• Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Img_0903
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • 1
  • Photo

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月28日 (金)

ふたばからのおたより -9月―

     
          写真展「フォスター」

 今年も10月30日(火)から11月5日(月)の1週間、里親制度啓発のパネル展を千葉市中央区のきぼーるアトリウムにて実施する。特に今年は、このパネル展示に合わせて、写真展「フォスター」も開催する。
 この写真展は、里親家庭、養子縁組家庭、ファミリーホーム(少し大きな里親家庭)の日常をありのままにカメラに収めたもので、全国に協力家庭を募り、里親さんや里子達の意思と共に、児童相談所、生みの親の方々の理解を得て実現することができた。プロジェクトチームを立ち上げたのは、1人の写真家と横浜の子育て支援NPO代表そして大学で家族社会学を研究する学者、という3人の女性。今年の春、東京都板橋区でのイベントを皮切りに全国を巡回中で、千葉県では初めての開催である。
 写し出されているのは、何でもない普通の家族の時間だ。母ちゃんが洗濯物を干している。向かい合ってうどんを食べている。道に寝そべっている。父ちゃんと子どもが炬燵で並んで寝ている・・。写真展に参加したある里親家庭の男の子が言っていた。最初はとても迷った。里親家庭なんだって、広くみんなに知られてしまう・・。何度も家族で話し合って参加することにした。そして今、参加して良かったなと思ってる。僕たちのところみたいな家庭が増えていってほしい、里親さんがもっともっと増えていってほしい。そう願ってるから。
 写真展の開催は、パネル展示期間中の10時から16時まで。が、初日の30日は設置のため13時からで、最終日の11月5日は撤収のため15時までとなっている。近くを通りかかられた時、休日に親子できぼーるに遊びに行くついでに、など、本当に気軽に立ち寄っていただければ、と思う。それぞれの家族が、人が、それぞれの時間を大切に生きている・・、そんなことをふと思う、秋の展示にしたい。

Photo

写真は、庭に咲いたコスモス。コスモスは、とても好きな花で、種から育てました。
隣では写真には入ってませんが、夏の朝顔がまだまだ咲いています。
                               (の) 


2018年9月27日 (木)

お休みしていました

      
       clipしばらぐお休みしていました。
 
 何をしていたかというと決算の作業です。会留府は8月決算なので棚卸しをはじめ、いろいろの作業があります。毎年ながら一番の難関は帳簿の整理です。毎日の記帳はしているのですが、間違いや付け落としがないか1年分チェックして、PCをつかって入力します。後は売掛金や買掛金、毎日の売り上げもまちがいがないか整理します。ともかく数字、数字です。店が終わってからの自宅での作業なので、しかもいつもつかっていないPCなので、ひどくやりにくい、一日にらめっこをしていると腰と首がまわらなく?なります。9月末までに税務署に提出して税金をはらいます。
 それでも良い数字がでれば良いのですが、またしても赤字、来年は消費税の値上げもあることだし、おそらく本屋家業は冷え込むことだとおもいます。仲間の人たちとこの間の集まりの話でした。
 どうやら昨日税理士さんに書類をだして、ひとまず机の上はさっぱり、以前のように本だけになりました。あらためて数字とにらめっこするのは大切なことだと、今年も思いました。これをもとにしてこれからのことを考えなければならないのですが、これも大切なことでしっかり計画をたてなければと、毎年この季節に考えるのですが、だめですね。今年はそんなこと言っていられないので(あべはあべでも安部政権と心中したくありません。)しっかり肝に命じます。
 明日は毎日新聞に本の紹介が載ります。今月は「風」。店は「おいしい本を食べよう」と食べたくなる絵本がたくさんならんでいます。どうぞおでかけください。

2018年9月16日 (日)

ソフィーとちいさなおともだち

Photo
「ソフィーとちいさなおともだち」
パット・ジトロー・ミラー文
アン・ウィルスドルフ絵
二宮由紀子/訳
本体1400円

ある気持ちの良い秋の日、サフィーはファーマーズ・マーケットに両親と行きました。ファーマーズ・マーケットというのは道の駅のようなところです。そこでかわいいカポチャを買いました。ママはそれでピザをつくりたかったのですが、ソフィーはすっかり気に入ったカボチャにハーニスという名前をつけ顔を描いて洋服を着せ、すっかり自分と同じ人間で友だちにしてしまいます。当然ハーニスは日にちがたつと腐ってきます。でもソフィーはかたくなにそれを認めません。ソフィーはハーニスを売っていた所へいって、おじさんに相談します。それには新鮮な空気ときれいないい土があればとおじさんは教えてくれました。ソフィーはそのとおりにします。
 この絵本にでてくる両親はソフィーの気持ちを大切にします。マーケットのおじさんも子どもにわかりやすく何をしなければならないかを教えてくれます。自然のなかの命のサイクル、そして、大切なことを穏やかに教えてくれます。絵はちょっとコミカルで表情豊かに描かれていて理屈でなく楽しい絵本です。


2018年9月14日 (金)

あきのおさんぽいいものいくつ?

