« オバケ屋敷にお引っ越し | トップページ | 菜の子ちゃんとカッパ石 »

2016年4月24日 (日)

水はみどろの宮・水は、

Photo
「水はみどろの宮」
石牟礼道子 作
山福朱実・画
福音館文庫 本体700円


お葉は7歳、父も母も亡く爺さまに育てられ、二人で暮らしている。けれどこれは正確ではない。二人だけで暮らしているわけではない。お葉は山の湖の底で千年狐のごんの守と出会って、山の声がきこえるようになる。お葉は作者なのではないだろうか。作者は生涯水俣の声を聞き続け、発信してきた。残念ながら私も含めてもう山の声、自然の声、生き物の声を聞く事ができなくなってしまった。時には耳を澄ませてみるものの、春、小さきものが誕生する時にかすかに聞こえることができるだけだ。作者はその声が聞こえるところを「水はみどろの宮」と決めてそこから千年狐のごんの守りに導かれている。<いつか世界が濁ってしまう日がくる。誰も知らない大切な場所に秘されている、かそかな美しい音を、今のうちに聴きとっておきたい、と思ったのかもしれなかった。空気がだんだん赤くなってくる。目が眩んで、世界は赤い渦巻きになってきた。P177より>ー作中の画がとても良い!ー
 熊本は水の宮なのだ。水、遠い記憶を呼び覚ましてみる。熊本だけではない。私たちが受けている恵のみなもと、山であり、森であり、海であり、大地であり、すべて水の恵にあずかっているのだ。

Photo_2
「水は、」
山下大明 写真/文
福音館書店 本体1200円


水はたくさんのものを育て、貯えられ宇宙をめぐって、地球をめぐって、私たちに恵を与える。
 水にうつった
 あの花はこの世の奥の
 花ばいな
 とろと 思うても
 とれやせん

 水はみどろの
 その奥に
 まことの花の
 咲けるかな
 いざ一息に
 身をばなげぇーと
 六根清浄
 ええーいっ
ー「水はみどろの宮」よりー

« オバケ屋敷にお引っ越し | トップページ | 菜の子ちゃんとカッパ石 »

一般書籍」カテゴリの記事

児童書(Y・A)」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オバケ屋敷にお引っ越し | トップページ | 菜の子ちゃんとカッパ石 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山