« ももんがのふゆのおうち | トップページ | 講演会のお誘いー子どもに本の楽しみを »

2015年11月 9日 (月)

南極の生ものたち

Photo
「南極の生ものたち」
たくさんのふしぎ12月号
水口博也 文写真


表紙にはペンギン、でもペンギンのことだけでなく南極大陸の生ものたちのことが描かれています。南極大陸は広大な大陸です。そのまわりを西から東へと海流が流れていてそれは留まることがありません。その大陸の南アメリカ大陸側まるで親指をつきだしているようになっていて、その海峡をドレーク海峡とよびます。まず見られる鳥、ワタリアホウドリです。氷山が見えます。海面下には数百メートルもあるとのこと、海にただよいながら小さな氷山になってやがて溶けて海の水にかえっていく、春になって氷が割れて船の通り道ができて、開けた場所にはペンギンの群れがみえます。この本では二種類のペンギン、アデリーペンギンとジェンツーペンギンの生態が描かれています。映像等ではペンギンの子育て等のシーンが多く流れていて、過酷な自然の中に卵を孵す様子、そして巣立ちの様子などを見る事が多いのですが、自然界がどこもおなじようにおとなになるにはなかなか大変です。そして、その危険に負けない様な智恵でかれらは生き抜いていきます。人間と同じ哺乳類であるクジラのことも描かれています。ザトウ鯨の食事、ナンキョクオキアミのことクジラだけでなく南極にすむ生ものはすべてこのナンキョクオキアミを食べているとのこと、透明な卵もきれいです。そして、カニクイアザラシ、ヒョウアザラシ、特にヒョウアザラシがときにはペンギンをおそって食べてしまう映像を昔見た事がありますが、陸ではオオトウゾクカモメが卵や雛をねらいます。でも、死んだものなどが他の生きものの食べ物になって生ものの世界は循環している、そして、生き残ったものがまた次の命を繋いでいく、世界はこうして続いてきました。
 地球温暖化で南極の氷がとけていくことがいわれていますが、実際はなにが原因かはわからないとのこと、ただいえるのは人間の営みが全部といえないまでもその一翼をになっていることは事実のようです。この地球上で人間だけが生きているのではないこと、人間だけでは生きていけないこと、なんらかの形で共生を考えていかなければならないこと、そのことを生きものたちから学ばなければならないこと、仲間同士で殺しあって戦争している時間はないということではないでしようか。

« ももんがのふゆのおうち | トップページ | 講演会のお誘いー子どもに本の楽しみを »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ももんがのふゆのおうち | トップページ | 講演会のお誘いー子どもに本の楽しみを »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *7月2日臨時(日)・3日・10日・ 24・31 日の月曜日               *7月9日・16日・23日・30 日の日曜日は1:00〜6:00            *その他の営業時間3:00〜8:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日3日(月)1:30〜話し合い  *ボランティア講座 定例会24日(月)10:00〜 テーマ「お話会の小道具づくり 会員」               *憲法カフェ25日(火)3期・7月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会12日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会13日(木)7:00〜読書会宮下奈都「スコーレーNO4」                  *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会14日(金)7:00〜制作「手遊び」                  *絵本の会21日(金)7:00〜ロングセラー絵本の魅力           *羊毛ちくちくの会20日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山