« プーさんとであった日 | トップページ | まどべにならんだ五つのおもちゃ »

2016年10月18日 (火)

わたしたちのカメムシずかん

11
「わたしたちのカメムシずかん」
やっかいものが宝ものになった話
 たくさんのふしぎ11月号
鈴木海花 文
はたこうしろう 絵
福音館書店 本体667円


 この本は以前から出版案内があって出たらともかくと思っていたのに、とうとう紹介するのに2週間もたってしまった。私に出版の案内をくださったのは全国農村教育協会という出版社の大久保清樹さんだった。向かいの県立中央図書館で「図鑑」のフェアをした時、中年?の男の人が入って来て名乗られ、東北の話がでて、あそこで生きていた生き物たちはどうしているのかと問いかけたことに、ある小学校の話をしてくださった。岩手県葛巻町立江刈小学校、そこで子どもたちがカメムシの研究活動をしていて、そのことを少年写真新聞社が出している「理科教育ニュース」にかかわった先生たちの紹介記事が連載されていて、大久保さんも寄稿されていること、「たくさんのふしぎ」11月号で刊行されるということだった。
 この本にもあるようにその話を聞いた時おもわず”カメムシ!あのくさい虫ですか?”と聞いてしまった。小学生くらいの子どもがカブトムシなどに興味をもつのは良く聞く事だけれど、カメムシなんて害虫でしかない(私にとってはゴキブリと同じ)ちょっと信じられなかった。
 大久保さんがおくってくださった「理科教育ニュース」のコピーを読みながら「たくさんのふしぎ」を楽しみにしていた。魔の8月、昨年に続いてさんざんな月になって、9月になっても本を読む事がなかなかできないままに、やっと10月に入ってから読むことができた。それは「カメムシ」のことというより子どもたちの学ぶということの原点を示してくれるような本だった。少しばかりのチャンスとねばり強いおとなの助言で子どもたちはびっくりするような力を発揮して、それはおとなを動かす力になる事を示してくれる。この町は人口7000人くらい、江刈小学校は全校生徒29人、東北の自然の厳しい、かといって観光資源もないきびしい町とのこと、校長先生のひらめきで子どもたちがカメムシの研究をする、それはおとなを動かしていき、おとなたちの生きていくエネルギーになっていくようすが描かれている。教育の基本をあらためて思った。
 ところで「カメムシ」が私の好きな「アメンボ」の仲間とのこと,ワァィー!!
 

« プーさんとであった日 | トップページ | まどべにならんだ五つのおもちゃ »

児童書」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プーさんとであった日 | トップページ | まどべにならんだ五つのおもちゃ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山