これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

コラム

2017年4月28日 (金)

ふたばからのおたより -4月―

  (の)さんの記事を楽しみにしてくださっている皆様、3月がPCの故障でお休みしてしまいました。すみません。今日お届けするのは4月号です。      

          でっかいでっかい こいのぼり

 来週ゴールデンウィークの真っただ中、そごうデパート地下通路で里親制度啓発のパネル展示をさせていただけることになった。この地下通路を利用しての展示は今回で3回目、本当にたくさんの方々に見ていただいている。今回はゴールデンウィークということもあり、少し趣向を変えて、でっかいでっかい『こいのぼり』を張り出すことにした。
 ブルーの模造紙を繋ぎ合わせ、ウロコには里親家庭の子どもたちに描いてもらった絵を並べる。千葉市内の里親家庭だけでは足りなくて、県内全体に声をかけた。銚子からも絵が届く。大原からも君津からも印西からも届く。丸にちょこんと目がついて手足が生えたような小さな子の絵もあれば、小学生の力作もある。中学生くらいになると漫画タッチになってくる。ふとした思いつきでの企画だったが、こうして絵が集まってくると、ちょっと楽しみ。どんな『こいのぼり』になるかな。
 今度の29日に張り付け作業をする。集めた絵をラミネートして張り付ける。『こいのぼり』には、おっきな目玉をつけなきゃ。尾っぽは、どんな感じにしたら勢いがでるかな?若葉区のあるプレーパークを借り切って、都合のつく里親家庭にも来ていただいてワイワイガヤガヤ作業する予定、ほんとに、ちょっとドキドキする。
 里親制度というと堅苦しく聞こえるが、でも、実際に関わっていて強く感じるのは、さまざまな家族との出会いや子どもたちとの出会い、自分とは違う素敵な人生との出会い・・、そんなことが仕事を続けさせる力になってきたように感じる。子どもの家庭養育を優先させようと謳っていながら、今の日本の里親制度は中途半端で不充分なものだと痛感する。それでも、不充分な制度の中で子どもたちを育てながら、どうしたら変わっていけるのか、制度として熟していけるのかにまで目を向けて動いている大人たちがいる。そうした家庭で育っていく子どもたちもいる。

********************************************************************************* 
ゴールデンウィークの1日、是非、でっかいでっかい『こいのぼり』を見にきてください。
そごうデパート地下通路でのパネル展示は
5月2日(火)~8日(月)。最終日は午後
4時までです。
写真は、昨年のそごうでの展示風景。      (の)
                
Img_30591


2017年3月 5日 (日)

キャスターという仕事

Photo
「キャスターという仕事」
国谷裕子
岩波新書

いま話題の「キャスターという仕事」を読んだ。NHKの<クローズアップ現代>のキャスターを23年間つづけてきて、2016年に降りた国谷裕子さんの著書だ。「クローズアップ現代」父と暮らしていた時には毎日見ていた。父が亡くなった後思う事があって、というか毎日を本中心の生活にしたくてTVは無くしてしまった。私はどちらかというとテレビは嫌いでない。ドキュメントのようなものが中心だけれど、好きなもののひとつだ。ぼんやりとテレビを見続けてしまうおそれが多くて、すっぱりとなくしてしまった。
 23年もの間、あの緊張した生活ができる著者はほんとに強い人だと、番組を見ていた時に感じたこと、大変な努力をしていることを改めて知った。そして、文中次の言葉を知って、言葉で表現し新しいものをつくりだしていくことの大切さを改めて考えた。あとがきにこんなことが書かれている。
<インターネットで情報を得る人びとがふえているが、感情的に共感しやすいものだけに接する傾向が見られ、結果として異なる意見を幅広く知る機会が失われている。そして、異質なものに触れる機会が減ることで、全体を俯瞰したり物事の後に隠されている事実にきづきにくく、また社会の分断が進みやすくなってもいる。あとがきより>そして、<言葉の力を信じて>・・・私も肝に命じたい。

2017年2月24日 (金)

さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・

Photo
「さてさて、きょうのおはなしは」
日本と世界のむかしばなし
瀬田貞二 再話・訳
野見山響子・画
福音館書店 本体1100円


40年から昔、会留府が開店した時のこと、子どもの本の店である以上は「おはなし会」をしなければとの意見があった。いまこそ図書館などで「おはなし会」をするけれど、その頃児童書部門をサービスしている公共図書館も少なかったし、まして語る人も少なかった。千葉市では会留府が開店すると同じ位の時期に地域や家庭に文庫がひろがった。今までいた所で文庫活動等をしていた人たちが、引越してきてあまりにも本屋も図書館もなくびっくり?して自分たちの手で作りはじめた。そのなかで子どもたちにお話を語る事が必要と感じ勉強しはじめた。お客さんがそうなれば、当然会留府でも勉強会やおはなし会をもたなければと、いろいろな人に聞きながら活動をはじめた。今からはびっくりするくらい子どもたちが集まった。子どもたちに背中をおされるようにあちらこちらで勉強会がもたれおはなし会が開かれた。会留府ではおはなしの活動ははじめから夫の担当になっていた。それは夫のほうが私よりはるかに熱心だったし楽しそうにできたからだ。
 じつをいうと私はいわゆる昔話などをほとんど聞いていないまま育った。新潟のある城下町に育った私は、しかも祖父母と一緒に暮らしていたこともあったのに、わたしの育った家庭は昔話を聞くと言う環境になかった。父も祖父もひとりっこ、おまけに父は5歳位までいまの朝鮮の平壌で育っている。(父は瀬田さんと同い年、生きていれば100歳だ)母は大きなお寺の娘だったが父親は漱石の門下生、母親は結婚前は数学の教師だったとか。一家をあげて本を読む家庭だった(強制された事はない)地方の公務員の一家、つまりあまり地域との繋がりがない家庭だった。もちろん育った時代もあって、私が幼かった頃は絵本もほとんどなかった。街には藩の学問所がそのまま図書館になっていたけれど、子どもが出入りするような図書館ではない。わずかに祖母が伝説のような話をしてくれたのを覚えている。
 それにくらべて祖父母もいない親子だけの家庭だった夫は早くに父親が病気で仕事ができない、母親がひたすら働いていた家庭だったので地域の人や親戚とのつながりが強い。お話の世界はすんなりと彼の中にはいってきていた。ネコを相手にお酒を飲みながらよくお話を覚えていた。私たちの世代はテキストでお話を覚えてそれを自分のなかで語るようにしていく。彼がそのテキストに選んでいたのは瀬田貞二のものが多かった。覚えやすくて語りやすいといっていた。
 おはこだった「おんちょろちょろ」からはじまるこの本を手にしながら、覚えていた時のようすを思い出しながら本を開いてみた。日本のむかしばなし18話、世界のむかしばなし10話がはいっている。従来出版されていた本と重複しているお話が多いけれど、こぶりの装丁は手になじむので自分で読むのにも向いている。先日1年生の子どもが自分で読むといって買っていった。挿絵があまりないけれどひらがながたくさんなので大丈夫読めるといっていた。いっしょに来てお金を払ったお父さんが読んでやりたいと言っていたのが私はうれしかった。
 もし、幼い時に昔話をたくさん聞いて育っていたら、どうだったかな?でも、そうでなかったけれど充分本好きになったのは両親のおかげだと感謝している。

2017年2月15日 (水)

学習指導要領改訂案について

 今日の新聞に「学習指導要領改訂案」がのった。なんだか悪い夢をみているようだ。
*「生きる力を育むこと」3つの柱
 1 知識や技能」
 アクティブ・ラーニング プログラミング・カリキュラム・マネージメント
 どれも???(千葉市の公立小、中学校の図書館はまだPCがつかえません。本に貼ってあるバーコード
 は空、入力がされていません。(本屋がお金を一枚いくらとはらって貼ってありますが)
 2 思考力、判断力、表現力
 こんなに授業が盛りだくさんで時間がない子どもたち、教師も教材研究すらできないと悲鳴。そのなかで 思考力や判断力や表現力はつちかわれるのでしょうか?
 3 学びに向う力、人間性
 毎日の新聞紙上はいじめであっちもこっちも日本中、学校は決まったように頭をさげています。
 
