ウェブページ

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集はじまり ました。自主講座のグループ もありますが、くわしくは会 留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・              =5月の予定=    *学ぼう語ろう〜21日2:00〜きみたちはどう生きるか」を読んで  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 10日  (木)7:00〜読書会「扉守 塩の道の旅人」  光原百合著 ・・・・・・・・・・・・・・・        *羊毛チクチクの会 17日10:30  〜(事前参加申し 込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 9日 (水)7:00〜読書会「たまたまザイールまたコンゴ 田中真知・著(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・       *憲法カフェプラス2 29日(火)  7:00〜選挙法について学ぼう・国民投票ってなんだ  お話 千葉県若手弁護士の会お茶と パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *絵本の会 18日(金)7:00〜さあはじめよう!どんな絵本を読もうか?!                                                                                                                         

5月の営業とお休み

  • 5月のお休み
    *お休み 3日・4日・5日・7日・14日・21日・28日の各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00
無料ブログはココログ

« お船三部作 | トップページ | ふたばからのおたより  -8月― »

2017年8月25日 (金)

アリになった数学者

Photo
「アリになった数学者」
たくさんのふしぎ9月号
森田真生・文
脇坂克二・絵
福音館書店 本体667円


作者はある日突然アリになった。アリはどんなふうに感じ、どんなことを思うのだろうか。そのままアリになってそれらのことを体験するなかで書かれたのがこの本だ。「たくさんのふしぎ」らしい本だ。「たくさんのふしぎ」は小学校高学年向けに出版されている科学絵本だ。けれどもいつのまにかおとなのファンが増えて、今では子どもが楽しんで読んでいるとはあまり聞かないし、買いにくるのはおとなの人だ。人気で月刊誌のなかでは毎号かなりの数が売れる。思ったより女の人が多い(若い人はそうでもないけれど、)中年から上の男の人はすこしずつ増えてきているけれど、まだ子どもが生まれて絵本を手にすることが多い。どうしてかなと思うけれど、ちょっと子どもには内容が難しいのかもしれない。科学というと実際的のことのように思うけれど、じつはとても哲学的なのだ。時間がかかる、だからスピードを競う現代社会のなかで今を生きている子どもは、実際的な算数はできるけれど、数学は難しいのかもしれない。
 じつをいうと私は算数が苦手だった。子どもの時「0」という概念がどうしても理解できなくて、それはその頃の私には(小学生)「0」というのは「ない」ということと思い込んでいたから、どうして「ない」ものからひいたり「ない」ものにたしたりできるのかわからなかった。「0」は「ない」ということではなく「0」があるのだ。そのことに気がついたのはずっと後になって、とても尊敬していた先輩が亡くなった事件があった時だった。
 数学はとても哲学的な学問だ。学問というか考え方なのだ。そんなことをこの絵本を読みながら思った。その時ちょっぴりこの作者のように私もアリになったのかもしれない。

« お船三部作 | トップページ | ふたばからのおたより  -8月― »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お船三部作 | トップページ | ふたばからのおたより  -8月― »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2