるからだ。80歳代の人が多いのはいたしかたがないことかもしれない。今朝もなにげなく見ていて驚いてしまった。
 <おかべりかさん>私はここしばらく読み返すことがなかったが本だったけれど「よい子への道」はいつでもぽつぽつと売れて行く。学校図書館では新刊がでることもあって「おばけやさんシリーズ」の注文がある。66歳8日に亡くなられたとのこと。
 この本は前にでていた「おおきなポケット(通称おおポケ)・月刊誌福音館書店刊」に連載されていたものを加筆されて書籍化された。はじめて読んだ時、もちろん福音館書店からこんな本が出たとちょっとビックリしたものだ。
良い本路線の福音館から、漫画本、もちろん絵本の形態はとっていたものの子どものもっている多様性、感覚を描いている楽しい本、時々読みながらどきっとする本、驚きながらもうれしかった。でもちょっと思ってみると漫画家で絵本を描いている人は多い。彼らはおとなになっても子どもの物の感じ方を忘れないでもちつづけている。また、ひとり亡くなってさびしい。あらためて読み返してみた。
そうだ、仕事からのストレスでめげているあの人にすすめてみよう。

2017年7月 9日 (日)

えるふの棚

Dscf2977_235131
えるふの棚にあたらしいところが増えました。とはいうものの店が広くなったわけではなく、雑誌棚を動かして、ひと棚一般書をいれるところをつくりました。なんで一般書の場所?と思われるかもしれませんが近年会留府のお客様がちょっと変わったと思ったからです。ただし、このことは私が目をとおさない本が入ることになります。店の本は一応私が全部目をとおしてからと40年していたことなのですが、一般書まで目を通してというようにはいきません。
 じつはもうしばく前から言っていたことですが、子どもたちが店に来ることは一時期をのぞいてほとんどありません。それは高校生くらいまで続きます。もともと児童書は読むのは子ども、選ぶ(買う)のはおとなという構造になっていました。それはますます読むのは子ども、買うのはおとな、それもおじいちゃんおばあちゃんが多くなりました。子どもがこなくなった一番の理由は学校の様子に連動して、*学校からの帰りがおそくなった。*塾やお稽古で時間がない。*スマホの影響*交通事故や不審者の事件があって子どもひとりで出かけない、近所といっても近所の子ども達でつるんで遊ぶ場所も時間もいない、本がたかくなったし街の本屋がなくなってきた、図書館に子どもたちでいかれるほど図書館が多くない。それに比べて児童書を読むおとなは多くなりました。良く読むおとなには児童書だけの本屋というのはおまけがないので、ちょっとつまらないかなとまず棚ひとつちょっと違う雰囲気に!!!というのが理由です。
 ご要望・意見をおよせください。


2017年6月27日 (火)

    ふたばからのおたより -6月―

     
            山谷のコーヒー店のこと

 昔、山谷のあるコーヒー店で待ち合わせたことがある。何で読んだのだったか、山谷に暮らす人たちに、本物のコーヒーの味を知ってもらいたいという志で本格的なコーヒー店を開店させた人がいる・・・そんな記事だった。
 たまたま同じ仕事仲間の女性ばかり4、5人集まる機会があったので、わざわざその店で待ち合わせた。店に来る途中の橋のあたりで、男の人たちが喧嘩していた。「わあ、怖かったー」と飛び込んできた友人もいれば、ニコニコと歩いてきた友人もいた。コーヒーを1杯ずつ飲んで、それからどこに行ったのだっけ、覚えてない。調べてみると、その『バッハ』という店は、まだ山谷にあるらしい。
なぜ急に思い出したかというと、先日、野本三吉さんという方のお話を、たまたまある研修で聞いた。野本三吉さんの本は、一時期何冊か続けて図書館から借りて読んだ記憶がある。
横浜寿町の生活館相談員から横浜児童相談所の児童福祉司、後に沖縄に移住された方だが、私が読んだのは児童相談所時代の本が中心だったと思う。お話を伺いながら、何となく山谷で飲んだコーヒーのことを思い出した。
 自立援助ホームで働いていると、それまでの人生では出会わなかった少年たちに、何人も出会った。M君は、ニヤーっと笑うのんびりした男の子で、当時18歳くらいだったろうか。給料日にお金を使い込んで帰ってきた。その頃のアルバイトは、みんな現金払いだった。職員に注意をされると、日頃のM君からは想像できない激しさで、唾を飛ばしながら喰ってかかってきた。
「あんたらはいいよ。大学行って、結婚して、家庭持って。俺たちに何があるんだよ。学校にも行けねえ。結婚だってできねえ。自分で稼いだ金でパチンコして何が悪い!」
そこまで言ってバツが悪くなったか「なあんちゃって・・・」とニヤリと笑ってごまかしたと思う。それがM君の表現だったから。そのうちM君もホームを出て、日雇い労働者になった。たまに、お金を借りに来て、たまに返しに来た。いつもニヤーっと笑ってた。どんなおっちゃんになったろうか。