 このなかで「生きていく力」が育まれるのでしょうか。今でも帰りが遅い子どもたちは遊ぶ時間がありません。しかも足りない時間は朝の時間とか土曜日を使うとか、こうなると虐待ですね。
 ボランティア等で学校へいっているわたしたち、もっと考えましょう。もっとNOといいましょう。思っている意見を言いましょう!

2017年1月13日 (金)

冬のお話会にどうぞ

    冬のお話会は明日14日(土)2:00〜です。
  お話
  絵本2冊
  ミニ人形劇
  Photo
 今年は「だいくとおにろく」
 演ずる人八木さんの手作りです。
 参加どなたでも
 
 大きな寒気が押し寄せてくるとのことですが、暖かくしておでかけください。


2017年1月 4日 (水)

ブラティスラヴァ世界絵本原画展

  ブラティスラヴァ世界絵本展にいってきました。

0104_top1

0104_top4




もう仕事がはじまっているのだけれど店はまだ開けていないので時間が自由になるうちに行ってきました。まだ、お休みの人がいたり、学校がお休みなので、初日だったけれど子ども連れの人がいました。(丁度市長も来ていたのでメデアがくっついていてにぎやか、宣伝になるのでいいなぁと思っていたら、本当は展覧会というより、新しいシスティムの導入とか。(NHK夜のニュースから)
 この展覧会は2015年がブラティスラヴァ世界絵本展(BIB)が50年になるのを記念してと、第1部では「日本の絵本の歴史50年」の展示があり、私にはおなじみの絵本の原画が並んでいました。こうやって歴史的に並べてみて見ると、経済の発展にともなって絵本の世界がおおきくひろがっていったのに目をみはります。ともかくどの作品もエネルギーがあります。いろいろな試みがなされていて、いま、その中で育った子どもたちが親になっています。どの作品も勢いがあふれています。やはりそれとくらべると現代の作品はずっと内省的になっているように感じました。それは賞をもらった外国からの作品が環境汚染のことなどがテーマになって社会に目をむけているのが感じられていてとても興味深かったです。
 もうひとつやはりいつも思うのですが原画展は文がないので幼い子どもにはすこし無理だと思いますが高学年、中学生等は見て欲しい、絵と向き合うとなんらかのかたちで感性が刺激されるとおもいます。音のない世界で描かれた絵と向き合う、心のなかで言語化して見る、そんなことがあっても良いのではないでしょうか。そして、これは市長さんへーやっぱり学校の図書室なんとかなりませんか。調べ学習も必要だけれどいろいろな人たちの表現で描かれている絵本、もっと子どもたちが目にする機会が欲しいです。絵本は字の読めない子どものためと思っている学校現場、わずかな、しかもきたない絵本が並んでいる図書室からは子どもたちの豊かな感性は育ちません。
この原画展は2月26日まで千葉市美術館で開催されます。

2017年1月 1日 (日)

2017年スタートしました

  
   会留府は小さな毎日を大切に
       小さな思いを大切に
       小さな願いを大切に
    争いで子どもたちが
        傷つくことのない年になりますように。

2016年12月29日 (木)

ふたばからのおたより ―12月―

     

