これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« えるふサンタのお手伝い中 | トップページ | シラユキさんとあみあみモンスター »

2016年12月10日 (土)

雪の女王

Photo
「雪の女王」
原作 アンデルセン
絵 ヤナ・セドワ
再話 アンシア・ベル
訳 成沢栄里子
BL出版 本体2000円


アンでルセンは難しい。それは宮澤賢治の作品を読んだ時と同じように子どもの私は思いました。特にアンでルセンは外国の作品だけにイメージがとりにくかったのかもしれません。イメージといえば私が子どもだった頃は想像もできない程遠くの国が舞台です。寒いとはいえどこか包み隠す雪の暖かさとちがってキンキンの氷の世界、どちらも死の世界につながっている。でも日本の土壌の北の国では雪が溶けたら小川は音をたてて流れます。ちいさな音ですが。氷のとけた川は一挙に大きな流れになります。
 この「雪の女王」の画家が描く氷の世界は遠い北の物語です。少女ゲルダの少年を思うおもい、揺らぐ事のない雪の女王の描き方、画家はモスクワ生まれです。青を基調とした絵はとても幻想的です。日本の今の子どもたちにアンデルセンは少し難しいとおもいます。その理由はなんでもすぐに見えるものの世界になれすぎていて見えないものを思い描く感性の世界が貧しくなっているのではないかと思うからです。理屈はもうやめましょう。1ページずつゆっくのめくりながら静かに読んでみましょう。

« えるふサンタのお手伝い中 | トップページ | シラユキさんとあみあみモンスター »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« えるふサンタのお手伝い中 | トップページ | シラユキさんとあみあみモンスター »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

連休の会留府

  • 連休のお休みと営業
    *5月1日・2日・3日・4日お休 *5月5日・6日10:30〜6:00   *5月7日1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日5月 はお休み  *ボランティア講座 定例会15日(月10:00〜 テーマ「絵本を読む・非公開」         *憲法カフェ30日(火)3期・4月学習会「憲法 と共謀罪」誰でも・予約制  講師舩澤弘 行弁護士              *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会17日(水)7:00〜読書会・柚木あやこ 作「本屋さんのダイアナ」                  *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会11日(木)7:00〜読書会テキスト「紅 のトキの空」        *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会12 日(金)7:00〜制作「ぶたちゃんパペット作り               *絵本の会19日(金)7:00〜絵本を読もう  テーマ「詩とことば」                                                                                                           

クリック募金