« センス・オブ・ワンダー講演会 | トップページ | ウミガメいのちをつなぐ岬 »

2015年6月15日 (月)

ぼくは、チューズデー

Photo
「ぼくは、チューズデー」
〜介助犬チューズデーのいちにち〜
ルイス・カロルス・モンタルバン文
ブレット・ウィッター共著
ダン・ディオン写真
おびかゆうこ 訳
ほるぷ出版 本体1400円


補助犬とまとめて呼ばれているなかは、盲導犬・聴導犬・そしてこの絵本の主人公のような介助犬があります。一番私たちが目にするのは盲導犬です。聴導犬も少し聞かれるようになりましたが、介助犬はほとんど目にすることがありません。わずかな本でお手伝い犬のような知識しかありません。介助というのは目に見える部分だけではなく、精神的な部分の介助をするのだということはあまり知られていません。この絵本の主人公、犬のチューズデーはイラク戦争で傷ついた人の身体的な介助はもちろんのこと、もう一方の精神的な介助をしていることが描かれています。ルイスはアメリカ陸軍で17年間在籍して、数回イラクの戦闘に参加したと書かれています。ルイスはその戦争で心的外傷性ストレス障害と外傷性脳挫傷をおっています。具体的にいうとねむれなくなる、歩くのにいつも痛みを感ずるなど、うつ状態でひきこもるようになっていたのをひきだしてくれたのが犬のチューズデーです。もちろんチューズデーは介助犬としてのきびしい訓練をうけた犬です。ルイスの身の回りのせわをする(ものを持って来たり)ことと、精神的な支えであるパートナーです。その関係は対等といっても良いでしょう。チューズデーは職業としての介助犬なのです。だからルイスもチューズデーをちゃんと守るという生活をしています。その関係が描かれているこの写真絵本のすぐれたところです。この絵本の写真はルイスとチューズデーの一日のなかにきちんと主張をこめられています。人はたった独りでは生きていかれないこと、人と同じように犬にも尊厳があること、そして、戦争は人格までも破壊してしまうかということを考えさせる絵本になっています。

« センス・オブ・ワンダー講演会 | トップページ | ウミガメいのちをつなぐ岬 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« センス・オブ・ワンダー講演会 | トップページ | ウミガメいのちをつなぐ岬 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山