« そらとぶじゅうたんでせかいいっしゅう | トップページ | へいきの平太郎 »

2015年8月17日 (月)

アンドルーのひみつきち

Photo
「アンドルーのひみつきち」
ドリス・バーン文・絵
千葉茂樹・訳
岩波書店 本体1300円


”ひみつきちだって!なつかしいなぁ”ちょっと昔子どもだった人はきっとこういうとおもいます。主人公アンドルーは5人きょうだいのまんなかです。姉さん2人、弟2人、みんなはお互いで遊びますが、アンドルーは1人です。でもさびしくはない、アンドルーはいろいろな物をつくる天才?です。たとえばキッチンにヘリコプター、リビングにはワシの檻、ミシンでまわすメリーゴーランドとか滑車でしかけ、でもみんなには不評でどけてほしいといわれてしまいます。それで、春のある日道具をふくろにつめて家をあとにします。森のなかに良い場所を見つけて、さっそく秘密基地をつくります。ところがそこに友だちがつぎつぎとやってきます。みんな家の人から”そんなものつくらないで”といわれ家をでてきたのです。アンドルーはみんなにすてきな秘密基地をつくります。すごい!すごい!ところが家では子どもたちが帰って来ないのでおおさわぎです。
 最近のカラフルな絵本のなか久しぶりのモノクロの絵本です。そして、内容もここまでくるとそれはほんとうではないとおもいます。しかも読んでいるのは今の子どもたちです。けれど、描写も文もとても丹念に細かく描かれているので、限りなくリアルです。アンドルーがどんな物をつくったか、後で大活躍する犬のサムのようす、だいいちこれは4日間のこととしっかり日付まで描かれています。絵は細部にわたって描かれているので、全部ほんとうのことになってしまいます。家族が子どもたちを見つけて喜びに踊る場面はうれしさにあふれています。表紙も見返しもあざやかなグリーンです。
 1963年の作品です。この頃生まれた人は50代、懐かしがるだけでなく子どもたちの心の望みをきいてください。子どもたちの夢をつぶさないで。

« そらとぶじゅうたんでせかいいっしゅう | トップページ | へいきの平太郎 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そらとぶじゅうたんでせかいいっしゅう | トップページ | へいきの平太郎 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山