« 長崎ものがたり お船が出る日 | トップページ | ルークとふしぎな歌 »

2015年9月22日 (火)

いっぽんの木のそばで

Photo
「いっぽんの木のそばで」
G.ブライアン.カラス作
いしづちひろ 訳
BL出版 本体1700円



この絵本の主人公は一本のオークの木です。ある日男の子がどんぐりを土の中に埋めました。やがて陽と空気にふれて芽は大きくなりました。1775年のことです。毎年オークは大きくなっていきました。男の子は青年になって家族で引越していきました。その後住んだ農夫たちがあたりを切り開いていったのですが、このオークの木だけはそのまま残りました。1825年には大雪が降ってオークの枝は折れてしまったのですが元気に大きく成長していきました。木だけではありません、まわりには人が増え、家も建って街もどんどん大きくなってきました。こうやって一本のオークの木をめぐって、そこで生きて来たきた人たちの様子が描かれています。
 男の子がどんぐりを埋めて、オークの木がうまれ200年がたちました。ある日大嵐がやってきた日にオークはまっぷたつに裂けてしまいます。2000年のことです。街の人はオークを細かくきざんで、家具をつくったり、薪になったり、さいごには肥料になりました。でも、見てごらん。小さな芽が切り株の側から顔をのぞかせています。
 いま、どんぐりがたくさん落ちています。近くの学校は工事をしているので、いつもならたくさん拾えるのですが、今年はひろえません。でも、公園などでたくさん落ちています。どんぐりにはいろいろの種類がありますが、木として有用だけでなく、遊びに使ったり、染め物に使ったり、もちろん種類によっては食べられます。昔は飢饉のときの非常食にするために蓄えていた所もあります。 
 一本のオークの一生が時間をおって描かれています。下のほうにそのオークの木のまわりの様子を知るために年代が描かれています。今は2015年、15年たったオークはどんなに大きくなっていることでしょう。

« 長崎ものがたり お船が出る日 | トップページ | ルークとふしぎな歌 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎ものがたり お船が出る日 | トップページ | ルークとふしぎな歌 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山