Photo
「あきのおさんぽいいものいくつ?」
ちいさなかがくのとも10月号
おおたぐろ まり さく

ようやく少し涼しくなりました。西の方の水害、北の地震、日本列島は大揺れです。それにしても暑かった。やっと冷房を止めることができます。いつもなら、わずかの休みに私は近くの公園に行って、しばらくなんということなくブラブラと歩き、池の鯉にパン屑をやったり、そして、今は貴重になってしまったハンカチの木とヤマボウシの木を見上げて帰ってくるのですが、今年はなかなか行くことができませんでした。暑かったのもあるのですが、ほとんどすこしばかりの休みには家にこもって本を読んでいました。
 この絵本を見て、そうだ!もう秋になるのだと思いました。そういえば、いつもの通勤途中の高校にだってどんぐりがいっぱい落ちています。店のテーブルの上にある小さな入れ物に入っていた蝉のぬけがらを片付けて拾ったどんぐりをいれました。時々店にくる子どもが欲しいといってもっていきます。
 この本には散歩の時に見つけた自然のいいものが数といっしょに描かれています。おりこみふろくによるとこれは「カウンティング・ブック」といって欧米では多くみられているそうです。子どもは何かを見つけることが大好きです。そして、その数を数える、名前を知る、子どもたちの好奇心から本を楽しむことができます。この絵本では自然のなかのもの1〜10までが描かれています。かならずしもこの本に描かれているものを身の回りから見つけることができないとしても、ぜひ散歩をしながらみんなで楽しんだらいいなぁと思います。そんなふうに自然と遊びたいと思います。


2018年9月10日 (月)

宇野和美さんの話を聞く

 今年の夏の暑さを予見していたわけではないけれど、8月・9月のボランティア講座や学ぼう語ろうの会の定例会はちょっと趣向を変えての勉強会を計画しました。9月の定例会の今日は主にスペイン語圏の翻訳をされている宇野和美さんのお話を聞きました。会場は会留府、参加は13名の小さな会です。大学の授業もあるお忙しいなかにおいでいただいたのですが、今日は猛暑も姿も見せず有意義な会になりました。
Photo

宇野さんはスペイン圏の本をたくさん訳していらっしゃいます。そのなかで「マルコとパパ」(グスティ作・偕成社刊)という本が出版された時、私の目をひきました。この本はダウン症の息子とパパの毎日の様子が本になっています。パパはイラストレーターなのでマルコのたくさんの絵といっしょにパパの気持ちが絵で描かれています。生まれた時、マルコのすることにどうしてなのか?!とパパは思います。それは特に日本で出版されている絵本とちょっと違っています。そして、いわゆる子ども観の違い、一口にハンディのある子ども、かわいそうな存在、またありのままに受け入れると簡単にまとめられがちなことに私はいつも違和感をもちます。
 これらの出版されている本について、主に描かれた子どもの背景もふくめてのお話でした。話は今の時代のなかの本の役割にも話がおよびました。宇野さん自身の子育てのなかから得られたお話でした。(子連れ留学や子どもの学校との積極的にかかわってきたお話などたくさんのことをお聞きしました。)
 子どもたちと本にかかわることを積極的にしている勉強会の人たちに、いろいろの観点から勉強することを私自身も含めて必要なことだと思っています。ただ絵本を読む、お話を上手に語るだけでなく、もっとひろく私たちは子どもたちと向き合わなければならないとあらためて思いました。

2018年9月 8日 (土)

わたしといろんなねこ

Photo
「わたしといろんなねこ」
おくはらゆめ
あかね書房 本体1200円

あやは小学3年生です。両親とも働いているので家に帰ってきてもだれもいません。そして、ある日仲良しのアッキーが好きなアイドルの話を聞かないで、悪口まで言ってアッキーを怒らせてしまいました。学校の時も家に帰っても話を聞いてくれる人がいなくなってしまったあやは寂しくなってしまいました。ある日新しい子どもとマンションや公園で行き会います。名前はさくらちゃん。でも仲良しになれるかなと私が話しかけようとする間もなくさくらちゃんはさっといなくなってしまいました。ある日やっぱりアッキーと仲良くできなくて一人ぽっちで家に帰ってくると大きな猫が部屋にいました。次の日からひとりぼっちのあやの前に次からつぎへといろいろな猫が訪れます。すっかり気持ちの沈んでしまっているあやの前にさくらちゃんが来て意外なことを言いました。
 自分のことばかり言っては友だちにはなれない。相手の気持ちも大切にしなければ友だちはできない。今は亡くなってしまった祖父母との思い出と、あやの心を表現しているたくさんのいろんな猫との交歓のなかにあやは少しおとなになっていきます。ページの色をかえたり、カバーをとってみるとそこにもあやの猫が描かれています。作者はじめての童話です。

