« ぼくは、チューズデー | トップページ | よるになると »

2015年6月20日 (土)

ウミガメいのちをつなぐ岬

カメは子どもたちに人気があります。家で飼っている人もわりあい多いので観察できます。カメは爬虫類なので肺で息をするために時々陸にあがります。実際は解っていない部分もたくさんあります。
Photo
「ウミガメ いのちをつなぐ岬」
写真・文 櫻井季巳
少年写真新聞社 本体1400円


この写真絵本は静岡御前崎のアカウミガメの産卵を中心とした写真絵本です。ここから茨木・千葉が太平洋のアカウミガメの産卵場の北限です。7月ある夕方海からアカウミガメがあがってきます。そして、砂浜に卵を産みます。産み終えたアカウミガメの疲れ果ててやっと海に消えていったオヤガメ、やがて孵化、子ガメは50〜60日位で巣穴から地上にはいだしてきて、海にむかっていきます。いま、アカウミガメは保護動物です。御前崎ではウミガメを保護観察員の人たち、ボランティアの人たちが野良犬などから保護、また、観光客のマナーの悪さもありますが、環境の変化がアカウミガメがいなくなってしまった原因にもなっています。
 御前崎では保護観察活動として、5年生が全員当番制で子ガメを飼育しながら観察をしているそうです。
この絵本の前のほうにはアカウミガメの生態等が、後半はその子どもたちの活動のようすなどの写真がたくさんあります。こどもたちが卵の分析をしたり、子ガメたちを海に放流するようすが良く解ります。
 ところで千葉県でもいすみ市太東漁港脇の砂浜で14日早朝産卵があったようすが新聞にでていました。8月末には子ガメの様子が見られると、みんな無事孵って海に帰る事ができるといいなぁと思います。

« ぼくは、チューズデー | トップページ | よるになると »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくは、チューズデー | トップページ | よるになると »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

11月の営業とお休み

  • 11月のお休み
    *お休み 3日(臨時)・6日(月)・13日(月)20日(月)27日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)10日(金)7:00〜 「おもちゃと子ども」おもちゃカフェサンタ・西宮さんを囲んで話を聞く          *Y・Aの会 読書会(どなたでも)9日7:00〜 「とりあげる本 紙の動物園」        *学ぼう語ろう〜13日10:00〜「母の友10月号を読む・子どもの貧困とは(どなたでも)   *絵本の会 今年のクリスマスの絵本をみよう 17日7:00〜(誰でも)         *グループ放課後 読書会「くまのあたりまえ」(公共図書館司書・その他)15日(水)7:00〜            *ボランティア講座 非公開 20日(月)10:00〜       *憲法カフェ28日(火)「沖縄は今」レポーター沖縄在住石坂さん 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)       *羊毛チクチクの会30日(木)10:30〜クリスマスの飾り(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山