募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

キボウのカケラ

クリック募金

« のっぽのスイブル155 | トップページ | ラミッツの旅 »

2016年2月 8日 (月)

海からのおたよりー2016年2月


        ビーチコーミングしてみませんか!

冬の海は寒くて風が強い日が続くかと思うと信じられないようなおだやかであたたかな日があるのが南房総のいいところです。風や波のなさそうな日を天気予報で確認したら冬の海にお出かけしてみましょう。

P1250180

「ビーチコーミング」がいまブームになっています。浜辺を櫛で剥くように海からの漂着物を拾うのです。海辺では貝以外にも「土器のかけら」や「ビーチグラス」など一見ガラクタに見えるものでもよくみるとおもしろいお宝をひろうことができます。特別な準備はいりませんが、ひろったものを入れる袋、壊れやすい貝を入れるのに便利なタッパー、長ぐつ、ビニールの手袋もあると便利です。南房総まで遠い、という方には近場ではいなげの浜、千葉ポートパークの人工海浜でも充分たのしめます。
わたしは貝を専門にひろっています。先日、千葉ポートパークで拾った貝です。
P2070195
アサリやシオフキが寒さで打ち上がっている中にヒメシラトリガイやホンビノスガイ(幼貝)を見つけました。
 神奈川の友人は「よこばいタイムス」というビーチコーミングサークルのニュースレターを送ってくれました。毎年夏に漂着物で作った作品を展示しています。一昨年、逗子まで行ってきましたが非常にたのしかったです。
わたしは漂着物でオブジェなどは作りませんが、最近はアクセサリーや雑貨などを作って、漂着物をアート作品として販売する人も出てきました。また、学術的に研究する漂着物学会という全国組織の学会もあります。

※ご興味をもった方に
ビーチコーミングをはじめよう  木星舎 石井忠
海辺の漂着物ハンドブック    文一総合出版 浜口哲一

    漂着物学会・どんぐりつうしん変集長 谷口優子


« のっぽのスイブル155 | トップページ | ラミッツの旅 »

コラム」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« のっぽのスイブル155 | トップページ | ラミッツの旅 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

8月の営業とお休み

  • 8月のお休み
    ご希望の時は前日までご連絡ください。お休みのときでもご希望の時間に合わせることができます      *8月は不定期です/お休み・13日(日)・14日(月)・ 15(火)19(土)/30(水)31(木)は棚卸し    *5日(土)6日(日)20(日)26(土)27(日)は1:00〜6:00         *28日(月)29日(火)は10:30〜6:00                   *その他は夏時間1:00〜7:00               

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
       8月・9月の予定          *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日9月は未定           *ボランティア講座 定例会9月25日(月)10:00〜             *憲法カフェ臨時8月29日(火)ミニ講演会マイナンバーと個人情報(図書利用カードをめぐって)講師白石孝さん 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会9月20日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会9月14日(木)7:00〜読書会          *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会9月8日(金)7:00〜    *絵本の会9月15日(金)7:00〜おとなの絵本の魅力            *羊毛ちくちくの会8月17日(木)10:30〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

できることから

無料ブログはココログ