募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

キボウのカケラ

クリック募金

お知らせ

2017年8月16日 (水)

夏時間がかわりました。

 
  sun 営業時間の変更お知らせ 夏時間は1時〜7時になります。

今年の暑さに夏時間というものをつくってみました。ほんとに暑くて誰もお客様がない、思い切って夕方、帰り際に寄っていただけたらとおもいました。ところがなんとちょっと涼しくなりました。それで3時というのはやめて1時から7時にと変えました。
 変えられたら困るというお客さまもいらっしゃるとおもいます。申しわけありませんが、予定表を変えていただけますようお願いいたします。急なご用命はご連絡ください。

2017年7月17日 (月)

営業時間の変更お知らせ


  営業時間の変更お知らせ 

あまりにも暑いのでこれからの営業時間の変更をいたします。すべて3時から8時までになります。夕涼みがてらお出かけ下さい。
 もし、他の時間にご来店ご希望の方はメール (左上のメールをクリックください)または☎043-227-9192ー留守番電話もありますーまでご連絡ください。よろしくお願いいたします。

2017年5月 1日 (月)

5月は学校図書館訪問からはじまりました。

 
club 例年のはじまりです。しばらく仕事がたまってしまって、連休もなくスタートになりました。担当の学校をまわって仕事を片付けて一日が終わってしまう、でもあわてないことにしました。ちょっとペースが落ちてしまうかもしれませんが、それを良しとします。ただ問題はその場合ただでさえ苦しいところが、ますますになるでしょうがやれるだけと考えることにしました。ここしばらくPCにふりまわされ、というより自分自身はやっぱり無理なことが多すぎる世界なので、やり方を少し違えてみようと思っています。
1日は午前中文庫の読書会にでて、午後からちょっと遠い学校へ行きます。夜そのことを書きたいとおもっています。うれしいことに私の訪問する学校は千葉市の内陸なのでどこも緑がいっぱい(それだけ交通が不便ですが)あの学校はオタマジャクシがいつも見られるのだけれど今年はどうでしょうかclub

2017年4月28日 (金)

ブログ再開ー心配おかけしました。

 突然ブログがとまってしまったので、体調を崩したのではないかと心配をおかけしました。PCが突然壊れてしまい、12年も元気で動いてくれたのだからとやっと納得しました。ただ、止まる少し前に<なりすましメール>があったので、ウィルス?かもとあわてましたが、感染はなくホットしました。新しく買うことはちょっとできなかったのでもう一台のちょっと古いPCを使うことにして、ネットにつなげたのはよかったのですが、メールの方が不都合があってやっと3日ばかり前から普通に動き出しました。私はちょっと疲れてしまいましたが元気に、いまは学校廻りをしています。
 いよいよ学校図書館の仕事がはじまり、担当の学校にご挨拶と今年度の打ち合わせにでかけています。
予算は昨年度より減った、本が値上がりしているので、実質的にはかなり減ったように感じます。このことはまた、あらためて書きたいとおもいます。
 連休のカレンダーを右側にUPしました。どうぞお出かけください。

2017年1月 4日 (水)

冬のおはなし会のご案内

         冬のおはなし会にどうぞ

Photo
「冬のおはなし会」におでかけください。
1月14日(土曜日)1:30〜 会留府で

お話
絵本2冊
ミニ人形劇
どなたでもごいっしょに
(赤ちゃんは抱っこして。ただあまりににぎやかな時はちょっと席をはずしてください)
予約はいりませんが子どもにはプレゼントがありますのでご予約ください。
 会留府の店のなかでは年に2回、夏と冬お話会があります。夏はお話と花火をして遊びます。
 冬は「ミニ人形劇」があり、触れる程身近に楽しむことができます。
 おとなだけの参加でもOKです。どうぞお出かけください。

2016年11月23日 (水)

クリスマスの本が並び始めました

    クリスマスがくるのはやっぱりうれしい!
 
