« 子どもの目ー見ることと視ること | トップページ | みみずくのナイトとプードルのデイ »

2016年6月13日 (月)

とびきりおいしいデザート

Photo
「とびきりおいしいデザート」
300年まえから伝わる
エミリー・ジェンキンス文
ソフィー・ブラッコール絵
あすなろ書房 本体1600円

ブラックベリー・フールをめぐっての4つの時代、4つの家族の物語です。あとがきによるとフルーツ・フールは16世紀ころからある西欧文明の最古のデザートといわれているとのことです。300年位前、イギリスのライムで母子がブルーベリーを摘んでフールをつくりました。ベリーを摘んで潰し、手で搾乳した牛の乳を小枝でつくった泡立て器でシャカシャカとクリームを泡立てつくります。冷やすのは岡にある穴蔵、一家の夕食のようすがわかります。それから100年位あと、舞台はアメリカのサウスカロライナにあるチャールストン、母子は庭の家庭菜園でつくられたブラックベリーをつかいました。泡立て器はブリキでできていて、冷やすのは地下室です。デザートを食べているのは農場主一家です。そうですこの母子は黒人の奴隷です。それからまた、100年位たちました。アメリカのマサチューセッツ州のボストンで母子はブラックベリーを買いました。生クリームは配達されます。泡立て器は鉄のハンドルをまわすもので冷やすのは木でできた冷蔵庫、氷が毎日配達されます。食卓に配るのは母親と女の子の役目です。そして、現代アメリカのカルフォルニア州サンディゴでは男の子と父親が作ります。インターネットでつくりかたを調べて、泡立て器は電動式です。みんながあつまってきました。いろいろな人たちです。父親と母親と子ども、かならずしもそんなペアだけではなさそうです。
 後片付けの前にいつの時代でも子どもはボウルやスプーンについたブラックベリー・フールをなめてもしかられません。とってもおいしい!!裏表紙にはボールをもった子どもが歩いていきます。未来はどんなようになるでしょうか。少なくとも1810年の奴隷が領主につかえることはなくなりましたが、そのかわり貧富の差がでてきます。でも、すこしずつ未来にむかって進んでいって、それを担うのは子どもたちだということ、この絵本の”あぁ!おいしい”読者にもうれしさ、おいしさが伝わってきます。


« 子どもの目ー見ることと視ること | トップページ | みみずくのナイトとプードルのデイ »

社会」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもの目ー見ることと視ること | トップページ | みみずくのナイトとプードルのデイ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山