« | トップページ | グリムのむかしばなし »

2017年7月26日 (水)

ふたばからのおたより  -7月―

         
                  総体の夏

 夏休みが始まったと思ったら、子どもたちの総体(総合体育大会)が始まり、アッという間に終わった。部活動の総仕上げ、中学3年生にとっては引退試合である。負けたら、そこでおしまい。後輩に後を託し、高校受験へと航路変更していく。学区の中学は、どの部活もあまり強くなく、1回戦負けが多い。日頃醒めたことを言っていた男の子も「初めて試合に負けて悔しいと思った」と言っていたそうな。呆然とした2、3日を過ごして、やっと受験勉強を始めたようである。
 私自身決して体育系の部活をやって育ったわけではないが、息子二人はサッカー部だった。特に次男は、サッカーに救われたと言えるような一時期を過ごしたと思う。海外のサッカーチームの試合を夜中に見続けた閉じこもった時期もあった。どうなるかと思った。親であることを何度も突きつけられ、親を辞めたいと思った日もあった。「おれ、サッカーやりたいから高校に行く。」そう言って、中3の夏休み明けから突然勉強し始めた。そうして言葉通り、高校の3年間サッカーを続けた。
 子ども達の試合を見るのは、とても好きだった。こんなにサッカー好きになるとは思わなかった。どちらかというと、弱いチームで負けてばかりだったし、二人ともずば抜けて上手かったわけではない。でも短い試合時間の中に15歳なら15歳分の人生がぎゅっと煮詰まり、『今』そのままをぶつけていく。若いって、何てまぶしいんだろ。何て苦いんだろ。次男の高校最後の試合を夫婦で見に行った。カメラも持たずビデオも回さず、この目に焼き付けようと思って行った。最後が近づくにつれ、勝ち負けじゃない、この時間が1秒でも長く続いてくれ、と願った。それでも、無情に終了の笛が長く長く鳴る。泣くわけでもなく、ただグラウンドに立ち尽くす次男の姿が見えた。
 今年も、中学生の総体の夏は終わった。そうしてまた、ゆっくりと新しい夏が始まっていく。

F

 写真は、若葉区にある小さなプレーパーク。今年度から月に1回、NPOからお借りして、毎月最終土曜日は里親家庭やファミリーホームの集まれるプレーパークを開催しています。今月は今週末に流しそうめんをやる予定、前日八千代まで竹の切り出しに行ってきます。
                                 (の)


« | トップページ | グリムのむかしばなし »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | グリムのむかしばなし »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山