 Dscf29172016_2


2016年11月21日 (月)

2016年のサイン本をどうぞ

 12月1日は会留府の誕生日です。今年1年ご来店いただいていて、サービス利用券をお持ちの方にこの期間のいろいろなイベントのお知らせをお届け致します。
*はじめての方は驚かれると思いますがお年玉つきハガキが配達されます。年賀が消してあるので年賀ハガキではありません。近年はお年玉も当選が少なくなったように感じますが、会留府から届いたハガキはお年玉クジが有効です。また、記念セールが12月1日から4日までありますのでハガキをもってご来店いただいた方には特典サービスがあります。まだ一度もご来店いただいたことがない方にはご来店のおりにご登録ください。特典サービス(ポイント)があります。
*あなたの名前でサイン本のブレゼントはいかがですか?
 今年はxmasはたこうしろうさん。ご指定いただいて相手のお名前をいれたはたさんの本がクリスマスにはお届け致します。お申し込みはメール(このブログ左上のメール送信から、またはお電話043-227-9192ください。お返事いたします)お申し込み締め切り12月4日 お届けは12月18日頃
クリスマス包装いたします。発送もいたします。なおメールは直接会留府へ、facebookなどは利用できません。
Photo
「ことりのゆうびんやさん」
ニコライ・スラトコフ原作
松谷さやか ぶん
はたこうしろう え
福音館書店刊 本体800円
3歳位から

ぼくのうちのポストは木でできています。きつつきがとんできて丸い穴をあけました。そこへセキレイがまるで郵便屋さんのようにいろいろな物を運んできました。そして、ある日ボストにはかわいいプレゼントが入っていました。ことりの誕生を見守った子どもの喜びが描かれています。

Photo_2
「むしとりにいこうよ!」
はたこうしろう

Photo_3
「いそあそびしようよ」
はたこうしろう
奥山英治


ほるぷ出版 本体各1300円
元気な男の子、虫取りに海に出かけます。自然はおもしろい。今度の夏はこの本で探検ばっちり。女の子でもおとなでも自然大好きなみんなが楽しめます。

Photo_4
「ネコのナペレオン・ファミリー」
木坂涼 文
はたこうしろう 絵
福音館書店刊 本体1200円
5歳位から

ネコのナペレオン一家に三つ子が生まれました。ダルタニアン・ダルメシニャン・タルタルソースの三匹です。元気なやんちゃな子ネコたちのお話です。文も絵もしっかりたくさんはいっています。子育ては大変!でもネコのナペレオン一家はとても幸せな家族です。

2016年8月19日 (金)

講演会のお知らせ〜子どもの貧困を考える〜

 
     講演会〜こどもの貧困を考える〜

 会留府ではちいさなグルーブがいくつかあって活動をしています。そのひとつで今年4月から月1回集まって学び合う、テーマを決めて話合うグルーブに「グループ 学ぼう〜話そう」があります。そこが中心になって講演会をもち、できるだけopenにしてひろく呼びかけています。第1回は7月に子育てのテーマで翻訳家の宇野和美さんをおよびしました。第2回の講演会はいま、話題になっている「子どもの貧困」をテーマに弁護士をおよびしてお話をお聞きすることを計画しました。
 メディアでは取り上げられることが多くなりましたものの、まだまだ自分にはあまり関係
がないとおもっていらっしゃる方も多いとは思いますが、経済の低迷と将来の不安もあり、6人にひとりが貧困に苦しんでいるという日本の状態が取りざたされるようになりました。貧困と虐待、教育、自立、外国人との共生等と一見バラバラの問題点がひとつにつながっていることに気がつきます。
第2回の講演会はこの「こどもの貧困」についてー憲法を考える千葉県若手弁護士の会ーから中島順隆さんをおよびしてお話をお聞きする事にしました。中島弁護士はたいへん気さくな活動的な弁護士さんです。いじめ予防授業や子どものシェルターなどの活動にも取り組んでいらっしゃいます。いま!子どものおかれている状況、なぜ子どもたちは憲法で守られなければならないかなどお話をお聞きします。

 日時: 2016年9月17日(土)14:00〜16:00
会場: 千葉市ハーモニープラザ男女共同参画センター2F研修室A2 
    千葉市中央区千葉寺町1208 ℡043-209-8771
 定員: 27名(予約制・資料代1080円)
 申し込み・問い合わせ:こどもの本の広場 会留府 電話 043-227-9192
                        メール このブログ左上メール送信から
 

2016年6月26日 (日)

