« 青空のかけら | トップページ | カーテンふわり »

2017年7月 2日 (日)

れっしゃがとおります

8
「れっしゃがとおります」
ーかがくのとも8月号ー
岡本雄司さく
福音館書店 本体389円

今月の福音館書店の月刊誌「かがくのとも」はなんといってもまた、千葉の小湊鉄道をはしっている列車の話なので紹介したいとおもいます。電車といってもディーゼル列車で市原市の五井駅からホームを乗り換えて上総中野までの小湊鉄道を走るようすが描かれています。あさ出発です。!列車は走ります。最初にはさまざまな家があり人も見えます。そのうちに緑一面、農作業をしている人が1人、道には車が1台きり、川をわたり所々の駅につくと人が乗ってきますが、まわりではテニスをしていたり、バスがとまっているだけです。また走り出した列車の廻りは今度は動物があちこちに見えます。働いている人というより観光地、虫取りの家族がいたり、廻りは山というか森が続いていて、その中をただ、ただ列車は走ります。いよいよ終点の駅上総中野です。(この鉄道は会社はかわって海にむかってJR大原駅までいすみ鉄道が続いています。)付録についている大判一枚の絵地図、空から見た様子が描かれているのですがこの沿線のようすがよくわかります。
 この場所には「出発進行!里山トロッコ列車」 (かこさとし作 偕成社刊)が刊行された時に会留府にいらっしゃる人たちで行ったことがあり、このブログでもそのことを紹介しました。その時の目的は列車に乗るということより、途中にみられる逆転層を見るのが目的でした。
 この本ではそれとちがって列車に乗ることが中心です。ともかく電車が大好きな子どもたちはきっとぼろぼろになるくらいの愛読書になることでしょう。子どもだけでなく毎日があまりにも気ぜわしい生活をしていると、こんな風景のなかにしばらくぼっとひたっていたいような気持ち。
 いよいよ7月がスタートしました。千葉市の公立小中学校は15日から夏休みがはじまります。

« 青空のかけら | トップページ | カーテンふわり »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 青空のかけら | トップページ | カーテンふわり »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

11月の営業とお休み

  • 11月のお休み
    *お休み 3日(臨時)・6日(月)・13日(月)20日(月)27日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)10日(金)7:00〜 「おもちゃと子ども」おもちゃカフェサンタ・西宮さんを囲んで話を聞く          *Y・Aの会 読書会(どなたでも)9日7:00〜 「とりあげる本 紙の動物園」        *学ぼう語ろう〜13日10:00〜「母の友10月号を読む・子どもの貧困とは(どなたでも)   *絵本の会 今年のクリスマスの絵本をみよう 17日7:00〜(誰でも)         *グループ放課後 読書会「くまのあたりまえ」(公共図書館司書・その他)15日(水)7:00〜            *ボランティア講座 非公開 20日(月)10:00〜       *憲法カフェ28日(火)「沖縄は今」レポーター沖縄在住石坂さん 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)       *羊毛チクチクの会30日(木)10:30〜クリスマスの飾り(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山