• Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Img_0903
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • 1
  • Photo

« ねこぶたニッキのおつかい | トップページ | あなたの言葉 »

2018年10月12日 (金)

風がはこんだ物語

Photo
「風がはこんだ物語」
ジル・ルイス文
ジョー・ウィーヴァー絵
さくまゆみこ 訳
あすなろ書房 本体1400円
海に船が一艘、船の舳先では音楽がながれてきて、空いっぱいにひろがっています。その音楽は馬のかたちをしています。本全体が藍から紺色に、ページをひらくと街が描かれていますが、もう1ページをめくるとその街は瓦礫の山になっています。少年、13回の冬と14回の夏が巡り、少年の胸の中にはバイオリンのはいったケース、それが少年のもっているすべて、いいえ、少年の心の中には母親や思い出がいっぱいつまっています。少年の名前はラミ、船に乗っているのは二人の子どもをつれた若い夫婦、ふところで震えている犬をつれた老人、一組の兄と弟。”おれたちみんなまだ生きている!”船といってもボートまがいの難破船のような船だ。どこへいくのでしょうか。バイオリンしかもっていないラミになんとかこの夜の海を乗り切れる様に力になるような曲をひいてほしいと頼みます。

    それは、みんなの物語
    それは、自由の歌
    それは、風のような物語  (P24より)

ラミのバイオリンから流れた物語は、私たちが良く知っている「スーホの白い馬」でした。私はもう一度ちがった物語を読みました。バイオリンの奏でるその語りは勇敢な白い馬が理不尽な地主を退治しましたが殺されてしまいます。死んでしまった白い馬は馬頭琴になり人びとに伝わり、世界を旅しながらさまざまにかわっていきます。あるところではバイオリンになったり、あるところではコントラバスになったり、時代がかわっても白い馬は弦楽器の先にあの白い馬をあらわしている形になってあります。それは人びとがあの勇敢なスーホの白い馬を忘れない様にという願いからつけられたのです。
ラミのバイオリンからながれた物語はこの船に乗った人びとを勇気づけましたが、この船がはたして希望の地についたかどうかはわかりません。
 いま、世界にはたくさんの難民が傷つき、心折れ助けを求めています。作者は「難民は困りはてて、助けを求めている地球の仲間」だといっているのではないでしょうか(P79訳者あとがきより)

« ねこぶたニッキのおつかい | トップページ | あなたの言葉 »

児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ねこぶたニッキのおつかい | トップページ | あなたの言葉 »

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <時々募集!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   12月の予定(講座はお休みです) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・*学ぼう語ろうの会 19日1:30〜 読書会「考える子ども」安野光雅・著 誰でも自由に参加できます。お茶を飲みながら。参加費200円  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *ボランティア講座 10:00〜 子どもたちに本を読むボランティアに参加している人 今月のテーマは「いのちについて」絵本を読む+本の紹介 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・*Y・Aの本を読む会 8日(木)7:00〜読書会「パンツプロジェクト/K・クラーク著」参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・  *グループ放課後 21日(水)7:00〜 図書館司書 読書会「アップルソング小手鞠るい・著  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・*絵本の会 16日(金)7:00〜絵本を持ち寄って。「テーマ冬がくる!絵本」誰でも参加  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *憲法カフェ また・また 27日(火)7:00〜 今までをもとにあたらしくスタートです。「憲法草案について」ゲスト千葉県若手弁護士会・稲富弁護士 会費1000円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *羊毛ちくちくの会 15日(木)10:30〜 ウリボウをつくります。参加はだれでも、材料費代有り     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                                                                 

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みと営業時間
    12月30日までお休みはありません。 時々用事で空けることがあるかもしれませんが お休みではありません。 お電話メールで確認歓迎します *営業時間10:30〜6:00 日1:30〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山