« おじいちゃんが孫に語る戦争 | トップページ | 講演会のご案内ーセンス・オブ・ワンダー »

2015年5月19日 (火)

川のホタル 森のホタル

Photo
「川のホタル 森のホタル」
ーたくさんのふしぎ6月号ー
宮武健仁 文・写真
福音館書店 本体667円


ホタルはすっかり特別なものになりました。と、いうのは私は地方の出身で東京に出て来たのは高校を卒業してからでした。特に10歳から15歳まで住んでいたところは道路を隔ててお堀があり、また、川もありました。夏の夜は庭にホタルがいて、捕まえて家の中で飛ばして遊んだり、弟とカヤの中でホタルを放して眺めたりしました。東京は魅力的ですが、ふつうの風景の中にホタルはみられませんでした。大きな木も、ともすると電車に乗って出かけなければ見られません。
 私が子どもの頃遊んだホタルはゲンジボタルだと思います。川のホタルです。ホタルにゲンジボタルとヘイケボタルがいることは知っていましたが、森にもホタルがいるのは知らなかった、この本はその森のホタルのことも書いてあります。ホタルは大きな川や流れの急な川には住むことができません。光るのは成虫になってはもちろん相手を求めてなのですが、幼虫でも光るのは身を守るからとのことです。成虫の期間はわずか1週間ほど、食べ物もとらないでひたすら相手を求める、なんだか壮烈な人生、いえホタル生ですね。
観光に捕まえて庭に離すことが流行みたいにありますが、良い事とは思えません。それと、川をきれいにしなければなりません。洗剤やゴミを流すのはやめましょう。夫のお墓のある近くに(樹木葬ですが)ホタルが舞う川があります。今月の下旬に見られるそうです。いすみ市観光協会に問い合わせてください。ただし、ゴミをちゃんと始末して下さいと農家の方が言っておられました。毎年楽しみに光りの不思議を見たいものです。

« おじいちゃんが孫に語る戦争 | トップページ | 講演会のご案内ーセンス・オブ・ワンダー »

絵本」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おじいちゃんが孫に語る戦争 | トップページ | 講演会のご案内ーセンス・オブ・ワンダー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山