これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« ハートソング | トップページ | 十三番目の子 »

2016年5月29日 (日)

トルーシー・トルトルとトラ

Photo
「トルーシー・トルトルとトラ」
ヘレン・スティーヴンズ作
ふしみみさを 訳
BL出版 本体1500円

こんなありえない話を読んで楽しむとはやっぱり本はおもしろい。特に絵本はちゃんと描かれていてそれは画家の力、それを読んで自分が描いたように思ったりする。この絵本を読むと気持ちがおおらかになる。
 トルーシー・トルトルのパパは大どろぼう。”どろぼうはだめなんだよ”とパパにいうけれどパパはしらんかお。今日もどろぼうに出かけます。行き先は動物園、でもルーシーが後を向いている間にパパはどろぼうをします。でもね、盗んだものは子どもが遊んでいるようなもの。そのなかの鍵をトラのおりにつるさげて、トラはそれをじっと見ていて鍵をつかってオリを開けて出て来ます。さぁーたいへん!
もちろんみんなが見守るなかパパは盗んだものを返します。おまけに”返す事は盗むよりいいなぁ!とパパ”動物たちが見守るなかパパは動物園の飼育係になるという、物語も子どもの発想そのものです。お話と絵がぴったり、動物たちのようすが活き活きと描かれています。そして訳者の翻訳の力、楽しい日本語がついてその絵が生きてきます。
 ただ、この絵本すごく大きいので”置く場所が困る!”と売れないだろうなぁ。BL出版さん、せめてもうひとまわり小さいとね。

« ハートソング | トップページ | 十三番目の子 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハートソング | トップページ | 十三番目の子 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

連休の会留府

  • 連休のお休みと営業
    *5月1日・2日・3日・4日お休 *5月5日・6日10:30〜6:00   *5月7日1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日5月 はお休み  *ボランティア講座 定例会15日(月10:00〜 テーマ「絵本を読む・非公開」         *憲法カフェ30日(火)3期・4月学習会「憲法 と共謀罪」誰でも・予約制  講師舩澤弘 行弁護士              *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会17日(水)7:00〜読書会・柚木あやこ 作「本屋さんのダイアナ」                  *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会11日(木)7:00〜読書会テキスト「紅 のトキの空」        *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会12 日(金)7:00〜制作「ぶたちゃんパペット作り               *絵本の会19日(金)7:00〜絵本を読もう  テーマ「詩とことば」                                                                                                           

クリック募金