« 女探偵☆ケイト・ウォーン | トップページ | いのる »

2016年10月27日 (木)

ふたばからのおたより -10月―

       
                七五三

 もうすぐ11月、七五三の季節だ。うちの施設でも、毎年何人かの子どもたちが着物を着せてもらい、千葉神社にお参りをする。馬子にも衣装とはよく言ったもので、いつもギャーギャー、ピーピー言っている子たちが薄化粧なぞし、すましている様子は、何ともかわいい。
 うちの二人の息子の七五三は、山で祝った。山と言っても、小学生が遠足に行くような低い山だ。長男の時は東京の高尾山、次男の時は秩父の三峰山だった。別に私たち夫婦が登山家だったわけではない。旦那は山好きだったが、私は陸の列車に乗っている方が好きなタイプ。ただ、ずっと昔に読んだ新聞の投稿に、裏山の神社に登ってお参りさせ、真っ黒になって戻ってきた手にオメデトウと千歳飴を手渡して祝ったというのがあって、こういう祝い方っていいなあと心に残ていたのを真似しただけだった。
 高尾山の時は保育園のクラスメートの女の子家族や旦那の同僚も一緒に賑やかに登った。途中までケーブルカーで行き、長男はケーブルカー中に響き渡る声で「線路は続く~よ、ど~こまでも~♬」と歌い続けていた。
 次男の時の三峰山へは、家族だけで行った。たまたま券が手に入り、寄居駅から三峰口までSLに乗った。登りはロープウェイを使い山頂の三峰神社でお参り、千歳飴を渡して、下りはブラブラと2時間ほど歩いた。食い意地の張った次男は、大きな飴を独り占めできることにそれはそれは喜んで、飴を折ってポケットを膨らませ、自分は大きな塊を頬張って、他の家族には信じられないほど小さなかけらをもったいぶって渡していた。それでも秋の紅葉の中、千歳飴をなめなめ歩く山道は、なかなか風流なものだったな、と今になって思う。
 おかげで二人とも、何やかやあっても、健やかに育ってくれたととほっとしている。
 それぞれの七五三があるように、それに続くそれぞれの人生がある。今年照れくさそうに着物を着て、「かわいいね」と皆に声かけられて千葉神社へと手を引かれていく子どもたちの人生も、しなやかで健やかであってほしいと、心から願う。

P1010118

写真は三峰山に行った日のことを書いた通信の挿絵。子どもたちが小さい頃は家族通信を年に1、2度発行して、友人や親戚に配ってました。     (の)


« 女探偵☆ケイト・ウォーン | トップページ | いのる »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 女探偵☆ケイト・ウォーン | トップページ | いのる »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山