« しゅるしゅるぱん | トップページ | よるのとしょかんだいぼうけん »

2015年12月11日 (金)

だいすきなマロニエの木

Photo
「だいすきなマロニエの木」
オーサ・メンデル=ハートヴィッグ文
アネ・グスタフソン絵
ひだにれいこ 訳
光村教育図書 本体1400円


アパートに住んでいる私にはだいすきな木があります。マロニエの木です。わたしのその木はアパートの中庭にあって、春から冬まで一年中きれいな木になります。春になると木々は目をさまし、小さな若葉でみんなに挨拶をします。ただ、今年は私の木は緑になりません。目を覚まさないのです。このマロニエの木はすっかり年をとってしまい、もう枯れてしまったので切らなければとおとなはいいます。いよいよ明日は切られるという前の夜、私は木の上でねることを決めます。木の上に女の子がいれば、きっと切ってしまうのは取りやめることになるからと決心します。でも、木に梯子はかけられないし、おとなに頼んでもだれも手をかしてくれません。ところが気がついたら木に梯子がかかっています。私は梯子をつたって木の上にあがる事ができました。静かに目をとじるとどこからか声が聞こえてきました。
 ”決して私は死なないよ”大好きな木が切られてしまう、悲しみでいっぱいの女の子の心に”命はめぐっていく、だからそんなに悲しまないで””公園にいってごらん、学校だって私の子どもがいるから”語りかける木の言葉に私もうなずいてしまいます。
 私は大きな木、真直ぐに天に枝を延ばす欅が大好きです。小さな赤い実もをつけるヤマボウシも大好きです。今日は強風が吹き荒れて黄金色に輝いていたイチョウの葉がすっかり散ってしまいました。せっせと秋のしるしの落ち葉を拾って楽しんだ今年もわずかになりました。”おやすみ!春になったらまた、会おうね。女の子も大好きなマロニエの木に話かけています。
 

« しゅるしゅるぱん | トップページ | よるのとしょかんだいぼうけん »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しゅるしゅるぱん | トップページ | よるのとしょかんだいぼうけん »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

9月の営業とお休み

  • 9月のお休み
    *お休み 4日(月)・11日(月)・18日(月)25日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)8日(金)7:00〜  「紙芝居をしてみよう」       *Y・Aの会 読書会(どなたで も)14日7:00〜 「とりあげ る本 ペンギンハイウェー」    *絵本の会 「大人に絵本を」  15日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他」20日7:00〜                *ボランティア講座座 25日(月)10:00〜                *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法」9月20日(水)7:00〜                *羊毛チクチクの会 21日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山