ウェブページ

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集はじまり ました。自主講座のグループ もありますが、くわしくは会 留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・              =5月の予定=    *学ぼう語ろう〜21日2:00〜きみたちはどう生きるか」を読んで  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 10日  (木)7:00〜読書会「扉守 塩の道の旅人」  光原百合著 ・・・・・・・・・・・・・・・        *羊毛チクチクの会 17日10:30  〜(事前参加申し 込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 9日 (水)7:00〜読書会「たまたまザイールまたコンゴ 田中真知・著(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・       *憲法カフェプラス2 29日(火)  7:00〜選挙法について学ぼう・国民投票ってなんだ  お話 千葉県若手弁護士の会お茶と パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *絵本の会 18日(金)7:00〜さあはじめよう!どんな絵本を読もうか?!                                                                                                                         

5月の営業とお休み

  • 5月のお休み
    *お休み 3日・4日・5日・7日・14日・21日・28日の各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00
無料ブログはココログ

« 森ねこのふしぎなたね | トップページ | ふたばからのおたより -11月― »

2015年11月25日 (水)

ボタンちゃん

Photo
「ボタンちゃん」
小川洋子 作
岡田千晶・絵
PHP研究所 本体1300円


昨日に続いて絵本がかならずしも子どもだけでないということの一冊。この絵本の主役はなんといってもボタンです。ただそのお話の前の部分にこのボタンはアンナちゃんのよそ行きのブラウスについていました。ボタンにはしっかりとめてくれる糸とボタン穴が必要です。ある日糸が切れてボタン穴をくぐる事ができなくなったボタンは下に転げてしまいます。それからはじまるのはボタンの冒険でなく、アンナちゃんたちにすっかり忘れられてしまった、アンナちゃんが小さかった時につかったものの悲しみを聞いてやって、悲しがらなくてもいいんだよと話してやったことです。たとえばガラガラ、よだれかけ、そして、ホッキョクグマのぬいぐるみ、いすのかげにあったり、洋服ダンスのうらがわにあったり、なにかの調子で落っこちて忘れられているものです。ボタンはけしてわすれたのではなくアンナちゃんはみんなのおかげで大きくなったのだとなぐさめます。よかったことにそれらはママに気がつかれて宝物の箱に入れられました。ボタンは拾われ仲良しのボタン穴のところに戻る事ができました。途中からアンナちゃんは出て来なくなっています。
つまりボタンちゃんのいた世界は変わってしまったということです。
 柔らかく描かれた絵はちょっと自分の先に不安をもっているようなおとなの人に、気持ちを明るくさせてくれます。子どもといっしょに読むというより、少し歳とった人にプレゼントに良いとおもいます。
人みな、不必要な存在ってないのだ、自分をそうやって肯定しながら読んでもらうと元気がでるかも。写真やものは決していらなくなったものばかりではありません。本もそのひとつです。

« 森ねこのふしぎなたね | トップページ | ふたばからのおたより -11月― »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 森ねこのふしぎなたね | トップページ | ふたばからのおたより -11月― »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • 010311_0