2018年9月 5日 (水)

ぴんくさんとかぼちゃ

Photo
「ぴんくさんとかぼちゃ」
ーこどものとも10月号ー
島津和子 さく

ぶたのぴんくさんのうちは子だくさん。でもぴんくさんはお料理上手です。子どもたちが元気なのは良いのですがぴんくさんがいくらつくってもこぶたたちはあっというまにたいらげてしまいます。ぴんくさんにかぼちゃを作ると良いとおねこさんが教えてくれました。タネを植えてみんなが手伝って育てました。かぽちゃは古いりんごの木につるを延ばしてたくさんのかぼちゃがなりました。ところが木に登ることができないのでみんながっかり、でもお手伝いがあらわれます。
 ぴんくさんとみんなの幸せそうな絵、この絵本の作者は「川の光」松浦寿輝著小さなねずみ一家の冒険物語の絵を描いています。
Photo_2
(この本は最近文庫になりました。)この本に作者の挿絵がたくさん入っています。長編小説ですが、いきいきとした生きものが描かれています。
 それとちょっとないしょ話、店の前の日よけよけに植えたゴーヤ(7つなりました。それぞれのお腹のなかへ)のあとにかぼちゃの種を植えた人がいます。かぼちゃもツルになると聞いて植えてみました。
だいぶ大きくなりました。「はやく、なれ なれ 大きくなーれ!」

2018年9月 4日 (火)

ぼくはいぬ

Photo
「ぼくはいぬ」
こどものとも0・1・2 10月号
杜今日子 さく
福音館書店 本体389円

ものには名前があるということを論理的に教えてくださったのは瀬田貞二さんだっただろうか。この絵本で描かれているのは「種」としての名前だ。表紙の犬「ぼくは いぬ」と犬がいっている。読んでもらっている子どもに表面から語りかけている。次に犬が出会うのは「猫」だ。「わたし ねこ」とやはり子どもに正面からしっかり主張している。そう、犬でなく猫なのだ。もう少し大きくなると固有名詞がつく。わたしはいぬ 太郎といういぬ。
 絵はパステルと色鉛筆で絵で描かれていて、とてもリアルだ。写真以上のフワフワ感も手触り感も、いまにも皆の鳴き声まで聞こえてきそうだ。
 また、すばらしいファーストブックが出版された。雑誌なので早く書籍化してほしい。

2018年9月 2日 (日)

会留府9月の予定

   えるふ通信をスマホでみると本文だけしか表示されないことを知りました。(いままでスマホで見ることがなかった。)予定などは右のところに載せてあるのでお休みもふくめて本文でお知らせします。
 
     9月の予定(自主講座もふくめます。)暑かった8月に負けない様に。店は食べ物特集
riceball お休み 毎週日曜日と月曜日
          2日(日)3日(月)9日(日)10日(月)16日(日)17日(月)
           23日(日)24日(月)30日(日)

riceball えるふ通信発行  5日(水)

riceball ミニ講座「講師 宇野和美さん 子どもって!」10日10:30〜 会留府で
       (ボランティア講座 語ろう学ぼうの会共催 申し込み満席で締め切り)

riceball 定例会「YAの本を読む会」 13日7:00〜読書会・課題本「ワンダー」会留府で

riceball 定例会「グループ放課後」  19日7:00〜読書会・課題本「ゼロからトースターを
                              つくってみた結果」会留府で

riceball 定例会「チクチクの会 羊毛でリスをつくる」20日10:30〜 会留府で

riceball 定例会「絵本の会・おいしい絵本を食べよう」21日7:00〜 会留府で

riceball 話し合い「仮称 自分たちの市民講座」25日7:00〜 会留府で
       (自分たちで運営から 

     

2018年9月 1日 (土)

