お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <時々募集!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   2月の予定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *学ぼう語ろうの会 25日10:00〜 読書会「神に守られた島 中脇初枝著 母の友2月号を読む 誰でも自由に参加できます。お茶を飲みながら。参加費200円  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *ボランティア講座 18日10:00〜   子どもたちに本を読むボランティアに参加している人 今月のテーマは「ブックトークについて」講師市川市学校図書館司書高桑さん ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *Y・Aの本を読む会 14日 7:00〜「センス入門・松浦弥太郎著」+きりんさん送別会(一品もちよりで)誰でも参加  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 7日(木)7:00〜 図書館司書 「読みきかせのきほん15〜30」東京こども図書館刊 司書の立場からこのリストの検討  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *絵本の会 15日7:00〜ネコの絵本を持ち寄って。出版社から2名の参加の予定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *憲法カフェ また・また 26日7:00〜DVDを見ての話あい。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・*羊毛ちくちくの会 21日10:30〜 制作(花のブローチ) だれでも参加できます。材料費代有り 講師石津由美さん     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                                                                 

2月の営業とお休み

  • 2月のお休みと営業時間
    3(日)臨時・4・11・18・25の各月曜日 時々用事で空けることがあるかもしれませんが お休みではありません。 お電話メールで確認歓迎します *営業時間10:30〜6:00 日1:30〜6:00
無料ブログはココログ

« ふたばからのおたより  -1月― | トップページ | 紅のトキの空 »

2017年1月28日 (土)

塩田の運動会

Photo
「塩田の運動会」
那須正幹 作
田頭よしたか 画
福音館書店 本体1500円

この絵本の語りの子ども田所正一、山口県防府市立中関小学校4年生です。防府市は昔塩田で栄えていた街で1997年4月塩の専売制が廃止されるまで100年の歴史をもっています。その後自由経済のもと専売制がなくなり、塩はどこでも買えるようになりました。それにともないかっての塩田は再開発で住宅や工業団地に姿をかえていきました。正一が出かけようとしている所もそのひとつ中関の塩田のあとの広い空地です。そこでこの街の人たちが町内大運動会を開こうとしています。
 塩は生きていくのに欠かせないものです。外国のように岩塩などがとれない日本では海の水から塩をとってきました。有名な話に武田信玄と上杉謙信の話があります。私が塩に興味をもったのは千葉市にある加曽利貝塚に行ったときの事です。地層におびただしい貝が埋まっています。それも小さい貝殻です。おそらく昔は小さな人がいたのだと言った私の言葉は皆に笑い飛ばされてしまいましたが、今は地形もかわってわからないけれどとった貝を川沿いに運び、それを煮詰めて塩をとったのではないか、その貝が捨てられていて貝塚の地層から見えているのだという説でした。なるほど、それにしてもそんなに大量の塩はどうしたのか、塩の採れない長野の地へ運んで替わりに鉄平石を持って来て矢じりなどにつかった、この説は私には驚きでした。はるか昔縄文時代?に交易があったという事実です。
 塩の製法と歴史が描かれています。そしてその間に50年前の最後の町内大運動会の様子が描かれています。歴史は淡々と語られていて、そのページの間に描かれている、おとなもこどもも夢中になった運動会の熱気が迫って来ます。残念なことにその熱気は戦争と近代工業化でなにもかも失ってしまい、いま、またそれを語りつぐ人も歳をとってきました。この本の文を書いた(正一かもしれません)作者は1942年生まれ、原爆2世です。絵を描いている画家は1950年生まれ、そして、この絵本を編集したMさんはこの絵本が最後の仕事、これで退職とのことです。
 高度成長という時があって、どこの仕事場でも次の橋渡しがうまくできない、50代がうすく、経験が継承されていってるとはいえません。すごいスピードで生活が変わっていきます。かって山口の中関に塩田があった。(そして、もうひとつ日本人にはきってもきれない米がある。)人の営みや生活は積み重ねと継承です。そのなかで時々若い世代が飛躍的にすすむ、その勢いで新しいものが生まれていく、残念ながらそれがうまくいっているとはかぎらない、Mさんから送られて来たこの本に添えられた手紙に「多くの若いひとたちにこの本を手にしてもらえるよう、お力添えを・・・」とありましたが、本を世におくるということはこういうことなのだと思いました。

« ふたばからのおたより  -1月― | トップページ | 紅のトキの空 »

社会」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

子供の頃育った町です!
小さ頃の写真に運動会のものがあります❗️
挿絵画家の方とご近所。同地区上本町❗️今は無い実家・町並みを思い涙しました。

子供の頃育った町です。
小さ頃の写真に運動会のものがありますー。
挿絵画家の方とご近所に住んでいました。

コメントありがとうございました。
なぜか2重にコメントをいただきました。
子どものときは広かったり遠いと感じていたのがおとなになっていってみるとその距離感が
すっかり違っていて驚きます。私ももう生家もなく、なんだか「故郷は遠くにありき」と思うことが良くあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふたばからのおたより  -1月― | トップページ | 紅のトキの空 »

最近の写真

  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • 010894_01
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo