« みどりの町をつくろう | トップページ | さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ »

2017年2月23日 (木)

ふたばからのおたより  -2月―

        

             分かれ道

 今週1週間、東京の研修に通い詰めている。里親さんに向けた養育プログラムを学ぶ。イギリスで開発されたものなので、講師は二人の英国人女性、同時通訳付きだ。プログラムの背景にある、さまざまな理論が広くて深く、本当にいい勉強をさせてもらっている。それに、何だか英会話の勉強もしているようだ。
 私が中学2年の、ちょうど英語がおもしろく感じ始めた頃、父親が1年間オーストラリアのメルボルンで仕事をすることになった。行きたければ一緒に行けばいいという話もあったらしいが、私は望まなかった。父親と二人で暮らすことになる1年間に息苦しさも予感したし、そうすると日本の学校を留年するかもしれないと聞くと、行きたいとは思わなかった。もし、あの時日本を離れて1年間過ごしていたら・・・、と、遥か年月がたってから、ふと思うようになった。もしそうなら、今とは違う人生を送っていたのではないかしら。13、14歳という年頃で全く違う文化に触れることは、また違う物差しを手に入れることだったかもしれない。それは、どんな感じだったろうか。
 人はもしかすると、生きていく中でちょっとした分かれ道に出会っているような気がする。決して大げさでなく、ずっと後になってから気がつくような、すごく真剣な選択でなく、ああ、あの時ああしていたらどんな人生だったろうかと思うような。後悔というのでもない。重さからも苦さからも自由になった、軽やかとも言えるいくつかの分かれ道が、きっと私にもあった。なるかもしれなかった、でも、なることのできなかった別の人生も含め、私は私の今のささやかな人生を受け入れよう、そんなことを思う2月である。
 1月の末に行った地域映画会は、心配していましたが、思いがけずたくさんの方々に来ていただき、とても温かい会になりました。4月のはじめ、会留府さんでも、同じ小さな映画会を開催させていただけることになりました。詳細は、また連絡しますが、ご都合がついたら多くの方に見ていただきたいと願っております。
P1010032

写真は、2、3年前の我が家の春先の花壇。この頃花壇までかまえてなくて、反省してます!                       (の)


« みどりの町をつくろう | トップページ | さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« みどりの町をつくろう | トップページ | さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山