ウェブページ

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集はじまり ました。自主講座のグループ もありますが、くわしくは会 留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・              =5月の予定=    *学ぼう語ろう〜21日2:00〜きみたちはどう生きるか」を読んで  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 10日  (木)7:00〜読書会「扉守 塩の道の旅人」  光原百合著 ・・・・・・・・・・・・・・・        *羊毛チクチクの会 17日10:30  〜(事前参加申し 込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 9日 (水)7:00〜読書会「たまたまザイールまたコンゴ 田中真知・著(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・       *憲法カフェプラス2 29日(火)  7:00〜選挙法について学ぼう・国民投票ってなんだ  お話 千葉県若手弁護士の会お茶と パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *絵本の会 18日(金)7:00〜さあはじめよう!どんな絵本を読もうか?!                                                                                                                         

5月の営業とお休み

  • 5月のお休み
    *お休み 3日・4日・5日・7日・14日・21日・28日の各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00
無料ブログはココログ

« ちいさなあかいにわとり | トップページ | 四万年の絵 »

2016年6月 6日 (月)

すずめくんどこでごはんたべるの?

Photo
「すずめくんどこでごはんたべるの?」
 マルシャークの詩より
たしろちさと ぶん・え
福音館書店 本体900円

ーぼくはね、みんなと動物園にいったんだ。ーこの絵本を読んでいるうちに、この絵本のなかのぼくは「ぼく」と「すずめ」の両方だという事に気がつきます。表紙に男の子が描かれていて、頭のぼうしの上にすずめがいます。そして、めくるとなか表紙には<どうぶつえん>の表示の上にすずめがいて、ぼくはそのすずめを見上げています。男の子はみんなとどうぶつたちを見て歩くのですが、その動物たちはみんな食事の最中、そばではすずめがお相伴にあずかっています。入り口はかば、次の1ページのなかにはこれからみる動物たちの檻が描かれています。なかなか工夫された構図と展開のしかたです。動物たちの食事のようすは科学の視点、こどもたちの楽しそうなようすは物語の視点、二つの視点はこの絵本がマルシャークの詩を子どもたち向けに翻案したものだというコメントがうらのなか表紙に書かれていて納得。そして、最後にぼくはすずめにごはんをちょっとわけています。裏表紙には最後のページに描かれている女の子のおべんとうのなかのひとつのオレンジをすずめが食べています。なかなか工夫された小さな子のための絵本です。これは余談ですがすずめの食べるもの=穀物、お米というイメージ=したきりすずめの世界ですが、お米を食べるのは成鳥ちかくなってです。あかんぼうのすずめは虫を食べます。昔、ねこが捕まえてきたあかちゃんすずめを3年育てたことがありました。野に離すのを失敗して、籠のなかで寿命が終わったちょっとにがい思い出があります。一時すずめがいなくなって心配しましたが、この頃また見かける事が多くなりました。日本のすずめはあまり人になつきませんんが、身近に見られる鳥なので、少なくなるのはやっぱり不安です。

« ちいさなあかいにわとり | トップページ | 四万年の絵 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちいさなあかいにわとり | トップページ | 四万年の絵 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • 010311_0