P1010126
P1010130




写真は、そのコーヒー店のマッチ。確かとってあったはずだと探したら出てきました。気にいった喫茶店のマッチ箱を大事に集めていた時代もありました。  (の)

2017年5月24日 (水)

ふたばからのおたより -5月―

          
           出会うことの不思議

Photo

 先月のブログで書かせていただいた、5月連休のそごうデパートでの展示を無事終えることができた。多くの方々に足を止めていただき、本当に感謝している。(見てください!!添付の写真、展示の目玉だったでっかい鯉のぼりです。)ウロコにするからと里親家庭やファミリーホームにお願いしてまわった子ども達の絵は、全部で52枚も集まった。おかげで、「見てきました・・」という声もずい分聞いた。鯉のぼりは予定通り、4月の末に若葉区のプレーパークで、みんなでワイワイ作った。たくさんの方の手を借りて作り上げてきた今回の展示は、妙にあったかく充実した思いが残る。
 前回のブログでは触れられなかったが、4月11日に会留府のお店を借りての小さな映画会も、少人数の温かい会だった。とんでもない雨の夜で、そんな中参加してくださった皆さまに心から感謝している。(こんなに遅いお礼で、ごめんなさい)ある大阪の里親家庭の1年を丁寧に追いかけたDVDを見ていただいたのだが、そのあと輪になって、いろいろなお話ができた。一人ひとりの皆さんの社会的養護との出会いとか、里親制度への素朴な疑問とか、いつまでも話が尽きず、時間も大幅にオーバーしてしまった。こんな小さな会を今年度はたくさん開いていきたいと心から思った。本当にありがとうございました。その上、この映画会を通じて素敵な出会いがあった。一つ目は、映画会に参加してくださった方々との縁で、川戸町の児童養護施設で念願のおはなし会が開催されることになったこと。二つ目は、映画会で初めて出会った若い素敵な女の子にお願いして、ある里親家庭に学習ボランティアとして関わっていただけるようになったこと。とても小さな映画会だったが、それを通して輪が広がっていくようで、ちょっと嬉しい。
 ちょうど1年くらい前に、別の里親家庭に学習ボランティアとして、近くの大学のサークルを紹介することができた。その里親さんの最近の言葉 ―学ボラさんとの関わりを通じて、子ども達はホント色々ななことに興味を持つようになりました。大げさでなく、子ども達の世界が広がっていくのを感じます。そして、共に成長を見守り、喜んでくださる方がいるというのは、ワタシ達里親にとっても嬉しいことですー 
 人と人との出会いはささやかだけど、でもどこか不思議で、とても素敵だな、そんなことを感じる今年の春である。       
             (の)

2017年5月23日 (火)

