« ふたばからのおたより -4月― | トップページ | バンブルアーディ »

2016年4月29日 (金)

むかし日本狼がいた

Photo
「むかし日本狼がいた」
菊地日出夫 文・絵
福音館書店 本体1500円


こどもたちがおばあちゃんに話をねだります。おばあちゃんがしてくれたのはこどもの頃聞いた狼の話でした。だからこの絵本の舞台は江戸時代、場所はたぶん信州、作者の故郷の佐久地方でしょう。見返しに描かれている連なった山々は佐久地方から秩父地方に連なった山々の風景です。連なった山々に会いたくなります。今はもう絶滅したといわれている日本狼、おとこやまのくろおおかみとおんなやまのあかおおかみがてんぐやまのてっぺんで出会い、仲よくなって春三頭のこどもが産まれます。こどもたちは親狼に生きていくすべてを教わり大きくなります。一方ふもとの村では人間が子育てをしています。ある日父親は牛を買いに行き、子牛をつれて帰りの峠を越えようとしています。そして、狩りに出かけてきた狼の一家と出会います。どうやったら狼から逃れられる?火を焚きますが狼はじりじりと囲んだ輪を縮めてきます。命をすくったのはもらった赤飯でした。
 狼は夜狩りをします。昔は人も獣もみんな山の恵で生きていたのでした。迫力のある狩りの場面
、ここに描かれている狼たちはなにかの本や映像でみたことのあるカナダの狼よりいくぶん身体が丸い、ただ、実際はもっとよごれて?いるのかもしれません。もう少し精悍な姿に描かれるのかもしれませんが、なにぶん見る事がなくなってしまい、物語のような世界で考えられた姿なのでしょう。ヨーロッパなどと違って農耕民族である日本人にとって狼は神聖な獣のようにおもっていた。つまり農地を荒らす獣を退治してくれる存在だった。狼が絶滅した理由は確かに人間が殺したのかもしれないが、狼を殺しつくしたことより、銃の伝来と発達で狼が食糧にしていた獣を簡単に退治する事ができるようになり、飢えた狼はもはや人々にとって神に近い獣というより、ただ害をなす獣になってしまったからではないかという考えに納得してしまいます。前に買ってあった「オオカミはなぜきえたか 千葉徳爾・著」をひっぱりだして再読。いっしょにこれは狼の本ではないけれど「山の声 辻まこと・著」を本棚からみつけて読みふけってしまった。

« ふたばからのおたより -4月― | トップページ | バンブルアーディ »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふたばからのおたより -4月― | トップページ | バンブルアーディ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山