« いもさいばん | トップページ | シロナガスクジラ »

2016年10月 6日 (木)

おばあちゃんとバスにのって

Photo
「おばあちゃんとバスにのって」
マット・デ・ラ・ペーニャ作
クリスチャン・ロビンソン絵
石津ちひろ訳
すずき出版 本体1500円


ジェイは教会の帰りおばあちゃんとバスに乗ってでかけます。雨が降って来ました。ジェイは本当はバスに乗りたくはありません。友だちは車に乗って手を振って帰っていきました。バスが来ました。運転手のデニスさんはジェイににっこり、おばあちゃんは乗客のみんなに笑顔で”こんにちは”といいます。でも、ジェイはこれから行く所もふくめてなんとなく気乗りがしません。やがて、少し走ると目のふじゆうな人がのってきました。おばあちゃんはジェイに”目が見えなくたって鼻でもみえるのよ”といいます。バスにはいろいろな人が乗っています。おばあちゃんの話にジェイはしだいに魔法にかかったように楽しくなりました。やがて、バスは止まり、バスをおりたジェイとおばあちゃんはある場所に入っていきます。
 ジェイは雨のためもありますが、ずっと気持ちが晴れずなんでも否定的です。でも、このおばあちゃんはそんなジェイに魔法をかけてしまいます。おばあちゃんはジェイの気持ちを楽しくさせます。そして、どんな時でもどんな所でも楽しい事、きれいなものはあるということを教えてくれます。ジェイとおばあちゃんがやってきたのは「ボランティア食堂」です。”ぼくきてよかった”とジェイは元気にお手伝いをはじめました。
 デザイン的なきちっとした絵なのですがバスのなかの人たちの表情等よく表現されています。ジェイの気持ちが広がる見開きのページ、ジェイが想像し見るいろいろなものが画面いっぱいに描かれている場面もとてもきれいで楽しい。最後の「ボランティア食堂」の場面も明るくきれいに描かれていているのが良い、登場する人たちが人種もふくめていろいろの人たちがでてくるのがあたりまえに描かれていて印象に残ります。
 2016年ニューベリー賞、コールデコット賞のダブル賞受賞絵本です。

« いもさいばん | トップページ | シロナガスクジラ »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いもさいばん | トップページ | シロナガスクジラ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山