« まく子 | トップページ | 昆虫の体重測定 »

2016年3月10日 (木)

少年の成長ー「まく子」の続き

昨日のこのブログに西加奈子の「まく子」をとりあげて、キラキラと輝いている青春の書の評価をするものの、おとなになっていく体についての描写がおばあさんの私にはよくわからない、そして、とまどっていると書いた。それは作者が女であることに関係するのではないかとも思う。はたして男の子は自分の体に対してこんなように書かれているような見方をするのだろうか。私はどうしても男の生理がよくわからない。いつもなんとなくまわりの男の子を見て漠然とした性を想像していた。私には父も祖父も弟もいたけれど、男というより家族という目でみていた。男の子の生理がなまなましく描写されていると、そのことだけにとらわれてしまって男という性に思いがおりてこない。
 一方この本を読んでいてやはり思春期の男の子の成長を書いている長薗安浩の本を思い出してみた。
Photo
「最後の七月」理論社

Photo_2
「あたらしい図鑑」ゴブリン書房




「最後の七月」にもおとなになりつつある体のことを書いている場面がある。しかも安治と友だちのカズは学校へ行く前から松浦という体の不自由な同級生の登下校に手を貸して来た。松浦は医者の息子、決して、自分の方からお礼を言ったり謝罪の言葉はない。男の子たちは松浦の体に対しての扱いがストレートであからさまだ。でもそれは松浦をあわれにおもうからではない。同級生の女の子に対してのささやかな恋?や不安も男ではないけれど同じ様な不安と戸惑いとして(たとえば生理がある)共通につかむこと、イメージができた。
「あたらしい図鑑」は13歳の男の子純、背が低いことにコンプレクスをもっている。ある日ひときわ背の高い老人村田に出会い、その老人の家に友だち(この子は今風にいうと性同一障害と呼ばれかねない男の子だ。)と訪ねていく。純も自分の性にとまどい、それは自分のおもうようにならないモヤモヤとしたもので、老人はそのモヤモヤをスケッチブックに貼付けることをすすめる。あたらしい図鑑を自分でつくっていくこと、その行為の中で思索をふかめていくことを教え死んでいく。村田は詩人の田村隆一と思われる。
 読者は本を通じて読むという行為のなかから、存在の不安を言語化していく。やはり青春の書はそうやって自分のなかに残っていくのではないだろうか。私は10代、小学校6年から中学・高校生くらいのあの不安な苦しい時代を思い出していた。

« まく子 | トップページ | 昆虫の体重測定 »

コラム」カテゴリの記事

児童書(Y・A)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まく子 | トップページ | 昆虫の体重測定 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山