ウォルター・クレインの本の仕事 展覧会に行ってきました

Photo
「ウォルター・クレインの本の仕事」
ー絵本はここからはじまったー
千葉市美術館にて
5月28日まで


 また終わり間近になってしまいましたが展覧会に行ってきました。「ウォルター・クレイン展」絵をみると”あぁこの絵”と見たことがあると思われるかもしれません。ウォルター・クレインは1845年生まれ、19世紀後半イギリスで活躍した人です。職業はといわれると画家・デザイナー・本の装丁家、編集者などなどと活躍した人です。
 じつをいうと、私はちょっと苦手な絵が多いのです。(文化出版局が出ていた「ハメルンの笛吹き」は好きであのお話の不思議さが良く描かれていますが。)どこがにがてかというと1ページにしっかり描かれている装飾的な絵がちょっと息苦しく感じます。ところがずっと年代順に見ていくと絵本のシリーズでは線も色もはっきりとしていて絵からお話を感ずることができます。グリム童話をはじめとしてたくさんの昔話を絵本にしています。また、影響が大きいコールデコットの絵本は柔らかなセピア色、子どもと平和を理想化していて、クレインの絵本づくりが古典絵本のもとになっていることが良くわかります。
 それと、人も背景も日本の風土とはまるっきりちがうのに、絵に描かれている人たちの衣装や風俗があれ!と思うほど似ているところがあります。特に今の日本の服装などに似ているところが感じられて興味深かった。浮世絵のことで6ペンスシリーズの「靴の留金とめて」の絵の中の壁には浮世絵がかかっているのを発見しました。
 ちょっと時間がなかったので最後は駆け足になってしまい残念でした。28日(日)まで開いています。千葉市美術館
 

2017年5月 3日 (水)

学校図書館訪問記2017年その2

book昨日は小学校へ行ってきました。距離的にはそんなに遠いわけではないのですが大変交通の不便なところで、車の運転をしなくなった私は電車ーバスー歩いて40分くらい、でも暖かい春風に吹かれながら、水がはられた田や、麦刈りを見ながらの遠足気分でした。図書主任の先生は家庭訪問で不在、指導員の先生は千葉市の仕事ははじめてという方でしたが、説明をしたりご意見をお聞きしたりとちょっと長居をしました。驚かれたのは図書室ではPCは入っているものの、整備されていないので使えないとのことです。本にはバーコードが貼ってあるものの中は空っぽです。他のラベルをはったりなどの図書装備は本屋でします。バーコードを貼るのもその代金も本屋もちです。使えないバーコードにお金を払うなんてもったいないと組合に幾度となく噛み付いたものの、改善されないままの毎年です。
 それはともかく一番感ずるのは子どもたちの読書環境に差がありそれは年々開くように思います。私は学校図書館が生涯の読書に一番かかわりがあると思っています。本を読むのにはある程度の知識のスタート状況が必要です。最低の日本語の力が必要でそれを学ぶのは学校です。それと読書の力は日常の行為のなかから生まれると思っているので、簡単に本が手に届かなくてはならない、公共図書館も読書を保証してはいますが、なんといっても充分にない、時間と交通の手段が必要です。義務教育で保証されている学校は子ども達にとっては一番時間もお金もかかりません。
 そして、子どもたちの読書には橋渡しをする人が必要です。しかも、できるだけ自由に橋渡しができる人が。本のことだけ知っているのではなく、子どものことも知っている、子どもの心をなくさないでいる人、おとな、先生が必要です。それがそなわっている人は読書の持っている、自分は自分自身のものだということも知っている。本を読むことがこれからの困難なことの多い生涯をすすんでいくためのものだということを幼いうちにしっかりと知ってほしいと思っています。book

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

8月の営業とお休み

  • 8月のお休み
    ご希望の時は前日までご連絡ください。お休みのときでもご希望の時間に合わせることができます      *8月は不定期です/お休み・13日(日)・14日(月)・ 15(火)19(土)/30(水)31(木)は棚卸し    *5日(土)6日(日)20(日)26(土)27(日)は1:00〜6:00         *28日(月)29日(火)は10:30〜6:00                   *その他は夏時間1:00〜7:00               

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
       8月・9月の予定          *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日9月は未定           *ボランティア講座 定例会9月25日(月)10:00〜             *憲法カフェ臨時8月29日(火)ミニ講演会マイナンバーと個人情報(図書利用カードをめぐって)講師白石孝さん 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会9月20日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会9月14日(木)7:00〜読書会          *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会9月8日(金)7:00〜    *絵本の会9月15日(金)7:00〜おとなの絵本の魅力            *羊毛ちくちくの会8月17日(木)10:30〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

できることから

無料ブログはココログ