« もりモリさまの森 | トップページ | わたしたちのカメムシずかん »

2016年10月17日 (月)

プーさんとであった日

Photo
「プーさんとであった日」
リンジー・マティックぶん
ソフィー・ブラッコール絵
評論社 本体1500円


副題が「世界でいちばんゆうめいな クマの ほんとうにあったお話」と書かれています。世界で一番有名なクマといったらプーさん以外にはありません。この本の表紙は兵隊の足にしがみついてあなたを見ているクマ、でも、裏表紙のクマはパジャマをきた人と手を繋いでいるクマです。表のクマはとてもリアル、上目づかいであなたをみているやんちゃなクマです。裏に描かれているクマはぬいぐるみのクマでおとなしいクマの表情です。ここに描かれているクマはその有名なプーさんのことです。ブーさんは女の子、カナダからイギリスの動物園にやってきました。連れて来たのはこの本の作者のひいじいさん、カナダの獣医さんです。カナダの広い林の中で生まれたクマの子は、戦地にいくひとりの獣医師に買われました。そして、訓練のあいだはいっしょにいられたのですが、戦地に行くことになったのでつれてはいけない、そこでロンドンの動物園で飼われる事になりました。その動物園へたびたび行ってクマとなかよくなった少年がクリストファー・ロビン、「クマのプーさん」の誕生です。獣医師ハリーにはフレッドというむすこができて、フレッドにはローリーンというむすめが生まれ、そしてリンジーという子どもができます。この絵本の中で少年コールに絵本を読んでやっているのがリンジーです。
 一頭のクマをめぐって家族がつながっていきます。そして、そのクマと仲良しになった少年からあの名作「クマのプーさん」が生まれたのです。子グマのころにハリーたちに可愛がられて大きくなったウィニーはクマのプーさんそのもののようでした。そのクマをみている、というよりいっしょに遊んだクリストファーがパパに手をつながれてウィニーに会いにきている場面があります。そして家に帰るとぬいぐるみのクマをもって近くの森で遊んだそうです。お父さんのミルンはそれをお話にしました。
 現代出版事情で「プー」さんの本はみんなアメリカ版になって、表情の乏しいただ丸っこいかわいいぬいぐるみになっているのが私は不満でしたが、この本を見てうれしくなりました。後のページにはハリーとクマのウィニーの写真、クリストファーと遊ぶウィニーのちょっとセピアいろの写真が載っています。穏やかな暖かい空気が流れています。
 2016年のコルデコット賞をもらった絵本です。

« もりモリさまの森 | トップページ | わたしたちのカメムシずかん »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もりモリさまの森 | トップページ | わたしたちのカメムシずかん »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

11月の営業とお休み

  • 11月のお休み
    *お休み 3日(臨時)・6日(月)・13日(月)20日(月)27日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)10日(金)7:00〜 「おもちゃと子ども」おもちゃカフェサンタ・西宮さんを囲んで話を聞く          *Y・Aの会 読書会(どなたでも)9日7:00〜 「とりあげる本 紙の動物園」        *学ぼう語ろう〜13日10:00〜「母の友10月号を読む・子どもの貧困とは(どなたでも)   *絵本の会 今年のクリスマスの絵本をみよう 17日7:00〜(誰でも)         *グループ放課後 読書会「くまのあたりまえ」(公共図書館司書・その他)15日(水)7:00〜            *ボランティア講座 非公開 20日(月)10:00〜       *憲法カフェ28日(火)「沖縄は今」レポーター沖縄在住石坂さん 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)       *羊毛チクチクの会30日(木)10:30〜クリスマスの飾り(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山