« おとうさんは、いま | トップページ | 2016年のサイン本をどうぞ »

2016年11月20日 (日)

北極の宝もの

Photo
「北極の宝もの」
文 ダナ・スミス
絵 リー・ホワイト
訳 みはらいずみ
あすなろ書房 本体1400円

女の子が住んでいるのは北極、どこもここも氷と白色、女の子ははおじいちゃんと犬とその白のなかにいる。昼間も暗く、このままがいつまでも続くのかしらと時々不安になってしまいます。時には色がみたいな。そうおもっているとおじいちゃんは望みは宝物だっていう。宝物なら色は金色シマフクロウの目の色、毎日色がみたいと願っている私をおじいちゃんはにっこりわらってでかけよう!だって。暖かくして音をたよりにみんなで出発、つめたい海やねむっているアザラシの側をとおってすすんでいくと雪のけぶった山について、みんなで待つと・・・まってまって、いっぱい待っているとみごとのオーロラが見えた。北極の冬は氷だらけで、でも一瞬息がつまったように赤・青・黄色・それらが煌めく、色のオーケストラのような空を皆でみたの。そして、家に帰ると私はつかまえた色を描いた。
 雪国で子ども時代を送った私は1ページ目に空から降ってくる雪をつかまえようと口を空にむけていた絵に思わず笑ってしまった。懐かしかった。私の場合の白は氷でなく雪だった。くる日もくる日も雪、雪、雪、大雪の後の空の青の色をおもいだす。それだけに春の緑も輝いていた。
 ドキドキと心弾ませて家族みんなでオーロラを見る。天からの贈り物だ。ヒゲづらのおじいちゃんにしがみついている女の子の顔も輝いている。それも天からの贈り物だ。

« おとうさんは、いま | トップページ | 2016年のサイン本をどうぞ »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おとうさんは、いま | トップページ | 2016年のサイン本をどうぞ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

11月の営業とお休み

  • 11月のお休み
    *お休み 3日(臨時)・6日(月)・13日(月)20日(月)27日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)10日(金)7:00〜 「おもちゃと子ども」おもちゃカフェサンタ・西宮さんを囲んで話を聞く          *Y・Aの会 読書会(どなたでも)9日7:00〜 「とりあげる本 紙の動物園」        *学ぼう語ろう〜13日10:00〜「母の友10月号を読む・子どもの貧困とは(どなたでも)   *絵本の会 今年のクリスマスの絵本をみよう 17日7:00〜(誰でも)         *グループ放課後 読書会「くまのあたりまえ」(公共図書館司書・その他)15日(水)7:00〜            *ボランティア講座 非公開 20日(月)10:00〜       *憲法カフェ28日(火)「沖縄は今」レポーター沖縄在住石坂さん 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)       *羊毛チクチクの会30日(木)10:30〜クリスマスの飾り(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山