無料ブログはココログ

« キャベツくんがはしっていく | トップページ | モンスター・ムシューとめんどり »

2016年1月11日 (月)

おしゃれなクララとおばあちゃんのぼうし

Photo
「おしゃれなクララとおばあちゃんのぼうし」
エイミー・デ・ラ・ヘイ文
エミリー・サットン絵
たかおゆうこ訳
徳間書店 本体1500円



クララはおばあちゃんが残してくれたぼうしを大切にしています。おばあちゃんはぼうしやさんだったのです。クララもお人形の洋服をつくったりするときにおばあちゃんのぼうしをかぶります。そうすると上手にいくからです。ところがある日おにいちゃんのオリバーが部屋に入って来ておばあちゃんのぼうしをやぶいてしまいます。おかあさんはクララをなぐさめて外の行きたい所へ連れて行ってくれるといいました。”今日はすてきなぼうしの日にしたいの”とクララがいったので”ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館に行こう、そこにはすてきなぼうしがあるから”もちろんクララは賛成です。ぼうしがたくさんある博物館ならきっとおばあちゃんのぼうしを直してくれる人がいると思ったクララはないしょにそっとおばあちゃんのぼうしをリックにいれました。
 この絵本は日本では翻訳されている絵本「めにみえないびせいぶつのせかい(ゴブリン書房)」「クリスマスの木(BL出版)についで3冊目になります。前作同様細密のとてもきれいな絵本です。しかも舞台が博物館なのでお城のような建物から、なかに展示されているようす、もちろんたくさんのぼうしの部屋の様子が描かれていますが、3人でお茶を飲む博物館のすてきなカフェまで、おまけにクララとオリバーが見た夢のなかまで、丹念に描かれているものたち、人の様子、博物館の職員(イギリスなので黒人もいます)これこそ絵本です。その意味では絵本と博物館はにたもの同士なのかもしれません。
 町並みにしっかり前を向いて歩いているクララもおにいちゃんもよい子ですが、それをしっかりサポートするおとなたちもすてきです。

« キャベツくんがはしっていく | トップページ | モンスター・ムシューとめんどり »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キャベツくんがはしっていく | トップページ | モンスター・ムシューとめんどり »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

9月の営業とお休み

  • 9月のお休み
    *お休み 4日(月)・11日(月)・18日(月)25日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)8日(金)7:00〜  「紙芝居をしてみよう」       *Y・Aの会 読書会(どなたで も)14日7:00〜 「とりあげ る本 ペンギンハイウェー」    *絵本の会 「大人に絵本を」  15日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他」20日7:00〜                *ボランティア講座座 25日(月)10:00〜                *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法」9月20日(水)7:00〜                *羊毛チクチクの会 21日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山