これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

経済・政治・国際

2015年9月21日 (月)

長崎ものがたり お船が出る日

Photo
「長崎ものがたり お船が出るよ」
小林豊 文・絵
岩波書店 本体1600円




「日本の歴史と風土・船」シリーズ2册目になります。この本の舞台は西のはずれの長崎です。長崎は肥後の国の深江浦といわれた浜に交易のためにつくられた港町との説明が表中表紙に描かれています。裏の中表紙にはその頃16世紀の航海図がでています。主人公海太郎は野母半島に昔海賊だったという船大工の源蔵じいさんに育てられましたが、源蔵じいさんは海太郎が11歳のとき死んでしまいました。形見は小さな像、これをもって長崎の船大工の七兵衛のところへ行くように遺言します。海に流す弔いをした後、海太郎は長崎をめざします。街道を下って行く海太郎の見たようすが描かれています。まさに交易の町です。海太郎は訪ねていった七兵衛親方のもとで修業をすることになりました。そこには森太郎という少年がいて2人は仲良くなり一生懸命働きました。親方に連れて行ってもらった南蛮船、2人はますます海に出ていきたいと思います。2人は「媽祖さま」のお祭りに唐船のハウ船長に船に乗せて欲しいと頼みます。1年経ってハウ船長はガイコツのような幽霊船をひいてきて、七兵衛に直して欲しいといいます。七兵衛は引き受け海太郎も森太郎も働きます。そして、完成いよいよ出航です。もちろん2人も見習い船乗りとして乗船できました。
 海の向こうには知らない国、でも広い世界につながっています。長崎にたくさんの外国人が訪れ、見たこともないもの、知らないことがたくさん入ってきました。その雰囲気が画面いっぱいに描かれています。よく絵を見ていくとその人たちの息づかいや声が聞こえてきそうです。前作で作者は川を渡って来た船が新しい息吹を運んできたようすを描いていました。こんどは海、島国の日本では海や川をとおして異文化が入ってきました。そして、今以上に庶民はそれらを歓迎し、自分たちの生活に取り入れてきました。いまは、インターネットが世界を繋ぎます。しかし、どの時代にしろ海太郎や森太郎のような若者がそれら未来の担い手なのです。
 時代はちがいますが今回の政局を見ていて感じました。その若い人たちを後方で経験の豊かな熟年者が守る、それが戦争のない未来をつくっていくもとなのだと思いました。

2015年1月21日 (水)

イースター島 ちいさくて大きな島

Photo
「イースター島 ちいさくて大きな島」
ーたくさんのふしぎ2月号ー
野村哲也 文写真
福音館書店 本体667円


イースター島のモアイ、いちどは本や写真などで見たことがあるとおもいます。なかには実際に行った事がある人もいると思います。日本から遠い南米、チリにあるイースター島は小豆島とほぼ同じ大きさの島、どちらかというと小さな島ですがそこに1000体ほどのモアイがあるそうです。モアイは今では私たちが写真などでよく見るように立像、遠くを見ているような像ですが実際は倒れていたり埋もれていたりいろいろです。紀元前600年から900年頃に最初にイースター島に渡って来たのはポリネシア人で、先祖を守るために祭壇を造り、紀元1000年頃には台座を造って像を建て、その先祖の姿をかたどったのがモアイ像だといわれています。この本ではそれらの歴史が描かれていますが、やはりそれにしてもどうしてこの文化が亡びてしまったかわかりません。昔、この部族たちの争いがあり放置されたと聞いた事があります。だからこのモアイは海の方を見ているのだろう、なんだか悲しそうな表情をしているなぁと思っていました。日本人は遠い大昔ポリネシア島の方から丸木舟で渡って来たとの話も思い出しました。そのことについて、日本語の成り立ちやいろいろな伝説から研究している人もいます。あとがきによるとこの石組みの技術はインカ帝国と瓜二つだということ、かなり高度の技術があってこの巨大な像が造られたとのことです。また、イースター島には豊かな椰子の林があったのだけれど無くなってしまった、それは人々が愚かに戦いをしていたからというより、ネズミが原因だったとか、まだまだこのモアイの像の不思議はありますが、これから解明されていくことでしょう。ただ、昨日からのニュースにあるように人質の事件、原発の作業員の死亡事件、人間は自分の手で自分の首をしめるようなことをしているのかもしれません。モアイの像は私たちの愚かさを問いかけているのかもしれません。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

連休の会留府

  • 連休のお休みと営業
    *4月29日・30日 10:30〜6:00   *5月1日・2日・3日・4日お休み   *5月5日・6日10:30〜6:00     *5月7日1:30〜6:00

お仲間にどうぞ(4月はすべて終了)

  • ー元気になる集まりいろいろー
                          *グループ学ぼう・話そう  定例会第2月曜日13日1:00〜 講演「認知症と図書館」に参加          *ボランティア講座 定例会27日(月)10:00〜 テーマ「今年のまとめ・非公開               *憲法カフェ 28日(水)15回を終って・4月からの抱負をワイワイと語ろう 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書館員・関係のある人)定例会15日(水)7:00〜読書会・ウェストール作「遠い日の呼び声」「真夜中の電話」   *YAの本を読む会+のんき〜ず(学校図書館司書)定例会9日(木)7:00〜読書会テキスト「星が獣になる季節」                *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会10日(金)7:00〜マイブック(幼い子どもたちへの絵本やわらべ歌)                   *絵本の会17日(金)6:30〜福音館書店元編集者松本徹さんを囲んで いままで送り出してきた本とこれからの本・本作りの現場から                                                                                                           

クリック募金