講演会ーちっちゃいさんが生まれるまで

       講演会「ちっちゃいさんが」生まれるまで
         宇野和美さんー翻訳と子育てとー
         
Jpg

今年度、「グループ学ぼう〜話そう」という会が始まりました。子育てから憲法や介護まで、月1回第2月曜日10時から11時30分まで、こどもの本の広場会留府に集まってみんなでいっぱい話します。その会の第1回講演会の講師に翻訳家の宇野和美さんをお招きし、スペイン語圏の児童文学の紹介(最新作「ちっちゃいさん」イソール作・宇野和美訳・講談社刊)など、また3人の子どもをつれてスペイン留学をされたお話や子ども観の違いなどをお聞きします。

宇野和美さん
スペイン語専攻、出版社勤務後翻訳家。3人の子どもを連れてスペイン留学。在日中南米国籍の子どもたちへの支援活動にも取り組む。
ネット洋書店「ミランフ洋書店」店主
翻訳作品「フォスターさんの郵便配達」エリアセル・カンシーノ作 偕成社
     「ふたりは世界一」     アンドレス・バルバ作  偕成社
     「日ざかり村に戦争がくる  フアン・ファリアス作  福音館書店
     「かぞくのヒミツ」     エイアールディー    他多数

日時:2016年7月16日(土)2:00〜4:00
会場:千葉市ハーモニープラザ男女共同参画センター2F研修A2
    (千葉市中央区千葉寺町1208)
定員:27名(予約制)資料代1080円
申し込み・問い合わせ mail 左上メール送信をクリック 
           
           坂上 090-5432-3070
           阿部 043-227-9192 

2016年6月 1日 (水)

赤羽末吉スケッチ写真 モンゴル・1943年

 赤羽末吉スケッチ写真 モンゴル・1943年

Photo
 ーアカハ大王府ー

1943年といえば戦争のさなかでした。(ちょっと余談ですがこの年アメリカではマリー・ホール・エッツの「もりのなか」が出版されています。)赤羽末吉さんは満州に渡り、満州電信電話株式会社で広報の仕事についていました。同僚に森繁久彌さんがいます。彼はアナウンサー、むろん赤羽さんは絵を描いていた、宣伝ポスターの絵を描いていたそうです。壁画制作のグループにはいり内蒙古(内モンゴル自治区)を取材してスケッチ画と写真を残しています。それは引き揚げの時ひそかに持ち帰り、今回の写真展になりました。名作「スーホの白い馬」の原点になった写真の展覧会です。
 私の店では1980年のアンデルセン賞をもらう前年講演会に来ていただいて、終った後少しお酒を飲みながらいろいろとお話をお聞きしたこと、そのなかにこの時の話があったことを思い出しました。戦争のなかの庶民のしたたかさがわかりびっくりした、それと、赤羽末吉さんは大変な勉強家で絵本ができるまで資料を集める事、本を読む事はもちろんですが、それを時間をかけて自分のなかで発酵させる話、馬の話など赤羽さんの本を読むたびにその時お聞きした話をおもいだします。モンゴルは広い、日本の北の雪国で育った私には想像が難しいところです。
 この写真展は2016.5.31〜6.26
JCII PHOTO SALON で開催されてます。 

 

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

8月の営業とお休み

  • 8月のお休み
    ご希望の時は前日までご連絡ください。お休みのときでもご希望の時間に合わせることができます      *8月は不定期です/お休み・13日(日)・14日(月)・ 15(火)19(土)/30(水)31(木)は棚卸し    *5日(土)6日(日)20(日)26(土)27(日)は1:00〜6:00         *28日(月)29日(火)は10:30〜6:00                   *その他は夏時間1:00〜7:00               

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
       8月・9月の予定          *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日9月は未定           *ボランティア講座 定例会9月25日(月)10:00〜             *憲法カフェ臨時8月29日(火)ミニ講演会マイナンバーと個人情報(図書利用カードをめぐって)講師白石孝さん 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会9月20日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会9月14日(木)7:00〜読書会          *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会9月8日(金)7:00〜    *絵本の会9月15日(金)7:00〜おとなの絵本の魅力            *羊毛ちくちくの会8月17日(木)10:30〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

できることから

無料ブログはココログ