« アオサギのさかなとり | トップページ | 「ママたちの会」の憲法カフェ »

2015年10月11日 (日)

まつぼっくり

Photo
「まつぼっくり」
かがくのとも11月号
菅原久夫 ぶん
大島加奈子 え
福音館書店 本体389円


この間まで暑い暑いといっていたのにすっかり秋になってしまいました。秋は実りの秋といわれているだけに収穫の季節です。植物ではもいだり刈り取ったり掘ったりするものもたくさんありますが、風に吹かれて落ちるものもたくさんあって、それらは拾って収穫します。この絵本のまつぼっくりもそのひとつです。まつぼっくりを人は食べませんが、松に関する食べ物、有名なのはきのこ、松茸です。千葉は海の県なのでこの絵本の舞台のように海辺には松林が続いていました。”いました”というのは開発ですっかりなくなっているところも多いからです。現代の千葉市の海側は埋め立てられて高層のマンションなどが立ち並んでいますが、以前の国道添えには松林がひろがっていました。海の側の松林は防砂林の役目もします。少し前にはその松林越しに結核の療養所や病院があったのも良く見られる風景でした。
 いま、拾うものの一番は栗でしょう。食べたりしませんが松ぼっくりも拾います。今ではもっぱら飾りものに使います。あんまり開いていないものをレンジでチンとするときれいに開きます。カラースプレーで色をつけてビーズなどのキラキラしたものをちょっとのせるとかわいいクリスマスツリーができます。
 ところで一番おなじみのこの絵本で描かれているクロマツの松ぼっくりが春の受粉から種をつくるのに1年半かかること、風に吹かれて種を飛ばし、そして地面に落ちます。種はあまり見た事がなく、このこともこの絵本で知りました。これは本には書いてありませんが落ちたまつぼっくりがかわくと良く燃えます。
 いま、ギンナンがたくさん落ちています。落ち葉もきれいです。それから少し寒い風が吹く様になるとたくさんのまつぼっくりを拾う事ができます。
 この絵本の松は良く描かれていて、まつぼっくりはもちろんのこと、松のツンツンした感じまでも良く描かれています。

« アオサギのさかなとり | トップページ | 「ママたちの会」の憲法カフェ »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アオサギのさかなとり | トップページ | 「ママたちの会」の憲法カフェ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山