« しずく | トップページ | ギーコ ギーコ 自転車考 »

2017年5月11日 (木)

オルセンの絵本

Photo
「ぼくのあかいボール」
イブ・スパング・オルセン作
ひしきあきらこ訳
BL出版 本体1400円


オルセンの絵本で有名なのはなんといっても「つきのぼうや」です。天からおりてきた月のぼうや、ながぼそい大きさはほんとうをいうとちょっと迷惑です。本棚にはいらないし、入ったとしても幅がないので倒れやすい、包むのもとてもつつみにくい、フランスパンのように小脇に抱えていくか!でも人気の絵本です。そして、たて続けに手に入らなかった絵本がでました。この絵本も大きくなってしかも新訳で、赤いボールが飛び跳ねていくリズムが楽しい絵本になっています。オルセンの絵本は地味な色づかいですが、主人公はとても元気です。そしてとてもユーモアがあって、読んでいるうちに自分が元気に遊び回れるような気がしてきます。この絵本と同じように逃げ出してしまうちいさなきかんしゃの絵本も、好奇心いっぱいで他所の台所をのぞいて洗濯物をひっかけて逃げ出したります。もちろんちゃんと帰ってきますが。どの作品もちょっぴりナルシスト、それだって子どもらしいけれど。
Photo_2
Photo_3




もう一冊わたしの好きな絵本があります。「ぬまばばさまのさけづくり」(オルセン作絵/きむらゆりこ 訳/福音館書店)日本では見られない地の精、自然を司っているものたちです。ぬまはばはさまがさけづくりをすると春がやってきます。冬のながい北欧の春は酒造りからはじまるのでしょうか。地が暖まってきて靄がたちこめます。ぬまじいさまの体にも若葉が繁り、沼娘たちの髪にも花が飾られおどります。(現代の日本は花粉症がはじまると春なんてやだなぁ!)その他亜紀書房から「かぜ」「あめ」BL出版から「ネコ横丁(やはり新版)」が出版されました。
昔、オルセンの話を聞いたことがあります。印刷職人さんのような風貌で話はあまりうまくありませんでしたが、(言葉がわからなかったことでもあったけれど)作品に触れられたような雰囲気だけでも良かったです。
14日まで原画展をしています。ちひろ美術館東京
今週で終わりなのですがぜひおでかけください。

« しずく | トップページ | ギーコ ギーコ 自転車考 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しずく | トップページ | ギーコ ギーコ 自転車考 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山