             深夜の映画

 お餅つきを手伝いに来てくれた卒園生が、ポソッと言った。この頃はあまり、年末だ、新年だっていう気がしないんだよね・・・。介護職について3年、正月休みなんて特にないよ、とニコニコしながら付け足した。介護の仕事にしろ、養護の仕事にしろ、どんな時も変わりない毎日が続いていく。特に、クリスマス会だ餅つきだ、お正月だと大きな行事が続くこの時期は、もう早く過ぎてくれと、つい思ってしまう。
 以前勤めていた自立援助ホームでも年末年始は本当に忙しかった。在籍している子どもたちだけでなく、巣立って行った多くの青年たちの帰ってくる実家でもあったため、『お正月の家』の準備に夜中まで動き回った。大晦日の深夜、アパートへの帰り道、暗闇に光る自動販売機を見て「ああ、お前もまだ働いているんだなあ」としみじみと親近感を抱くくらい、すり減っていた。
 子どもの頃の正月やクリスマスは、もっと特別な日だったと思う。楽しみというより、新しい時間が始まるというシーンとした空気がとてもとても好きだった。
 正月の思い出の一つに、夜中遅くまで起きて、テレビ映画を見ていたことがある。大みそかの夜、昔はよく明け方近くまで古い映画をやっていた。『天井桟敷の人々』『空中ブランコ』『にんじん』・・・、ディヴィヴィエもフェリーニもジャン=ルイ・バローも正月の明け方に知った。秘めたロマンチストだった父と娘と、話もせず、ただテレビの画面をじいっと見続け、それぞれの胸に感じるものを抱えて、遅く布団に潜り込んだ。
そんな正月から、あまりに遠ざかってしまったな、と今思う。
 今年も一年、何とか無事に終えることができそうだ。耕して種を蒔くようにして始めた仕事も、少しずつだが動き始めている。こうして一年過ごせたことに、本当に感謝している。動き始めた仕事に誠実であれ、と思うほど、来年もまた忙しくなるかもしれないな、という予感もある。
 それでも、心の芯に小さなしんとした種を抱えていたいと思う。どんなに忙しくても心の小さな種は守り続けたいと思う。そして、来年は、もっと映画を見ようっと!!
P1010123_2
写真は、うちの庭のゆず。去年は一つも実をつけなかったのに、今年は小さな実がいっぱいです。年越しそばの隠し味と正月のなますにも使う予定です。   (の)


2016年12月 9日 (金)

えるふサンタのお手伝い中

Dscf29172016


えるふサンタはクリスマスのお楽しみ会の準備中です。その作業でいま大忙しです。えるふサンタがどんな事をしているかというと、まず、店でプレゼントの相談にのっています。そろそろクリスマスプレゼントの本を求めに来店される方が多くなってきました。絵本がほとんどですが、プレゼントするのが自分の家族だけではなく、お友達にとおっしゃる方がおおくなり、大人向きの絵本もたくさん出版されるようになったのでクリスマス関連だけでなくいろいろの絵本から決めていただくことができます。この機会におとなやお年寄りの方達に絵本の楽しさがひろがると良いなぁとおもいます。
 店以外の大イベントは保育所の子どもたちに絵本を贈る事です。だいぶ昔の話、ある小学校の先生から子どもが通っている保育所に絵本を入れて欲しいと頼まれました。保育所の子どもの中には絵本を読んでもらうどころか家庭に1册の絵本もない環境の中にいる子どもの話がでました。クリスマスに子どもたちに絵本を贈りたい、代金は父母会が払う、選書も相談にのって欲しい、そしてできたら一冊ずつ包装してほしいとの話になりました。
 10月になると本の選書をして、画像つきの少し大きめのポスターをつくりそれを見て欲しい本を頼みます。父母会の担当の方はとりまとめて会留府に注文、入って来た絵本を一冊ずつ包み、お名前シールを貼って保育所のお楽しみ会に子どもたちに贈ります。もちろん包装紙は本屋の名前が入っていないもの、なぜならサンタが持って来てくれるからです。子どもは自分だけの本が欲しい。保育所にずっと行っていると毎年に本をもらって、学校へいくまでにはすくなくと6冊の本があることになります。もちろんそれを読んでもらえたらなおうれしいですが・・・
 そんなわけで、今えるふサンタは大忙し!包装するだけでも時間がかかるので半徹夜の日々が続いています。毎年のたいへんですが嬉しい時です。
 


2016年12月 1日 (木)

