« ハロウィーンの星めぐり | トップページ | 稲と日本人 »

2015年9月28日 (月)

ふたばからのおたより -9月―

      
           お久しぶりです・・・

 かっての職場の創設者がある賞を受賞した。お祝いの囲む会を開きたい、こんなことでもないと古いメンバーが顔を合わせる機会がないから、という電話を突然受けたのが8月の終わりごろ。そのささやかな祝う会が、今日9月27日、施設敷地内のホールで行われた。
 今年は戦後70年だったが、終戦直後はたくさんの戦災孤児が巷にあふれ、その頃に設立された施設は多い。そうした養護施設を出て社会に一人放り出された若者たちが、僕らの帰る家を作ろうよ、と昭和33年ごろに狭いアパートの1室からスタートしたのが私のかっての職場だった。私が働いていた間に、社会が追いかける形で「自立援助ホーム」という新しい児童福祉法上の施設となった。今では全国に100以上もある、その第1号だ。とにかく金もなければ物もない「0」から作り上げ、生きてきた方たちがそばにいたということは、私には大きかった。「戦後すぐの列車は乗ろうにも乗れるもんじゃなくて、僕だけ振り落とされて、母親とはそれが生き別れでした・・・」そんな話を目の前で聞いたこともある。
 でも、私がそこで働き始めたのは、創設者の方の熱い思いやバイタリティに惹かれたからでも、社会福祉の勉強をして社会の役に立ちたいと思ったからでもない。たまたまそこに暮らす若者たちのことを書いた本を読み、その子たちの心もとなさ寄る辺なさが私が抱えてきてしまった寂しさを揺さぶったのだと思う。申し訳ないけど、私の出発点はそこでしかなかった。そして、その出発点が、今までこんなに長く養護の仕事を続けさせてきたんじゃないかな、とも思ったりする。
 今日の祝う会は豪華でもなく、素っ気ないくらい質素だった。誰もかれもが年取っていて、ちょっとうらぶれて、恥ずかしそうに入ってきた。いい会だったと思う。

Photo

写真は、2代目夕顔。昨年きれいに咲いたものの種をまきました。去年みたいに咲いてくれるかな、と心配してましたが、ほら、今真っ盛りです。花の上にカマキリ1匹。(中央の花の上のカマキリ、クリックすると大きく見えます)
 それから、お知らせです。10月19日(月)から25日(日)、今年度もきぼーるで、里親制度啓発のパネル展示を行います。お近くまでいらしたときには、ぜひ覗いてみてください。  
                                       (の)


« ハロウィーンの星めぐり | トップページ | 稲と日本人 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハロウィーンの星めぐり | トップページ | 稲と日本人 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山