募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

キボウのカケラ

クリック募金

« ベランダにきたつばめ | トップページ | ロウソクいっぽんちょうだいな »

2015年6月13日 (土)

いわな

Photo
「いわな」
ーやまおくに すむ さかな
かがくのとも7月号
横内陽さく
福音館書店 本体389円


久しぶりに聞いた魚の名前です。「いわな」は山奥に住んでいる魚です。氷河期のときは海と川をいったりきたりしていたようですが、今は移動はしません。河川の上流域・源流に留まっている魚です。
 私が子どもだった頃、父は海釣りと渓流釣りに凝っていて、「いわな」は「やまめ」といっしょにある意味ではとても身近な思い出深い魚です。「いわな」=「イワナ」=「岩魚」でした。この本の表紙の絵のように鮭に似た顔をしています。どちらも体に斑点があって「イワナ」の方が少し冷水に住んでいるとのことです。「ヤマメ」はとても警戒心が強くて人の気配は×です。だから釣るのも難しい、影も見せては絶対だめとのことでした。日曜日や休日、父は始発の汽車に乗って釣りに行きます。前の日は二間の部屋いっぱいに釣り道具を広げて竿を点検したりしていました。もちろん一人で山へいく支度です。たった一度連れて行ってもらった山で釣ったばかりの「イワナ」を味噌を塗って串焼きにして食べたのはいまでも匂いまで良く覚えています。糸魚川の奥へ行っていたようで、後で転勤先の六日町でも休みになると出かけていたようですが、車社会になって山の川が荒らされると怒っていました。家ではぶどうの木がありましたが、それは実を食べるのでなく、なかの虫が父の目的でした。枝が膨らんでいると中に虫がいるので、ニコニコしてナイフで割ってころんとした虫をだしていました。
 ところでこの「かがくのとも」もふくめて小学生の読む本のなかで「魚」や「星」の本がとても少ないので、ある編集者に聞いたところ、なかなか書き手がいないことです。もっと出版されると良いのにと思います。

« ベランダにきたつばめ | トップページ | ロウソクいっぽんちょうだいな »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/61734106

この記事へのトラックバック一覧です: いわな:

« ベランダにきたつばめ | トップページ | ロウソクいっぽんちょうだいな »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

8月の営業とお休み

  • 8月のお休み
    ご希望の時は前日までご連絡ください。お休みのときでもご希望の時間に合わせることができます      *8月は不定期です/お休み・13日(日)・14日(月)・ 15(火)19(土)/30(水)31(木)は棚卸し    *5日(土)6日(日)20(日)26(土)27(日)は1:00〜6:00         *28日(月)29日(火)は10:30〜6:00                   *その他は夏時間1:00〜7:00               

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
       8月・9月の予定          *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日9月は未定           *ボランティア講座 定例会9月25日(月)10:00〜             *憲法カフェ臨時8月29日(火)ミニ講演会マイナンバーと個人情報(図書利用カードをめぐって)講師白石孝さん 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会9月20日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会9月14日(木)7:00〜読書会          *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会9月8日(金)7:00〜    *絵本の会9月15日(金)7:00〜おとなの絵本の魅力            *羊毛ちくちくの会8月17日(木)10:30〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

できることから

無料ブログはココログ