« 神々と戦士たちⅠ・Ⅱ | トップページ | 北をめざして »

2016年1月30日 (土)

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん

Photo
「まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん」
朽木祥・作
片岡まみこ・絵
小学館 本体1400円


ある春の日のこと、野原のちょっと高くなっているところの土管からねこの手がでています。どうしてなのでしょうか。土管の中にねこがいます。どうも土管にしっかりはまって出られそうもありません。片手としっぽの先だけです。どんなにひねってもしっかりはまってしまった身体はうんともすんともできません。
これにはこんなわけがあるのです。このねこの名前はノネコ、少し奥の所にひとり、いっぴきで住んでいます。ノネコは誰もいないのでさびしくてしかたありません。お料理してもいっしょに食べる人がいないので、ついさびしいなぁといいながら自分で食べます。はじめはそれで良かったのに、食べてばかりいるのでどんどん太ってしまいました。ある日思いきって友だち探しに出かけて来たのは良いのですがいぬに吠えられておもわず土管の中に逃げ込んでしまいました。そして・・・土管からぬけられなくなってしまい、バタバタとしているのです。夜になりました。ねこたちがたくさん集まって来ました。今夜は満月、歌ったりおどったり、そして主張をすることができる夜です。しかもその主張するのはノネコがはまりこんでいる土管の上なのです。いろいろのねこたちの主張や動きにつられて頭のいたいのも忘れたノネコは歌や踊りにあわせて、片方の手を出したりひっこめたりしました。宴は最高潮になっていきます。
 最近形や大きさは絵本のようなのだけれど、文章はかなり多く、しかもタテ組の本がおおくなりました。出版社が小学生向きに考えているのだと思います。絵本の形にするとたっぷりと絵がはいり、それでいて文もたっぷり読むことができるような本になるからです。この本もさびしくてそれが過食につながっていくなどという思春期やおとなの問題がこめられていて、それでいて画がねこというキャラクターをつかうところが観念的な情緒的な文にならず成功している理由です。なんといっても版画で描かれているいろいろのねこたちがいい!もし、あなたがノネコのように過食気味だったら、時にはいっしょに食事ができるようなお友だちをつくることです。

« 神々と戦士たちⅠ・Ⅱ | トップページ | 北をめざして »

児童書」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神々と戦士たちⅠ・Ⅱ | トップページ | 北をめざして »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山