« 講演会のお誘いー子どもに本の楽しみを | トップページ | りすともりのあしおと »

2015年11月11日 (水)

長谷川集平の絵本

長谷川集平の新刊がだされました。
Photo
「あなに」
長谷川集平
解放出版社 本体1600円


オビに1976年に出版された「あな」谷川俊太郎・和田誠へのオマージユでもあるとかかれている。ひろしはしろうを誘い日曜日の朝キャッチボールにでかけた。いろいろな人がふたりの側をとおって、いろいろな事を聞いていく。しろうは転校生で福島からここへ繋がった。答えながらふたりはボールを投げあっている。キャッチボールをしながら、おたがいの距離をはかりながら関係を深めていく。そして、穴から出て覗き込む。穴は深くて暗い。穴に落ちたボール、次の日に穴はうめられていた。ふたりはこの穴にはぼくたちのたいせつなものが埋められているとおもう。
「あな」谷川俊太郎 作 和田誠 画福音館書店刊ではひたすらひとりで穴を掘っていく少年だった。穴のそこでしばらく静かにひとりで。
Photo_4
(クリックしてください)
「天使がいっぱい」
長谷川集平
光村教育図書 本体1300円
 これもまた、オビに描かれていたのだけれど”天使がいつもみまもってくれる”なんとなく不安、なんとなく学校にいきたくない、かといって家に隠ってもいられない、うさぎのようにどこかへ跳ねていってしまいたい。おばちゃんに誘われ雪の中でエンゼルをつくる。ニューヨークでは子どもたちが雪のなかにエンジェルをつくるとおばちゃんはいう。だから”たくさんの天使がいつも見守ってくれるのだよ”と。
 すこしずつ他とのかかわりをつくってく子どもたち。天使が静かにみまもってくれるのだ。テロ、震災、原発。でも、たくさんの天使が子どもたちを励まし続けていくだろう。作者はかわらず思春期の子どもたちの気持ちを描くのでは一番の描き手かもしれない。


« 講演会のお誘いー子どもに本の楽しみを | トップページ | りすともりのあしおと »

児童書(Y・A)」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 講演会のお誘いー子どもに本の楽しみを | トップページ | りすともりのあしおと »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山