これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« べッぺじいさんとねこ | トップページ | かぐ、あじわう »

2016年5月13日 (金)

すばこ

Photo
「すばこ」
キム・ファン文
イ・スンウォン絵
ほるぷ出版 本体1500円


春になっていま、自然界では巣作りと子育てに大忙しです。小さな生き物はほとんど自然界のものを使って、たとえば木の枝や葉、羽根や糸、土、それに自分の唾液等を使って固めたりまるめたりいろいろとがんばって巣をつくります。たとえばツバメは良い例です。自然界から取り入れて作るのは鳥ばかりではありませんが私は前に針金のハンガーをひっぱって道を歩いて?いるカラスを見た時がありました。この本は人間が巣づくりに手伝ったというより人間が巣をつくっていろいろのところに置いたり掛けたりして、最初に鳥の子育てをお手伝いした人のお話です。ドイツのチューリンゲン地方に暮らしていたベルレプシュ男爵がその人です。男爵は13ヘクタールの森と40ヘクタールにもなる果樹園をもっていました。そこに3000個の巣箱をつくりました。その偉業が広く知られるようになったのは1905年ハマキムシの幼虫が大発生、けれど男爵の森だけは巣箱で育った鳥たちがハマキムシを食べてくれて被害にあわなかったからです。
 この絵本は「すばこ」のいろいろが描かれています。コラージュもつかわれて描かれていてとても美しい絵本です。男爵の伝記も巣箱のことも森のことも丹念に描かれています。いろいろな形の巣箱が並んでいます。いろいろな鳥が巣箱をつかっています。それに、巣箱を使うのは鳥だけでなく小さな生き物もつかいます。ペンギンの使う巣箱も描かれています。ただ、残念な事に開発という名前のもとに森はどんどんなくなっています。最後のページでは子どもたちがいろいろな巣箱を掛けています。その森には気持ちの良い風が吹いているのが感じられます。

« べッぺじいさんとねこ | トップページ | かぐ、あじわう »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« べッぺじいさんとねこ | トップページ | かぐ、あじわう »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

連休の会留府

  • 連休のお休みと営業
    *5月1日・2日・3日・4日お休 *5月5日・6日10:30〜6:00   *5月7日1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日5月 はお休み  *ボランティア講座 定例会15日(月10:00〜 テーマ「絵本を読む・非公開」         *憲法カフェ30日(火)3期・4月学習会「憲法 と共謀罪」誰でも・予約制  講師舩澤弘 行弁護士              *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会17日(水)7:00〜読書会・柚木あやこ 作「本屋さんのダイアナ」                  *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会11日(木)7:00〜読書会テキスト「紅 のトキの空」        *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会12 日(金)7:00〜制作「ぶたちゃんパペット作り               *絵本の会19日(金)7:00〜絵本を読もう  テーマ「詩とことば」                                                                                                           

クリック募金