これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« 5月は学校図書館訪問からはじまりました。 | トップページ | 学校図書館訪問記2017年その2 »

2017年5月 1日 (月)

学校図書館訪問記2017年

book会留府がかかわっている学校図書館への納品はすべて千葉市書店組合をとおしておこなわれます。市書店組合から指定された学校が担当になり、廃業したりする書店があった場合も組合をとおして決められます。毎年5月の展示会からスタート、その前に展示会の持ち方や今年の予算などの話があり、指定校にかわりがないことがわかると私は自分の当番校の訪問をします。千葉市では公立小・中学校に学校図書館指導員=専門職のあつかいはないけれどいわゆる司書が配置されています。週4日、8時間勤務、ただ夏休みなどがあるので、司書によっては少し勤務状態がちがってもいます。(詳しくは千葉市の教育委員会で)問題なのは中学校は1校4日なのですが、小学校は大規模校は1校4日ですが、大部分は2校2日担当になります。つまり1週間のうち2日だけ司書がいることになります。今年は指導員の大移動があり、私もはじめてという方ばかりでした。会留府にとってはそのほか肝心の図書主任の先生にお会いすることが必要なのですが、ここ近年ほとんど忙しいと先生に会うことはありません。連休の前後はどの学校も遠足や家庭訪問があって、その他会議などでお会いできません。本屋によっては挨拶回りなどしないところもあり、それは以後の納品のときなどに・・・ということになるようです。前もって指導員が学校にいらっしゃる時の確認とお約束をとって私は動き出します。ともかく年々余裕がない学校のようすを見るにつけて、残念ながらこのシステムが良いとおもわれません。専科のようなかたちで司書を先生と同じように配置してほしいと毎年思います。  ーつづくー

« 5月は学校図書館訪問からはじまりました。 | トップページ | 学校図書館訪問記2017年その2 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月は学校図書館訪問からはじまりました。 | トップページ | 学校図書館訪問記2017年その2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

連休の会留府

  • 連休のお休みと営業
    *5月1日・2日・3日・4日お休 *5月5日・6日10:30〜6:00   *5月7日1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日5月 はお休み  *ボランティア講座 定例会15日(月10:00〜 テーマ「絵本を読む・非公開」         *憲法カフェ30日(火)3期・4月学習会「憲法 と共謀罪」誰でも・予約制  講師舩澤弘 行弁護士              *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会17日(水)7:00〜読書会・柚木あやこ 作「本屋さんのダイアナ」                  *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会11日(木)7:00〜読書会テキスト「紅 のトキの空」        *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会12 日(金)7:00〜制作「ぶたちゃんパペット作り               *絵本の会19日(金)7:00〜絵本を読もう  テーマ「詩とことば」                                                                                                           

クリック募金