これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« わたしたちが自由になるまえ | トップページ | ふたばからのおたより  -2月― »

2017年2月21日 (火)

みどりの町をつくろう

Photo
「みどりの町をつくろう」
アランドラモンド・さく
まつむらゆりこ やく
福音館書店 本体1400円


アメリカ・カンザス州のグリーンズバーグに巨大な竜巻がおそいました。2007年5月4日のことです。その頃のグリーズバークには1400人くらいの人が住んでいました。(作者のことばより)カンザス州というと私はあの「オズの魔法使い」の物語を思い出します。あの物語も竜巻でオズは一瞬のうちにとばされてしまいます。住民の数は800人ほど、あたらしい街をめざして人びとは活動します。その新しい街、人びとは自然の恵を生かす街にしようと計画します。グリーンズバーグのグリーンというのはなんだろうと人びとは考えます。世界中から再建のためのものが集められます。物だけではありません。たくさんのボランティアの人びともかけつけました。ウォラックさんがみどりというのは自然のめぐみを活かして暮らす事だといいます。街をみどりにしよう!人びとは取り組みます。話し合いを持ちます。みどりの家、みどりの街ってどんなところでしょうか。
 わたしたちの日本も災害がいろいろのところでおこります。水害・火山・地震・・・今年の冬は北海道の方では寒波と大雪がありました。津波や地震などの自然災害ばかりではありません。なんといっても福島の原発事故がありました。この絵本では街の人びとが力をあわせて復興というか、グリーンバークの名前のような街をつくろうとします。この絵本はその実話にもとずいて描かれています。残念ながら福島の原発事故はこのようにはいっていません。事故をどう収集していったら良いかはまだわからず、混迷を深めています。それなのに経済を中心にして政府は今なお原発を再稼働しようとしています。自然と共生していくのではなく、自然のなかにはないものを人類はつくってしまいました。自然を征服するものとして捕えています。自然と共生をめざして、科学の力を使い豊かにするのにはどうしたらよいのか、この絵本はそれをわかりやすく具体的に描いています。

« わたしたちが自由になるまえ | トップページ | ふたばからのおたより  -2月― »

社会」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« わたしたちが自由になるまえ | トップページ | ふたばからのおたより  -2月― »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

連休の会留府

  • 連休のお休みと営業
    *4月29日・30日 10:30〜6:00   *5月1日・2日・3日・4日お休み   *5月5日・6日10:30〜6:00     *5月7日1:30〜6:00

お仲間にどうぞ(4月はすべて終了)

  • ー元気になる集まりいろいろー
                          *グループ学ぼう・話そう  定例会第2月曜日13日1:00〜 講演「認知症と図書館」に参加          *ボランティア講座 定例会27日(月)10:00〜 テーマ「今年のまとめ・非公開               *憲法カフェ 28日(水)15回を終って・4月からの抱負をワイワイと語ろう 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書館員・関係のある人)定例会15日(水)7:00〜読書会・ウェストール作「遠い日の呼び声」「真夜中の電話」   *YAの本を読む会+のんき〜ず(学校図書館司書)定例会9日(木)7:00〜読書会テキスト「星が獣になる季節」                *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会10日(金)7:00〜マイブック(幼い子どもたちへの絵本やわらべ歌)                   *絵本の会17日(金)6:30〜福音館書店元編集者松本徹さんを囲んで いままで送り出してきた本とこれからの本・本作りの現場から                                                                                                           

クリック募金