« ふたばからのおたより -6月― | トップページ | 7月のえるふ »

2018年6月29日 (金)

ぼくのなまえはへいたろう

Photo_2
「ぼくのなまえはへいたろう」
灰島かり 文
殿内真帆 絵
福音館書店 本体1200円

ぼくの名前は「むらしげ へいたろう」ぼくはこの名前が嫌いだ。おならのへーや昔の人みたいだとかいってからかわれるからだ。こんないやな名前は変えられないのかなぁと思って仲良しの友だちにきいたり、お父さんに聞いてみました。結論からいうと名前を変えるのは(戸籍上の)なかなか難しくてちゃんとした理由をつけて家庭裁判所に届け出なければならないのです。この名前はお父さんがつけたのですが、お父さんはとってもかっこよくてなかなか良い名前だと思っています。お父さんは世界ではいろいろな風習があって、生まれてすぐに名前をつけない人たちもいること、その理由はある時期になるまで子どもが育つかわからないからとか、ある年齢になるまでの子どもは神様のものという考え方があるとか、それに流行もあって、今かっこよくてもてはやされても、時代がかわりそうではなくなることもあることを話してくれました。へいたろうはそれでもいい名前だと納得したわけではないけれど、なまえは中身、つまりへいたろう自身の問題だと気がつきます。名前をとおしてへいたろうはすこし成長しました。
名前で思うのは「ゲド戦記」です。そして、瀬田貞二さんがものの名前について名著「幼い子の文学」に書いていらっしゃいます。また、いま、なかなか承認されない夫婦別姓の法律的なことなど、契約社会では現実的にも非常に重要な問題です。極端にいうと国を揺るがせる問題だということになります。
 
この本は今は廃刊になった「おおきなポケット」2005年12月号のなかの文に加筆して編集されたものです。そして作者の灰島かりさんは2016年に亡くなっています。「絵本をどう読むか」についての評論をまとめて2017年11月に「絵本を深く読む」というタイトルで刊行されています。なかなか絵本についての適切な評論家がいなかったので私はとても注目していた作家のひとりで、この本については機会をみて紹介したいとおもっています。


« ふたばからのおたより -6月― | トップページ | 7月のえるふ »

児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふたばからのおたより -6月― | トップページ | 7月のえるふ »

できることから

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

8月の営業とお休み

  • 8月のお休みと営業時間
    *お休み 変則になります。 5(日)・6(月)・12(日)・13(月)・19(日)20(月)・26(日)27(月) 決算棚卸し30(木)・31(金)  *営業時間10:30〜7:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     9月の予定(8月はお休み) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  *学ぼう語ろうの会+ボランティア講座10日10:00〜講演会・宇野和美さん 「こどもってなんだ- マルコとパパを読んで」申し込み制  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 13日(木)7:00〜読書会{ワンダー」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *羊毛チクチクの会 20日(木)10:30  〜リスをつくろう(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   *グループ放課後 19日(水)7:00〜読書会「ゼロからトースターをつくってみた結果/トーマス・トウィン著(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 21日(金)7:00〜絵本を持ち寄って。誰でも参加可                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