ウェブページ

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集はじまり ました。自主講座のグループ もありますが、くわしくは会 留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・              =5月の予定=    *学ぼう語ろう〜21日2:00〜きみたちはどう生きるか」を読んで  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 10日  (木)7:00〜読書会「扉守 塩の道の旅人」  光原百合著 ・・・・・・・・・・・・・・・        *羊毛チクチクの会 17日10:30  〜(事前参加申し 込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 9日 (水)7:00〜読書会「たまたまザイールまたコンゴ 田中真知・著(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・       *憲法カフェプラス2 29日(火)  7:00〜選挙法について学ぼう・国民投票ってなんだ  お話 千葉県若手弁護士の会お茶と パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *絵本の会 18日(金)7:00〜さあはじめよう!どんな絵本を読もうか?!                                                                                                                         

5月の営業とお休み

  • 5月のお休み
    *お休み 3日・4日・5日・7日・14日・21日・28日の各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00
無料ブログはココログ

« 文房具のやすみじかん | トップページ | じまんのマフラー »

2016年1月23日 (土)

海からのおたより2016年1月

       波打ち際の謎の白い脂?
「海からのおたより」を『えるふつうしん』に載せていただくようになって10数年の時が経ちました。このところ足腰を悪くしてしまい、以前よりも海辺を歩く機会が減ってしまいました。海に出られなくなってますます海の不思議さやすばらしさを考えるようになりました。本年もよろしくおねがいいたします。

P10501141

1月5日、今年はじめて海に行きました。わたしが海に行くのは貝の観察と採集が主な目的です。千葉県のレッドデータブックの掲載種の追跡調査をしているのでときどき海のようすを見に行きます。
南房総は暖冬の影響で水仙や菜の花が咲いていました。房州では冬に「大西」という強い季節風が吹き荒れます。ひどい時には3日間くらい海の砂と塩が海から飛んできて洗濯物は干せない、自転車に乗れない、耳に砂が入り、髪の毛は潮ワカメのようになります。この風のおかげで南房総はあたたかいのだと地元の人はいいますが・・・・イメージとは違って南房総の冬はおだやかな「常春」とは程遠く案外と「寒い」のです。ことしはその風が吹かないせいで海はおだやかな日が多いそうです。細かい貝が打ち上がっていたところをみるとそれを裏付けている証拠です。

1

ある海岸の波の痕が白い筋になっていることに気づきました。たくさんの海鳥たちがそれをついばんでいるように見えました。「なんだろう?」近寄って指でさわってみました。たちまち消えました。「脂?」。もう少し歩いてその脂?を集めてみました。魚の白子かもしれないと思いましたがそれらしい魚は見当たりませんでした。指はものすごく生臭くべたべたしました。FBで海辺の鑑定団のお友だちから、「きのう、その海岸にザトウクジラが打ち上げられて午前中にとなりの海岸に埋めたのでその脂でしょう」とのお返事がきました。あれはクジラの脂だったんだ!夏の暑い時期だったらもしかしたら海岸はべたべたになったかもしれません。鯨の脂はむかしは貴重品だったことを思い出しました。
鯨が打ち上がると地元の新聞に必ずと言っていいほど載るのですがお正月だったのであまり話題にならなかったようです。

   どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« 文房具のやすみじかん | トップページ | じまんのマフラー »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文房具のやすみじかん | トップページ | じまんのマフラー »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2