これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« こうさぎとほしのどうくつ | トップページ | 霧のなかの白い犬 »

2016年8月15日 (月)

机の上の植物園

Gif
「机の上の植物園」
おくやまひさし
少年写真新聞社 本体1800円


さあ!夏休みも後半になりました。ここ近年夏休みの自由研究の相談がほとんどなくなりました。千葉市は課題図書の作文も6月に書くのでどうしようかという相談もあまりありません。夏休みの宿題は少なくなってしまったのでしょうか。ある人にいわれたのですが夏休みは塾なのだそうです。夏休み中の塾に使うお金は高額だということです。虫をとって観察記録をつけるとか、何かを育てるとか、もしそんな宿題に取り組むのは小学校低学年のようです。
 この本は植物の観察です。いろいろな植物、机の上?なので食物関係が多く描かれていますが机の上にただ置いておいたらどうなるか、土の中に埋めたらどうなのかと比べています。植物が育つのは水と光が必要だということ、土の中に埋めたものは土のなかに水分があるけれど、机の上にただおかれたものは水分を摂取できなくてひからびてしまいます。たとえば豆はどうでしょうか?
 とてもわかりやすくてイラストもきれいです。見ていても楽しいし、絵を描く人も参考になるとおもわれます。ただひとつ気になったのは「じゃがいもの芽」これは有毒なので食べてはいけない、低温保存のことが書かれていて、売るために芽がでてこまるから放射線処理をするとのことは一言も書かれていませんが、描いて欲しいと思いました。我が家のニンジンの頭のところを水のはいったお皿に置いておいたのが芽をだしてだいぶ繁りました。泥付のニンジンをつかうとその葉は色濃く元気です。もう少し繁ったらパセリがわりに料理に使います。著者に同じ観察の本「草の根のたんけん」があります。

« こうさぎとほしのどうくつ | トップページ | 霧のなかの白い犬 »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こうさぎとほしのどうくつ | トップページ | 霧のなかの白い犬 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

連休の会留府

  • 連休のお休みと営業
    *5月1日・2日・3日・4日お休 *5月5日・6日10:30〜6:00   *5月7日1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日5月 はお休み  *ボランティア講座 定例会15日(月10:00〜 テーマ「絵本を読む・非公開」         *憲法カフェ30日(火)3期・4月学習会「憲法 と共謀罪」誰でも・予約制  講師舩澤弘 行弁護士              *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会17日(水)7:00〜読書会・柚木あやこ 作「本屋さんのダイアナ」                  *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会11日(木)7:00〜読書会テキスト「紅 のトキの空」        *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会12 日(金)7:00〜制作「ぶたちゃんパペット作り               *絵本の会19日(金)7:00〜絵本を読もう  テーマ「詩とことば」                                                                                                           

クリック募金