« 絵本「よるのおと」の制作 | トップページ | 森のおくから »

2017年9月 6日 (水)

きょうはたびびより

Photo
「きょうはたびびより」
ちいさいかがくのとも10月号
とうごうなりさ さく
福音館書店 本体389円


千葉に住んでいる私たちにヒヨドリはとても馴染みのある鳥です。わがやの空き地にある木の枝に果物の食べ残しなどを刺して置くと集まってきます。前にはよく寒くなるとそうしたのですが、今はやめてしまいました。ヒヨドリはうるさくて裏の家にご病人がでたのと、カラスがやってくるので、木はやめてベランダにしたところ今度は猫が鳥を狙い、ある日帰宅してみると鳩が無残になっていて、そんなことでもあり野鳥の餌やりはやめました。ただ冬寒くなると米粒のような鳥の餌をカゴに入れて木に吊るすようにしました。
餌が粒だとカラスは食べられない、木に吊るすと猫には届かないということを発見しました。幼鳥のヒヨドリが3年越しできます。(同じ鳥だと私が思っているだけかもしれません。そのヒヨドリはこの絵本のように綺麗でなくボサボサ頭なので同じヒヨドリと思っています。それに人なっこくてそばまできておせいじにも美声とは言えない鳴き声をあげるのが特徴なので私がそう思っているのです。
 この絵本でヒヨドリの中には渡りをするというものもいることがわかりました。その時集まる場所に千葉の富津岬があることを知りました。一度行ってみたいなぁ。渡りをする鳥としない鳥があるとのこと、理由はわからない、それは人間の手の及ばない範囲でそれもちょっと嬉しい、そして何度も挑戦しながら群れをつくって渡っていく。刷り込まれた行動だとはわかっても頑張れ!と声をかけたくなります。
 秋が少しずつしのび寄ってきます。陽か落ちるのか早くなって、店から帰る頃には暗闇の中に電気がともるのか暖かく嬉しい気分になります。この絵本のヒヨドリは消しゴム版で描き、気がつくと灰色の部分だけでも100種類もつくったとか、すごいなぁ。山口さんの解説も面白いです。

« 絵本「よるのおと」の制作 | トップページ | 森のおくから »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵本「よるのおと」の制作 | トップページ | 森のおくから »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

9月の営業とお休み

  • 9月のお休み
    *お休み 4日(月)・11日(月)・18日(月)25日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)8日(金)7:00〜  「紙芝居をしてみよう」       *Y・Aの会 読書会(どなたで も)14日7:00〜 「とりあげ る本 ペンギンハイウェー」    *絵本の会 「大人に絵本を」  15日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他」20日7:00〜                *ボランティア講座座 25日(月)10:00〜                *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法」9月20日(水)7:00〜                *羊毛チクチクの会 21日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山