« アニマリウム ようこそ、動物の博物館へ | トップページ | はこぶ »

2016年9月 5日 (月)

ひまなこなべ

Photo
「ひまなこなべ」
アイヌのむかしばなし
文・萱野茂
絵・どいかや
あすなろ書房 本体1400円


アイヌのひとたちは沖縄の人たちと同じように日本人であるようなないような、とても切り離されている存在です。アイヌのひとたちは日本のあちらこちらに昔から住んでいた人たちです。山や川や自然全てに神(たましい)が宿っていたと信じていました。でもその事はアイヌの人たちだけでなく、日本人はすべてそう思っていました。その思いは現実の生活としっかり繋がっていた、現代の機械文明のなかでの私たちの意識のなかに今でも残っています。でも、現代はすっかり忘れてしまっているのも事実です。だから原発の問題もおこります。すべての頂点にたった人類は神のように全てを作り出し支配していくことができると思ってしまいます。アイヌの人たちはものにはすべて神が宿り、それらのものを私たちに与えてくれるかわりに、感謝の気持ちを含めて神をもてなし、神は天にかえったあともまた人々に豊かな物をあたえてくれます。神は熊のすがたに宿って私たちに恵をもってきます。この絵本はそのお話をもとにしています。昔ユペッ川上流の一番高い山を守るために天の国からやってきた神がありました。アイヌの人たちは大きいの熊なのでユペッ川の山の神と思い家まで運んで感謝の宴をもちました。踊りのなかに小さなかわいい踊りの上手な若者を見つけます。その若者をみそめた神は若者の正体を知ろうとたびたびアイヌの人たちにたくさんのお土産をもってきますが、若者の正体はいつもわかりません。
 文はアイヌの人たちの復権に力をつくした人です。それに画を描いた画家の絵はかわいい神さまになっています。どうしても、わたしたちがもっているイメージは厳つい荒ぶる神としているので今までの絵本などとちがいます。布と糸をふんだんに使い柔らかい楽しい神さまになっています。この神さまの名前が「ひまなこなべ」です。

« アニマリウム ようこそ、動物の博物館へ | トップページ | はこぶ »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アニマリウム ようこそ、動物の博物館へ | トップページ | はこぶ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山