« スマート | トップページ | つかめるかな? »

2017年1月31日 (火)

走れ!!機関車

Photo
「走れ!!機関車」
ブライアン・ブロッカ作/絵
日暮雅通 訳
偕成社 本体2400円

土曜日のことでした。近くの文化施設にイベントがありました。幼い子ども対象のイベントなのでしたが家族づれも多く、賑やかでした。そのなかでのこと、両親と妹が一緒の男の子、入って来るなりこの本を見つけました。あとはどうでもよいらしくこの本を抱えて離しません。父親の賛成もあって買ってもらいました。次にまた、この本を欲しいといった男の子、なかなか母親が「うん」といいません。でもねばってOKでした。どちらの男の子も学齢前、聞いてみると4歳と5歳でした。ちょっと難しいのではないかと思ったのですが、2人共鉄道ファンなのでしょう、それくらいこの絵本はインパクトがあります。大型の絵本、表紙は機関車の正面の絵が真中に、裏表紙はその機関車の側面、6人の男たちがみがいたり油をさしたりしています。レトロっぽい、ほんとにこんな機関車が走ったのかしらとおもうほど装飾ぽいけれど力強く走っているようすが伝わって来ます。乗り物好きの子どもだけでなく、おとなの好奇心も充分にそそられます。
 1896年ある家族がアメリカ大陸の東、カルフォルニア州サクラメントから西、カルフォルニア州サンフランシスコへ旅をします。その時乗った大陸横断鉄道のことが描かれています。時代はリンカーンの時代南北戦争のころです。東から西にセントラル・パフィク鉄道会社と西から東へのユニオン・パシフィック鉄道会社、二つの合流点はユタ準州のプロモントリー・サミットが選ばれました。この鉄道がひかれるまでの社会の背景、そして、その機関車そのものが走る様子が描かれています。機関車がどういう原理で動くかということ、そこに携わっている人びと(機関士とか)のことが時にはユーモアいっぱいに描かれているのは楽しい。後のページにくわしく書かれている解説もたっぷりと書かれています。この工事をした人びと、新しい人たちをつれてきたということ、一方先住民を抑圧したことなども書かれていて、しっかりおとな読みができました。こうだいな土地をこの機関車に乗ってわたしもまた、旅をしているような気持ちになりました。
 買っていった男の子、いまは絵をながめているだけかもしれないが、その小さな心の中では好奇心が渦巻いていることでしょう。

« スマート | トップページ | つかめるかな? »

児童書」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スマート | トップページ | つかめるかな? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山