ドエクル探検隊

Photo
「ドエクル探検隊」
草山万兎 作
松本大洋 画
福音館書店 本体3500円


 河合雅雄さんこと草山万兎さんの本がでますよと聞いたのはいつのことだったろうか。おもしろい!でも、すごく厚い本だと、絵はこれもまたファンの松本大洋さんと聞いて驚き、とても楽しみにしていた。
手に取った本はなんと732P一冊ものだ。以前作者の本「少年動物誌」がとってもおもしろくて、すっかりファンになった。もともと「ドリトル先生シリーズ」と出会って動物と話ができる存在の人を文句なく尊敬している私は、この本のなかでは重要人物の風おじさん、そして、この物語のなかの主人公竜二とさゆり、そして、そのまわりの登場するたくさんの生きものたち、読み出したら厚いのも忘れてすっかり夢中になった。本を手にしたときは732Pの厚さ、背景の時代設定が1935年(大正10年)といえばほとんど父母の時代(私の母はこの時産まれた)、小学校を卒業する12歳のふたり、竜二は動物学者になりたいと思っているが両親が3歳の時離婚してから、母親は死亡して叔母さんにせわになっているので進学できず、4月から親戚の米穀商のところで丁稚(現代の子どもは?だろう)になり、さゆりもまた女工(この言葉もわからない?)として働くことが決まっていて、最後にふたりで釣りにきている。そこへ風おじさんからの激励の招待状が届く。このたよりを持って来たカラス=八咫烏、この名前も私はワクワクした。そして、その誘いにのったふたりを待ち受けていた冒険。物語はこんなふうにはじまる。
 この本は2部にわかれている。一部は竜二とさゆりと風おじさんのところで八咫烏の他犬の雪丸、馬の黒駒に出会い、タイン博士のところでしばらく働くことになった。ふたりはまず動物語をおぼえる勉強をする。ある日サンコウチョウがスマトラから持ち帰った手紙はナスカ王国からの手紙だった。そして、3人と動物たちはそのナスカ王国へ行くことになる。探検隊の名前は「ドエクル探検隊」、ドエクロとは11000年前まで南アメリカに生息した体長4mの巨大なアルマジロの仲間で「ドエディクルスラウラの略、生存しているかもしれないと、また、ナスカの地上絵のようにだれが何の目的で描かれたのか、謎を追って南ペルーに探しにいく。
 なぜ巨大なほ乳類が絶滅してしまったのか、現代の私たちはナスカの地上絵などまだわからないことがたくさんある。作者はそのことをファンタジーの力をつかってなら伝えることが出来るとした。そのことを物語っているのが第2部「巨大哺乳類の絶滅のなぞ」だ。2部で中心なのは神獣ラウラだ。さよりは捕らえられて檻の中にとじこめられる。化け物ナマズ、ギラッシュ王との戦い、ドキドキする場面が続く。そして、この物語のなかに描かれているたくさんの生き物たちの挿絵はこの本のもうひとつの大きな魅力だ。
 作者はあとがきでこんなことを書いています。「重苦しい飢餓状態の動物たちが苦しむ状況と、人間の世界でいっこうやむことのない戦争という愚かしい営為がかさなったからです。ー中略ー 実際はどの動物もみな、自らのいのちを輝かせ、精一杯生きぬいているーそれが本来の動物の姿です。」
 94歳の作者が子どもたちに伝えたかったこと、私はこの物語をどう今の子どもたちに渡したら良いかしばし考えこんでしまいました。そして、また読んでみようとおもう。今度は動物になったように。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <時々募集!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   12月の予定(講座はお休みです) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・*学ぼう語ろうの会 19日1:30〜 読書会「考える子ども」安野光雅・著 誰でも自由に参加できます。お茶を飲みながら。参加費200円  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *ボランティア講座 10:00〜 子どもたちに本を読むボランティアに参加している人 今月のテーマは「いのちについて」絵本を読む+本の紹介 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・*Y・Aの本を読む会 8日(木)7:00〜読書会「パンツプロジェクト/K・クラーク著」参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・  *グループ放課後 21日(水)7:00〜 図書館司書 読書会「アップルソング小手鞠るい・著  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・*絵本の会 16日(金)7:00〜絵本を持ち寄って。「テーマ冬がくる!絵本」誰でも参加  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *憲法カフェ また・また 27日(火)7:00〜 今までをもとにあたらしくスタートです。「憲法草案について」ゲスト千葉県若手弁護士会・稲富弁護士 会費1000円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *羊毛ちくちくの会 15日(木)10:30〜 ウリボウをつくります。参加はだれでも、材料費代有り     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                                                                 

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みと営業時間
    12月30日までお休みはありません。 時々用事で空けることがあるかもしれませんが お休みではありません。 お電話メールで確認歓迎します *営業時間10:30〜6:00 日1:30〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山