これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« すばこ | トップページ | もとこども »

2016年5月15日 (日)

かぐ、あじわう

Photo
「かぐ、あじわう」
文 岸田衿子
絵 司 修
復刊ドットコム 本体2500円

五感の絵本シリーズ、今回は匂いです。いうまでもなくこの絵本からは直接的な匂いはしません。紙の匂いや印刷などの匂いはしますが、この物語の匂いはしません。ほんとかな?この絵本は舞台をみるような趣向になっています。”はじまり はじまり!”と言っているのはこぶたです。おにいちゃんと女の子、いぬといっしょに海辺にいます。”こぶたはどこへいった?”こぶたを探して歩きます。うみぼうずのあらわれた海は”なみくさい?さぞ しおっからいでしょう”絵が描かれていて、言葉がつくとなみの匂いが、しおっからい匂いがします。でも私はこの場面を読み始めてこのなみは岸田衿子のなみに気がつきます。東京や軽井沢で暮らしていた作者のなみです。(画家はそれをうまく表現しています。)というのは私のなみは違う匂いだからです。幼少期をすごした海辺の街は日本海の強い匂いがします。夏の終わりのおだやかな静かな海はもう少しおひさまの匂いが強い、冬の海はもっと厳しく塩辛い匂いがします。ただ自分の知らなかった海をこの絵本は感じさせてくれます。これは海だけでなくこぶたを探して行く森や林の匂い、私が持っているのはもっときつい樹々の匂いがします。そして、それだけでなく見えない獣の匂いまでします。いま、小さな噴火をしている新潟焼山は昔登った時も火の匂いがしました。匂いは見えないけれど生活を豊かにしてくれます。人を好きになったり、逆に憎くおもったり見えないものなのに、人生を支配する。不思議ですね。
 あっ、こぶたはいましたよ。なんと客席にいたのです。このお芝居はどんな匂いがしたでしょうか。

« すばこ | トップページ | もとこども »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« すばこ | トップページ | もとこども »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

連休の会留府

  • 連休のお休みと営業
    *5月1日・2日・3日・4日お休 *5月5日・6日10:30〜6:00   *5月7日1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日5月 はお休み  *ボランティア講座 定例会15日(月10:00〜 テーマ「絵本を読む・非公開」         *憲法カフェ30日(火)3期・4月学習会「憲法 と共謀罪」誰でも・予約制  講師舩澤弘 行弁護士              *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会17日(水)7:00〜読書会・柚木あやこ 作「本屋さんのダイアナ」                  *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会11日(木)7:00〜読書会テキスト「紅 のトキの空」        *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会12 日(金)7:00〜制作「ぶたちゃんパペット作り               *絵本の会19日(金)7:00〜絵本を読もう  テーマ「詩とことば」                                                                                                           

クリック募金