今日は会留府のお誕生日です

Photo_3

Photo_4
この二冊の本はほとんど同じものです。イギリスの作家によるこの本は父親から二人の息子にあてた手紙集です。父親がサンタクロースになりかわっての手紙、息子たちはそれが父親からのものとわかっていたけれど親子してこのやりとりを充分楽しんでいました。この手紙の作者J・R・R・トールキンは大学の教師でもありました。その本「指輪物語」のとりこになった私が店に会留府という名前をつけました。会留府の字はあて字、ほんとうはホビットという名前をつけたかったのですが、もう使っていた人がいて、作中にでてくるエルフ族をつかいました。夫婦二人で会社をやめて、しかも知り合いのない千葉市に引越して来ていたので何をするかと考えたのが本屋でした。自宅の六畳の一室に書棚をおいて、チラシをまきながら本を売ろうとしていました。とてもそれでは営業なんていうものでもなく、店舗を探すことになり、JR稲毛駅の近くに建てていたプレハブのような10坪ばかりの店で会留府がはじまりました。その頃の千葉は子どもたちがあふれかえっていて、でも本屋も図書館も満足なものがなく、ただエネルギーだけはあったのです。やがて高度成長も限界がきて、私たちも地上げにあい引っ越しして、二転三転ののちいまのところに落ちつきました。その41年前にくらべて子どもが少なくなって、なにか得体の知れない方に社会がむかっているように思います。その思いは私が年とったことなのかもしれませんがなによりも福島の原発事故があるとおもいます。ホビットが自分の欲望と戦いながら指輪を捨てに行く、今の日本はその過程なのではないのか、はたして捨てられるのだろうか、それすら先がわからない時代になって来てしまいました。子どもたちは成長してその頃の子どもが子どもをつれてときどき来てくれます。その子どもたちに、多分原発を作る、使う誘惑はしっかり捨てきらないといけないと、言い続けたいとおもっています。
 トールキンが子どもに聞かせながらつくりあげた壮大な世界、私はいまでも疲れると無力な小さなホビットになってその世界を時々旅をします。トールキンがこの物語を書いたとき<原爆>がつくられました。持っていてはいけない指輪を権力となによりも自分の欲望に逆らいながら捨てにいく旅をしたホビットはおいしいものがすきで、小さな巣穴のような住まいで静かに時には村人たちとおまつりをしているような小人族です。旅の間こんなことではなかったと、村にいれば今頃はお茶の時間とぼやきながにそれでも憑かれたように旅をするわけですが、わたしも相棒をなくしたり病気になったり、どうなるのだろうかと思いながらなんとかここまできました。
 そろそろ自分のしまい時かもしれませんが与えられた命を最後までなんとかホビットらしく歩いていきたいと思います。
 今日は来店いただいた人と本の話をしながらそんなことをおもっていました。

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

連休の会留府

  • 連休のお休みと営業
    *4月29日・30日 10:30〜6:00   *5月1日・2日・3日・4日お休み   *5月5日・6日10:30〜6:00     *5月7日1:30〜6:00

お仲間にどうぞ(4月はすべて終了)

  • ー元気になる集まりいろいろー
                          *グループ学ぼう・話そう  定例会第2月曜日13日1:00〜 講演「認知症と図書館」に参加          *ボランティア講座 定例会27日(月)10:00〜 テーマ「今年のまとめ・非公開               *憲法カフェ 28日(水)15回を終って・4月からの抱負をワイワイと語ろう 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書館員・関係のある人)定例会15日(水)7:00〜読書会・ウェストール作「遠い日の呼び声」「真夜中の電話」   *YAの本を読む会+のんき〜ず(学校図書館司書)定例会9日(木)7:00〜読書会テキスト「星が獣になる季節」                *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会10日(金)7:00〜マイブック(幼い子どもたちへの絵本やわらべ歌)                   *絵本の会17日(金)6:30〜福音館書店元編集者松本徹さんを囲んで いままで送り出してきた本とこれからの本・本作りの現場から                                                                                                           

クリック募金